« 『ブラックホール戦争』は決着したのか | トップページ | 2010年リベルダージ New Year Party のお知らせ! »

2009/11/29

木版画家・鈴木敦子展へ

 日曜日だった今日、午後、五月の中旬だったか、咲き終えたチューリップの球根を前の庭に植えた。
 昨年はここだけではなく、他に二箇所にもチューリップ畑を造成したのだが、来年は、今の所、この一箇所だけ。
 ちょっと畑や庭仕事の余裕がありそうにない。
 でも、せめてあるだけの球根は活かしたくて、慌しく植えたのである。

2009_1129071003tonai0018

→ 初めて足を運んだ「Gallery NOW」のエントランス付近の佇まい。

 そのうち、ふと、忙しいと言っているばかりじゃ、悪循環となってしまうだけ。
 思い切って外出しようと、車で今日で終了する展覧会へ出かけた。

 目当ての画家の作品に、実物に出会えるのだ。
 
にほんブログ村 美術ブログ 版画へ
にほんブログ村

 初めて行くギャラリー。ネットで場所を確認。今にも崩れそうな空模様の中、一路、富山市の外れのほうにあるギャラリーへ。
 なかなか瀟洒な佇まいの、いかにもオーナーの心配りの優しさの漂うギャラリーだった。

2009_1129071003tonai0020

 肝心の画家の展示即売会については、後日、機会をも設けて書いてみたい。
 今日は、同じギャラリーでたまたま開催されていた版画の展覧会のことを。

 お目当ての画家の作品を見て回って、十数万円という値段を見て、これくらいならポケットマネーで一点くらいは買える…と言いたいものだとつくづく思った。
 十数点ある作品のうち、数点にはもう買い手が付いている。

2009_1129071003tonai0021


 その場で購入を決めることの出来た人が羨ましい、などと思いつつ、後ろ髪を引かれる思いのまま、すぐに帰る気にもなれず、同じギャラリーの中の違う部屋でやっていた版画展会場へ。

 十畳ほどの広さの会場の壁一面に、清楚で透明感漂う作品が展示されている。
 見た瞬間、小生の好きな清宮質文を連想させた。

2009_1129071003tonai0023

 帰宅して調べてみたら、版画家の鈴木敦子という方は、清宮質文に憧れていたという。
 なるほど、である。
 脳裏の中の深い湖の透明な水を透かせてこそ垣間見られるような、静謐さと質のいい叙情性。
 夢の中でしか会えない、すぐそこにあるのに、決して手の届かない世界。
 思いがけない時に、不意打ちのように沸き出でる思い出…というより熱情の横溢にも似た泉。

2009_1129071003tonai0024

→ 以上、小生の手になる撮影。実物の作品の世界は推して(…想像で補って)知るべし。


 鈴木敦子という作家を小生は今日、(多分)初めて知った。
Gallery NOW|EXHIBITION」によると、鈴木敦子(1968-)は、「名古屋芸術大学美術学部絵画科卒」で、2005年 詩画集『午後の光』刊行(詩:垣内磯子/画:鈴木敦子があり、作風から見ても分かるように、「清宮質文展を観て感動を受ける」とか。

Suzuki_0802sanpo

← 『散歩の途中』(木版画 22.5×22.5cm E.D.23 2008年) この作品も展示されていた。これが僅か数万円で買える…のに、手が出なかった。

 小生の手になる(内緒の)撮影では画風が今ひとつ、分かりづらいだろうから、一つだけ、上掲の作品を今日、足を運んだ「Gallery NOW」の版画展頁から紹介させてもらう。
 見られて分かるように、清宮に憧れつつも、鈴木敦子ワールドには、清宮のような孤独の淵に沈みきらない、二人の世界への健康な憧憬の念と表現欲求も垣間見られる。
 鈴木敦子ワールドには人間の輪への共感の念という、清宮とは違った意味での暖かみがあると感じられた。

 こんな素敵な版画家に出会えるなんて、やはり、無理しても外に出るものである。
(尚、文中、本稿は日記という性格もあるが、例によって敬愛の念を籠めて敬称は略させてもらった。)


鈴木敦子ワールドにもっと触れたい方は:
SHINOBAZU GALLERY …EDITION鈴木敦子
鈴木敦子(「ようこそTOSHIOのホームページへ」より)

                           (09/11/29 作)

|

« 『ブラックホール戦争』は決着したのか | トップページ | 2010年リベルダージ New Year Party のお知らせ! »

写真日記」カテゴリの記事

富山情報」カテゴリの記事

富山散歩」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

美術エッセイ・レポート」カテゴリの記事

美術・日本編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/46891576

この記事へのトラックバック一覧です: 木版画家・鈴木敦子展へ:

« 『ブラックホール戦争』は決着したのか | トップページ | 2010年リベルダージ New Year Party のお知らせ! »