写真日記

2021/04/01

2021年3月の読書メーター

Aoki ← 庭先のアオキ? やや地味な小花が咲いている。


 三月は25年来の仕事の勤務体系が大変貌した。伴って生活パターンも変化。体が変化に馴染まず、読書も進んでいるようなそうでないような、もどかしい感が強い。
 この数ヵ月は、古本がメインの読書となっている。読み残した本との遭遇……これも善きかな。読んだ本の著者はというと、マリオ・バルガス=リョサ、フォークナー、ブコウスキー、レイン、シュレーディンガー、ル・クレジオ、中村桂子、ダワーなど。充実してる…。ん? 洋モノが多いかな。先月末には新刊本を物色に大型書店へ。バイクでのミニツーリングを兼ねて。古書店には、さすがに新刊本は見つけ難い。

3月の読書メーター
読んだ本の数:15
読んだページ数:5170
ナイス数:6318

続きを読む " 2021年3月の読書メーター"

| | コメント (0)

2021/01/01

2020年12月の読書メーター

Bikan ← ミカンに雪。美観です。雪の白に 常緑樹の葉っぱに蜜柑の橙。観た瞬間、見とれました。

 明けましておめでとうございます。師走も会社の仕事に庭仕事 さらに除雪も加わった中では 思ったより読めたかな。今月も漱石全集読破の旅を軸にしての読書。まだまだ続く。

 

続きを読む "2020年12月の読書メーター"

| | コメント (0)

2020/12/01

2020年11月の読書メーター

Shuro_20201202212101 相変わらず漱石全集を縦糸にした読書。彼の偉大さを今更ながら痛感してる。ボッカッチョの「デカメロン」読破は満足度大。
 読んだ本の数などは少ないが、主に庭木の枝葉の伐採という庭仕事を休みの日にやりつつだから、頑張っていると自分を褒めてやりたい。

11月の読書メーター
読んだ本の数:12
読んだページ数:4484
ナイス数:7004

 

続きを読む "2020年11月の読書メーター"

| | コメント (0)

2020/11/02

2020年10月の読書メーター

Kuma ← 玄関で見守る鮭を掴む熊と子……の木彫り。

 仕事の他に庭や畑仕事に精出したわりに、よく読めたかな。永らく書庫の奥に鎮座し埃をかぶったままだった角川版漱石全集を基軸に、懸案だったデカメロンも読み始めたし、久々オースターを読んだ。サイエンスものも好著に恵まれた。充実した読書と思える。

10月の読書メーター
読んだ本の数:13
読んだページ数:4838
ナイス数:6203

続きを読む "2020年10月の読書メーター"

| | コメント (0)

2020/08/02

2020年7月の読書メーター

Hukazawa_20200802095901  ← 「星空の不死鳥」深沢幸雄(1924年 - 2017年)作

 ラフカディオ・ハーン著作集や夏目漱石の文学論をベースに、書庫の奥に眠っていた本を引っ張り出してきての読書が先月も、そして多分今月も続きそう。コロナ禍故の読書傾向。数十年前の本もだが、父の蔵書にも徐々に手が伸びていく。眠っていた資源が生きるという意味では悪くはなかったかもしれない。
 それでもやはり、新規に買った本を読みたい。読書メーターには読みたい本が700冊以上になっている。これでも抑え気味なのだが。
 昨日、7月6日の検診の結果票をもらった。過去2回は共に真っ赤な文字があったが、今回はよくはないが、ひどくはない。
 さて、コロナ禍は第2波どころか、第1波はせいぜいウオーミングアップだった、これからが本番の到来の始まりだと言わんばかりである。

 

続きを読む "2020年7月の読書メーター"

| | コメント (0)

2012/01/07

ルネ・マグリット「オランピア」返還!

