日記・コラム・つぶやき

2016/05/18

ニコライ・レーリッヒの孤高の境涯

 今日は、休日なので、庭仕事や畑仕事をしたかった。滞ったままで、昨日、少しはやったけど、まだまだやることがたくさんある。
 でも、前夜来の雨。それも、終日。

704323_043

→ ニコライ・レーリッヒ(Nicolas Roerich)作 (画像は、「∞山田みきのおむすびっ記∞ バイクでニコライ・レーリッヒ@Manali3」より)

 仕方なく、今日は、家の中を掃除。久しぶりに掃除機を使って、5つの部屋や寝室、茶の間、廊下や玄関を掃除。
 掃除機を使ったのは久しぶり。大抵は、モップだったり、ダスキンだったり。

続きを読む "ニコライ・レーリッヒの孤高の境涯"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/25

川合玉堂の「二日月」に一目惚れ

 過日、NHK 日曜美術館を見ていたら、思わずほれぼれするような絵に遭遇した。

S0022035_2

→ 川合玉堂「二日月」(明治40年 墨画淡彩・絹本・軸・1幅 86.4×139.0 東京国立近代美術館

 見ようと録画しておいたのは、東京在住時代に好きになった向井潤吉の特集(「民家巡歴 向井潤吉の戦後|NHK 日曜美術館」)を見るためだった。
 作品の保存されている「世田谷美術館分館 向井潤吉アトリエ館」へは、砧の公園で憩いたいというのもあって、幾度となく通ったものである。

続きを読む "川合玉堂の「二日月」に一目惚れ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/03

イラストレーター八木美穂子ミニ特集

 我が家は築60年の家である。父母が亡くなって早3年となるが、家の内外のいろんなものが故障したり壊れたり。
 一昨年はボイラーが破損。まあ、設置されてから30年以上だから、ここまで持ったのが不思議なくらいだが。
 その年、トイレ(小)に流れる水道の機能がおかしくなった。

480085753

↑ 偶然、遭遇した頁なのだが、以下のコメントに惹かれたのだった:「「東京コンシェルジュ」忘年会で八木亜希子さんから戴いた12枚綴りのミニカレンダー(並べてスキャン)。なぜこれを?と思いきや、イラストを描いているのが、姉の八木美穂子さんなのだ」。小生、八木亜希子さんのファンなのである。そうだったのか、である。

 今年に入っても、洗濯機の故障、寝室のエアコン(冷房)が不調、台所の蛇口が緩んでいる、一昨日は、とうとう風呂場の照明が消えた。

続きを読む "イラストレーター八木美穂子ミニ特集"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/01

異形の画家「小林たかゆき」を知る

 ほんの数日前のこと、不意に全く面識のない人物から「友人追加リクエスト」が来た。
 大概は、無視するのだが、念のためとりあえずはサイトを覗いてみた:
[mixi] お絵かきチャンピオンさん
 その人物の名は、小林孝至たかゆき氏(以下、畏敬の念を込め、「小林たかゆき」と呼称し、敬称は略させてもらう)。

2014_1400

← 画像は、作者のホームページ「小林たかゆき お絵かきチャンピオン」より。

 その画像群に驚いた。絵に力がある。訴えたいもの、描きたいという衝動が激流のように溢れ返っている。無定形の情熱が噴出する形も時も度外視して、奔騰している。
 絵を描く上での修練はもう、十年以上も継続してきているようだから、若き日の衝動や瞬発力だけではなく、持続力もあるようだ。

続きを読む "異形の画家「小林たかゆき」を知る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/22

「甲斐庄楠音」に再会す

 栗田勇著の『花を旅する』(岩波新書)を寝入る前、パラパラと捲っている。
 するとその「七月 百合」の章で「甲斐庄 楠音(かいのしょう ただおと)」なる名を久しぶりに目にした。
「大正七年頃、「日本創画会」でデビューした、得意な女人を描いた」画家である。

 彼の描く女人の画は、一度目にしたら印象深く刻印されてしまう。
 但し、個性(アク?)が強く、好印象が残るとは限らない。

04359601

← 岩井志麻子著『ぼっけえ、きょうてえ』(角川ホラー文庫)  表紙の絵は、作品名「横櫛」。

 小生が甲斐庄 楠音(かいのしょう ただおと、明治27年(1894年)12月23日 - 昭和53年(1978年)6月16日)の存在を、というか絵を初めて目にしたのは、岩井志麻子著の小説『ぼっけえ、きょうてえ』(角川ホラー文庫)で、発表当時、評価も高く評判を呼んだもので、当時既に我輩の生活が困窮に瀕していたにも関わらず、敢えて単行本を買って読んだものだった。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

続きを読む "「甲斐庄楠音」に再会す"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/07

ルネ・マグリット「オランピア」返還!

