« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/26

黒星瑩一著『宇宙論がわかる』

 小生にとっての最初の宇宙論熱は、中学生の頃だった。尤も、その前に手作りの天体望遠鏡のキットを買ってもらったことがあって、それは子供向けだったのか、小生にも容易く完成させることができた。
 できあがった天体望遠鏡の倍率はどの程度だったろうか。数倍か十数倍か。それでも、その玩具の、しかし、何か威力を発揮することに期待に胸を膨らませ、自分だけではなく、家族の者達も一緒に、暮れなずむ頃、家の庭に出て空を仰いだ。
 空には満月がポッカリ浮かんでいたことだけは覚えている。
 もしかしたら、そろそろ月に宇宙船が向っている頃だった…。いや、そうではなく、悲劇のヒーローJ・F・ケネディ大統領(当時)が有人の宇宙飛行船を月に着陸させるという計画を発表した頃だったように思う。
 今からは想像が出来ないほどに、故・ケネディ大統領は我々子供にとってのみならず、多くの日本人には何か眩しいような輝きのある偉大な人に映っていた。
 さて、その天体望遠鏡を覗いてみたら…。凄かった。僅かな倍率に過ぎなかったのに、月の表面のアバタなどがくっきり見えた。夜空の月が、デッカク見える。その喜びようは、家族にも伝わったようだった。
 さて、現実にアポロ計画が進み、実際に月に人類が、つまり、ニール・アームストロング船長らが降り立った69年頃には、その偉業よりも、天文学などに興味が移っていた。
アポロ計画

 天文学というのは大袈裟で、宇宙の神秘とか、海底の不思議といった類いの本を読み漁るようになっていたのである。タイムライフ社の「惑星の話」「太陽と宇宙の話」偕成社の「宇宙のふしぎ」(日下文男)あかね書房の「原子力の世界」「宇宙は生きている1」「わたしたちの宇宙2」教養文庫の「恐竜の時代」「おもしろい物理学」(ペレリマン)光文社の「物理学入門」(猪木正文)といった本などがある。
 この天文学ブームは、その後も熱の高い低いはあっても、ずっと続いていった。が、中学の頃のような熱中ぶりは、なくなったように思う。
 それは、高校生になり、自分に数学や物理学の能力が欠けていることを嫌でも感じるようになり、あくまで教養や啓蒙の次元で、自分が決して携われない世界に、己の知識欲への昂ぶりを鎮めるが如く、多くの文学書や哲学書などを読む息抜きとして読むに止まるようになったのである。

続きを読む "黒星瑩一著『宇宙論がわかる』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/19

小島英煕著『ルーヴル・美と権力の物語』

 小島英煕(こじま ひでのり)著『ルーヴル・美と権力の物語』(丸善ライブラリー)を読了。
 極めて個人的な感想を綴ることになりそうなので、最初に本書の謳い文句を掲げておく:
 

 フィリップ・オーギュストからミッテラン大統領まで、数多くの権力者の八百年にわたるドラマの舞台であったルーヴル。そこには、王はもとより芸術家たちの野心とロマン、愛と憎しみ、生と死の複雑に絡み合う人間悲喜劇が繰り広げられてきた。また文化国家の模範といわれるフランスの背骨を形成したのもルーヴルであった。本書は、ルーヴルを狂言回しにして、フランスの権力と文化のあり方を追求したものである。こうした背景を知れば、美術品に対する見方も一変するに違いない。

 ついでなので、目次を転記しておく:

 1 ナチスの手逃れた名画四千点 / 2 大統領の野望 / 3 王たちの情熱 / 4 ルネサンスの時代 / 5 グラン・ダックス序曲 / 6 アンリ四世の大計画 / 7 絶対君主のルーヴル / 8 太陽王の時代 / 9 野蛮から洗練へ / 10 大革命とルーヴル / 11 世界の美術館の誕生

 第一章に、「ナチスの手逃れた名画四千点」とあるように、第二次大戦中にナチスの手から守るために、ルーヴル美術館の名画を移動させたといういきさつが載っている。
 が、美の集積が狙われたのは、何もナチスに始まったわけではない。このルーヴル美術館に己の権力の痕跡を残そうとした人間は、最近では、故ミッテラン大統領の例がある。
 下記サイトにもあるように、「今日のルーヴルのシンボルがガラスのピラミッドです。故ミッテラン大統領が提唱した「ルーヴル大改造計画」によって生まれたもので、美術館のエントランスになってい」るのである:
(http://www.hankyu-travel.com/honmono/louvre_museum/ ←既に削除されているようだ。 06/02/19アップ時注記 )
 是非とも、ルーヴル美術館とガラスのピラミッドとの対比を見てもらいたい。

 さて、本書の刊行年は、平成六年である。十年も前の本を、何故、今更。実は本書は戴いた本なのである。そうでないと、小生は入手できなかったかもしれない(現在では出版社でも品切れとなっている)。

続きを読む "小島英煕著『ルーヴル・美と権力の物語』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/13

マイケル・ポーラン著『欲望の植物誌』

 既に数ヶ月前になるが、マイケル・ポーラン著『欲望の植物誌―人をあやつる4つの植物』(西田佐知子訳、八坂書房刊)を読了していた。
 あれこれ手を出していて、つい、感想文を書くのを怠る結果となった。
 最初に恥を告白しておくと、小生、書店の棚に並ぶ本書の背表紙に見える著者名を見て、かの経済人類学のカール・ポランニー(Karl Polanyi、 1886-1964)かと思った。
 実は、名前がうろ覚えで、名前が、マイケル・ポランニー(Michael Polanyi, 1891-1976)だったのかと思い直したりした(マイケル・ポランニーはカールの弟)。
 が、手にとって見ると、どうみても、経済人類学とは無縁ではないが、かなり遠い。暫くしてやっと、マイケル・ポーランは、ポランニーとは全くの別人だと思い至った次第。冷や汗を流してしまった。
 素養のないのは、どうしようもないものだ。

 これまた、続けての余談となって、拙いかもしれないが、書店で本書を取ったのは、タイトルに惹かれたからだったが、手に持って著者(小生には全く未知の方)の名前と同時に、翻訳書なので訳者名を見る。
 すると、西田佐知子(以下、敬称は略させていただく場合がある)とあるではないか!
 西田佐知子
 略歴などを見ると、「1965年生まれ。1998年、京都大学人間環境学博士課程修了。現在、名古屋大学博物館助手。専攻は植物分類学」とある。
 とても、小生の大好きな歌手、引退を惜しんだ歌手、関口宏氏を結婚相手に選んだことの口惜しさを噛み締めさせた、あの西田佐知子さんとは思えない。
歌手の西田佐知子については、既に雑文をモノしている。)

続きを読む "マイケル・ポーラン著『欲望の植物誌』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »