« 曽野綾子著『傷ついた葦』 | トップページ | マイケル・ポーラン著『欲望の植物誌』 »

2006/01/31

菅原教夫著『現代アートとは何か』

 菅原教夫著『現代アートとは何か』(丸善ライブラリー)を読んだ。
 この手の本としては、服部正著の『アウトサイダー・アート』(光文社新書刊)を読んで以来だろうか。
(「アウトサイダー・アートのその先に(付:続編)」参照のこと。)

 但し、『アウトサイダー・アート』のほうは、比較的新しい本だが、『現代…』のほうは、95年の刊行である(執筆は93年か)。たまたま貰ったので読めたのだ。ネット検索しても在庫切れになっているから、入手は難しいのかもしれない。
 以下、本書からは離れて行く懸念があるので、最初に、本書の謳い文句を掲げておきたい:

「現代アートとはどういうものか。本書はこの問題にさまざまな角度からアプローチを試みる。最近の有力な制作のスタイルとなっているインスタレーションの分析、戦後を代表するアメリカの批評家グリーンバーグの評論を軸に据えた絵画論、海外における最新の研究成果をもとに描き出したアートと現代思想とのスリリングな関係。ジャーナリストとしての取材体験を文献資料で裏付けた内容は、クリアな語り口のうちに、現代美術に対する一段と深い理解をもたらす。」

 95年というと、小生が現在の職に就いた年度である。小生が、美術館巡りに週末は明け暮れたのは94年までなので、ある意味、本書は、小生が展覧会へ頻りに足を運んでいた頃の美術状況を反映しているのかもしれない。ポストモダンとか、懐かしい術語も散見される。今から10年前の当時の日本では比較的目新しかったインスタレーションアートへの言及も欠けていない。
 ロマン主義から神秘主義的なもの、表現主義、抽象表現主義、生の芸術(アール・ブリュット)と鑑賞して楽しめる絵画芸術の巾を広めてきた小生だが、彫刻や、ましてインスタレーション(大掛かりな舞台や装置を使っての芸術表現)には、なかなか馴染めなかった。
 たまに真新しい建物の広場などに、これ見よがしというのか、奇妙な構築物が広場の脈絡に関係なく、散見されることがある。最新の芸術にも理解がありますよ、というアピールのためなのか、それとも、建築家の好みなのか、いずれにしても、小生、眺めて感服した作品は、今まで一つもない。

 悲しいかな彫刻については、今もって、ほとんど親しみを感じられない。それはロダンや佐藤忠良も含めての彫刻もそうだが、仏像などを見ても同様である。

 二次元空間に投影されて初めて(ひらったく言えば、写真)、仏像も時に素晴らしいと感じることがある程度なのだ。三次元、あるいはそれ以上の複数次元の現実をも、本当は、二次元世界に押し潰して、あるいは投影して、それとも抽象して、やっと感じることが可能となるような感性の持ち主なのだろうか。
 現実の世界を生きた多次元時空としては感じられず、実は、平板な地平に還元して、やっと感じたり鑑賞したり客観視できる、そんな歪(いびつ)な感性の持ち主だということなのだろうか。
 が、そんなことはないと断言できる。花鳥風月をぼんやりとではあるが愛でる心はありそうである。そこにいる人も、まして素敵な女性などが、そこにヌードで現れたら、否、そうした場面を想像しただけで興奮したり想像力を膨らませたり出来るのだし。
 とすると、プラスチックアート(彫刻などの可塑芸術)全般への感受性が未熟ということなのかもしれない。僅かに、マグダレナ・アバカノヴィッチの諸作品をいつだったか鑑賞した時、ある種の生々しさを覚えたくらいである。
 しかし、小生が見た彼女の作品は、立体作品だったが、彫刻ではない。彫塑された作品ではなかった。
 むしろ、人形か何かの上に屑切れのような生地というか織物が着せられている。小生が、その作品群を見たとき、その立体的な形も含めて作品だと誤解していたのだと、今更ながらに思う。
 マグダレナ・アバカノヴィッチについては、下記のサイトに簡単な紹介がされている:
who's who マグダレーナ・アバカノヴィッチ Magdalena ABAKANOWICZ