 夕方、夕食の準備をしながら、横目でテレビを見たら、なんと、若い女性のヌードが映し出された。
 別にAVを見ていたわけじゃない。
 我輩は我が目を疑った。

Scuipture_049

→ 返還されたルネ・マグリットの作品「オランピア」

 チャンネルは、NHKさんだし、番組も夕方七時のニュースである。
 我輩は、テレビでは、ニュース番組が好き。
 とにかく、ニュース番組は見逃さない。
 特に土日の夕方七時は小郷知子さんがメインキャスターだから、尚更、必見(必聴)である。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

続きを読む "ルネ・マグリット「オランピア」返還!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/04

三つ子の魂を保つ画家

 幼児や低学年の小学生の絵を見ていて思うのは、その<天才性>である。技術や経験が未熟なのは仕方がないとして、その描かれる作品の中に、時折、びっくりするような作品に出会うことがある。クレーやミロを思わせるような、突拍子もない、だけれど未熟で感性の皮膚が薄く柔らかいが故の、現実の世界を生のままに感じ描いたとしか思えない作品を目にすることがあるのだ。

4dpict6

← 「幻想オペラ劇「航海者」の戦いの場面」 (1923 39x29cm パリ、ハインツ・ベルグリューエン蔵 ) (画像は、「ヴァーチャル絵画館」より)

 以前、もう、7年ほど前のことになるが、それまで区役所として使われてきた建物が老朽化したこともあり、区役所が新しい場所に移転することになった。
 当然、古い建物は解体され、今の図書館をふくむ情報センターが出来たのだが、その工事の間、工事現場の周りがフェンスで囲まれていた。

続きを読む "三つ子の魂を保つ画家"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/01

「日本画壇の風雲児 中村正義 新たなる全貌」展!

Main

→ 「日本画壇の風雲児 中村正義 新たなる全貌」(2011年11月1日(火)~2011年12月25日(日)) おお、今、開催中なのだ。この絵だけを見ると、何処となく「いわさきちひろ」風に見えたりするが、いろいろ作品を拝見すると、かなり違った世界を切り拓いた画家のようだ。 (画像は、「日本画壇の風雲児 中村正義 新たなる全貌|名古屋市美術館」より)

 ひどく気になる画家を見つけた。
 例によって、「中村正義 (日本画家) - Wikipedia」を覗いてみても、年賦(1924年 - 1977年4月16日)などが書いてあるだけ。
 ただ、テレビでも特集が組まれてきたし、展覧会も何度となく、催されてきたことは分かる。

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

続きを読む "「日本画壇の風雲児 中村正義 新たなる全貌」展!"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/11/19

前田普羅のこと(後編)

 上掲のサイトによると、「全国を踏破し、日本の自然の特徴とその美観を説いた志賀重昴(しげたか)の『日本風景論』(明)は、少年時代の普羅に強い印象を残した」ことが、【わずか5分で来富決断】に預かって大きかったという。

Tamaryu_034

 また、「少年の頃(ころ)から普羅は自然科学に強い関心を持っていた」とのことで、「横浜の記者時代、胴乱を下げ毎月の植物野外採集の会に参加しては、牧野富太郎博士等の指導を受けることが楽しみだった」という興味深い記述も見受けられる。

 かなりの読書家らしかったが、「そのうちの多くは科学書・科学雑誌であったようだ」という。

続きを読む "前田普羅のこと(後編)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

前田普羅のこと(前編)

 恥ずかしながら富山出身の身でありながら、前田普羅の存在を知ったのは、つい最近のことである。
 奥野達夫氏から、『青花堂(しょうげどう)』という小冊子(非売品)を贈呈していただいた。その直前に我がサイトが5万ヒットしたばかりだったので、そのお祝いに戴いたような、勝手な受け止め方をつい、したものだった。

Tamaryu_029

 小生が、前田普羅の存在を認識したのは、実にこの冊子を読んでのことだったのである。

 さて、この「青花堂」という名称だが、これは、版画家の棟方志功が恩義を受けた石崎俊彦氏に呈した堂号である。この小冊子には棟方志功が俳句の雑誌『古志』(昭和22年3月1日発行)に寄せた一文「青花堂先生」が冒頭に載せてある。

続きを読む "前田普羅のこと(前編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