書評エッセイ

2024/03/05

2024年2月の読書メーター……読書なくして人生ある?

 それなりに幅広いジャンルで読めたかな。昨年末の薪ストーブ導入に伴うドタバタがあって、せっかくの休日も薪(柴)作りに慌ただしく、読書に傾注できなかった。それでも二月の後半からは少しは読めるように。

 但し、老眼の度が進んでいて、悲しい気分に陥ることも。楽しみ(趣味)の少ない自分。先行きが厳しいね。

2月の読書メーター
読んだ本の数:15
読んだページ数:4394
ナイス数:5561

続きを読む "2024年2月の読書メーター……読書なくして人生ある?"

| | コメント (0)

2024/02/01

2024年1月の読書メーター

 『救い』(中嶋浩郎訳 みすず書房)を筆頭に、『マツタケ――不確定な時代を生きる術』や『集英社版 日本の歴史 (1) 日本史誕生』などズシリと来る本を何冊も。冊数とか頁数には物足りない感が否めないが、ま、家事(庭仕事)や会社の仕事も思ったより忙しかった(ので車中での待機中の読書は儘ならなかった)わけだし、「昼行燈」シリーズも続けているし、やるだけのことはやっていると云える? 

1月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:4298
ナイス数:5222

続きを読む "2024年1月の読書メーター"

| | コメント (0)

2023/11/01

2023年10月の読書メーター

 ← 衝動で岩瀬浜へバイクで。海…だから海関連の本を読んだ?
 
 スマホやパソコンの一挙交換で(アカウントやパスワードが不明になって)大混乱。瞬間湯沸かし器の不具合、水道の蛇口修理依頼、仕事は(そこそこ忙しかった)勿論だが、庭や畑仕事で休日は疲労困憊と、結構ハードなひと月だった。そんな中16冊は自分としては立派なようだが、再読が4冊なのは気にかかる。でも、ウエルベックを三冊読んだし、充実してたんじゃないかな。

続きを読む "2023年10月の読書メーター"

| | コメント (0)

2023/10/03

2023年9月の読書メーター

 ← 岩瀬浜。浜辺から立山連峰を望む。

 話題の「ハンチバック」も読めたし、今月もそれなりに多様な本が読めた。再読本が多いのが先月の特徴かな。

 吾輩の2023年9月の読書メーター 読んだ本の数:16冊 読んだページ数:5081ページ ナイス数:4577ナイス ★やいっちさんの2023年9月に読んだ本一覧はこちら→ 「2023年9月読書まとめ - 読書メーター

続きを読む "2023年9月の読書メーター"

| | コメント (0)

2023/09/04

2023年8月の読書メーター

  ← 読書もだけど、猛暑(水不足)で庭の草木が弱ってるのが気にかかってる。

  2023年8月の読書メーター 読んだ本の数:18冊 読んだページ数:4898ページ ナイス数:7920ナイス 

★先月に読んだ本一覧はこちら→ 「やいっちさんの2023年8月読書まとめ - 読書メーター

続きを読む "2023年8月の読書メーター"

| | コメント (0)

2023/07/02

2023年6月の読書メーター

 ← 今日も庭仕事。高枝切鋏などを使っての表の庭木の伐採や剪定に三時間ほど。汗びっしょり。シャワーが嬉しかった。作業後、庭の一角に咲き始めたアガパンサスを撮った。育ったのはほんの数本だけ。ちょっと淋しい。

 プラトンのアトランティス伝説、ナボコフの短編集、中世におけるルクレティウスの再発見、古細菌の話、麻酔医の話……先月も多様な本を読めた。若き日の父の蔵書も数冊。会社の仕事もそれなりにあって、仕事の合間の読書は少なめに。庭仕事(蜂に刺された)も大変だった。大きな木の枝葉をチェーンソーで何本も切り落した。今も庭に山積み。

続きを読む "2023年6月の読書メーター"

| | コメント (0)

2023/06/04

2023年5月の読書メーター

 ← 庭先の生垣に今年もホタルブクロ。

 理系文系を問わず広く読むってのが読書方針。興味深い本を今月も。ただ、安藤昌益の主著「自然真営道」には圧倒された。ほぼ理解不能。が、印象は絶大!  とんでもない思想家が江戸時代の日本に居た!

5月の読書メーター
読んだ本の数:13
読んだページ数:4395
ナイス数:6754

続きを読む "2023年5月の読書メーター"

| | コメント (0)

2023/05/03

2023年4月の読書メーター

 ← 連休2日めの富山市中心街西町。まだ夕方なのに閑散。喧騒を忘れ澄明な空気。夕闇に沈む間際の静謐。 

 全卓樹のサイエンスエッセイ2冊、コードブレーカー上下巻、リョサ(ジョサ)の書評集、チェーホフ……どれも面白かったけど、スナウラ・テーラーの人間と動物とを身体(心身)障害で捉え返そうという試みに衝撃を受けた。自身を動物好きだと自称する者たちに読ませたい。

 月ごとに読む頁数が減っていく。タクシーの仕事がやや忙しくなっていて、読む頁数が減っていることが最大の原因か。

4月の読書メーター
読んだ本の数:14
読んだページ数:4227
ナイス数:7616

続きを読む "2023年4月の読書メーター"

| | コメント (0)

2023/04/03

2023年3月の読書メーター

 ← 桜見物……落花……桜の花弁たち。散ったら踏み付けにされる。早めに風に吹かれて何処かの吹き溜まりに潜むんだよ。 (04/01 20:41)

 お陰様で仕事がやや忙しく読書は低調……でもそれなりに手応えのある本にも出合えた。底難く地道に。

3月の読書メーター
読んだ本の数:13
読んだページ数:4685
ナイス数:7291

続きを読む "2023年3月の読書メーター"

| | コメント (0)

2023/03/03

2023年2月の読書メーター

 ← ジョン・マーティン(英:John Martin, 1789年 - 1854年)作 (「ハーンとドレとマーティンと」(2020/06/21)より)

 気ぜわしい中で過ぎ去った二月。検診結果が思わしくなかったり、内科医院に加え歯科医院通いも再開となったり、例年の確定申告がプレッシャーとして圧し掛かってきたり。
 そんな中、読書の方は読了した冊数は少ないながら、ほとんど追っかけ的に読んでるイアン・スチュアートやユゴーの大作、念願だったレマルクの傑作、松井 孝典の新著、ブコウスキーにシェイクスピア作品などと、それなりに充実していた。中でも、べッセル・ヴァン・デア・コーク著の『身体はトラウマを記録する――脳・心・体のつながりと回復のための手法』は忘れられない読書体験となった。関心ある方には必読の書だろう。

2月の読書メーター
読んだ本の数:13
読んだページ数:5399
ナイス数:5360

続きを読む "2023年2月の読書メーター"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