 夕方、夕食の準備をしながら、横目でテレビを見たら、なんと、若い女性のヌードが映し出された。
 別にAVを見ていたわけじゃない。
 我輩は我が目を疑った。

Scuipture_049

→ 返還されたルネ・マグリットの作品「オランピア」

 チャンネルは、NHKさんだし、番組も夕方七時のニュースである。
 我輩は、テレビでは、ニュース番組が好き。
 とにかく、ニュース番組は見逃さない。
 特に土日の夕方七時は小郷知子さんがメインキャスターだから、尚更、必見(必聴)である。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

続きを読む "ルネ・マグリット「オランピア」返還!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/19

前田普羅のこと(後編)

 上掲のサイトによると、「全国を踏破し、日本の自然の特徴とその美観を説いた志賀重昴(しげたか)の『日本風景論』(明)は、少年時代の普羅に強い印象を残した」ことが、【わずか5分で来富決断】に預かって大きかったという。

Tamaryu_034

 また、「少年の頃(ころ)から普羅は自然科学に強い関心を持っていた」とのことで、「横浜の記者時代、胴乱を下げ毎月の植物野外採集の会に参加しては、牧野富太郎博士等の指導を受けることが楽しみだった」という興味深い記述も見受けられる。

 かなりの読書家らしかったが、「そのうちの多くは科学書・科学雑誌であったようだ」という。

続きを読む "前田普羅のこと(後編)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

前田普羅のこと(前編)

 恥ずかしながら富山出身の身でありながら、前田普羅の存在を知ったのは、つい最近のことである。
 奥野達夫氏から、『青花堂(しょうげどう)』という小冊子(非売品)を贈呈していただいた。その直前に我がサイトが5万ヒットしたばかりだったので、そのお祝いに戴いたような、勝手な受け止め方をつい、したものだった。

Tamaryu_029

 小生が、前田普羅の存在を認識したのは、実にこの冊子を読んでのことだったのである。

 さて、この「青花堂」という名称だが、これは、版画家の棟方志功が恩義を受けた石崎俊彦氏に呈した堂号である。この小冊子には棟方志功が俳句の雑誌『古志』(昭和22年3月1日発行)に寄せた一文「青花堂先生」が冒頭に載せてある。

続きを読む "前田普羅のこと(前編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/27

瓜南直子twitter展覧会

Twitter(ツイッター)」にて見つけた強烈な個性を感じさせる画家・瓜南直子(かなん・なおこ)。
 思わず、我がブログにて掲載したいとお願いしたところ、快諾していただけました。
 瓜南ワールドを堪能してください。

2010_0227071003tonai0010

← 雨上がりの今日のお昼、玄関の戸を開けたら、庭先に白っぽいものが。梅の木が開花! 思わず庭に出て撮影。開花したのも多いけど、芽吹きつつある花の可憐さに見惚れてしまった。今年も梅酒ができるかも。


 付した言葉は、絵を引き立たせる背景、壁紙です。決して瓜南直子の言葉ではありません。
 絵に付いても門外漢の小生が何を語ることもありません。
 ただ、感じるのは、瓜南直子ワールドの大らかさ。異質なもの、異世界のものもそのままに受け入れてしまうような度量の大きさ、です。

 やや不明な言葉については、末尾に註を施しました。
(例によって敬愛の念を籠め、敢えて敬称は略させてもらっています。)

続きを読む "瓜南直子twitter展覧会"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/11/29

木版画家・鈴木敦子展へ

 日曜日だった今日、午後、五月の中旬だったか、咲き終えたチューリップの球根を前の庭に植えた。
 昨年はここだけではなく、他に二箇所にもチューリップ畑を造成したのだが、来年は、今の所、この一箇所だけ。
 ちょっと畑や庭仕事の余裕がありそうにない。
 でも、せめてあるだけの球根は活かしたくて、慌しく植えたのである。

2009_1129071003tonai0018

→ 初めて足を運んだ「Gallery NOW」のエントランス付近の佇まい。

 そのうち、ふと、忙しいと言っているばかりじゃ、悪循環となってしまうだけ。
 思い切って外出しようと、車で今日で終了する展覧会へ出かけた。

 目当ての画家の作品に、実物に出会えるのだ。
 
にほんブログ村 美術ブログ 版画へ
にほんブログ村

続きを読む "木版画家・鈴木敦子展へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)