 短かすぎるので引用するのも気が引けるが、確認しておきたいので、当該部分を転記すると、「伝統的なタペストリーにとらわれない独創的な作品で頭角を表わした。植物の生成への関心から、70年代以降は、紐や縄、布などさまざまな植物繊維を用い、人体をモチーフに手や頭などの断片化された身体や背中に特徴のある一連の立像や座像を制作している」とある。
 日本では、1991年に回顧展(亡くなってはいないはず)が開催されたようだから、小生は、その年に見たのだろう。
 生地の素材は麻だったろうか、それとも、木の皮を木槌などで叩いてボロボロにし、そうして出来た木の繊維を編み縒り、織ったような、ザラザラした、風雨に晒され剥げたような感触が印象的だった。
 今思えば、まさに、その感触こそが彼女の狙い目だったのだ。
 90年前後には、クリストのインスタレーション作品が日本でも<展示>されたものだった。巨大な傘を数多く並べてみたり、これまた長大な幕を建物や土地全体を覆うようにして配置してみせた:
▼現代美術の流れ:1960~70年代-1

 ミニマルアートとか、アースワークス(クリスト)がようやく日本でも大掛かりな形で披露されるような状況だったのだ。
 但し、小生は勿論だが、当時の観客のうち、どれほどの人が理解できたかは疑問に思う。
 むしろ、バブル経済の絶頂期や、その余韻に浸っている時期で、訳も分からないモノだろうが何だろうが、潤沢な資金と有り余る余暇をどうかして蕩尽しようと懸命だった当時の日本が偲ばれたりするのである。
 小生も、李禹煥の諸作品などを分からないままに鑑賞していた。そして、抽象表現主義や生の芸術の多くが自分の感受性の範囲に取り込めたように、いつかはこうした目新しい感性と理念のアートも消化できると思っていたのだ…った。
 儚く終わったけれど。
 その一方、その頃、もっと身近な作家を、ということで、清宮質文や松本竣介、鴨居玲、長谷川潔、田中恭吉らを<発見>していた
 今、小生は、先立つものがないという事情もあるが、ネットの世界での絵画などの渉猟に勤しんでいる。機会に恵まれたら、実物を見るに勝ることはないことは、言うまでもないこととして、ネット世界での数知れない描き手・表現者たちの発掘も結構、楽しいのである。
 身の丈に合った描き手も膨大な数に上る。その中には有名になってもいいんじゃないかと思える個性の持ち主もいる。ネットの世界には(世界にも)無尽蔵の宝物が埋まっているのだ。

 ところで、ピカソを挙げるまでもなく、絵画芸術の世界も可能性の限りを尽くしたのではないかという声が聞こえたりする。では、音楽の世界は? 文学などの世界は? 物理学の世界は? 
 恐らくは、全く見当違いなのではなかろうか。写真技術が生まれ発達したことで絵画は、その当時、根底から自明だった確信と地盤が揺り動かされ、存亡の危機にさえ見舞われた。そもそも、何のために絵画が存在しているのかさえ、疑われた:
3 courbet's resistance やさしい現代美術 アメリカ現代芸術を考える Part.2

 その時の危機感に比べたら、デジタル技術の登場は、絵画芸術にとっては未曾有の危機とは言えないのかもしれない。
 物理学も、ブライアン・グリーン著の『エレガントな宇宙』(林 一・林 大訳、草思社刊)やリー・スモーリン著の『宇宙は自ら進化した』(野本陽代訳、NHK出版刊)などを読んで痛感したのだが、アインシュタインの相対性理論が、ほんの名残を留めるに過ぎないほどの理論がこれからも生まれうる余地があるらしい

 文学も美術の世界も、音楽も、限界がないと断言などできないが、限界がある、既に迎えたのだという発想には、はっきりノンと言えるような気がする。
 但し、では、どんな世界がありえるのか、どんな形で示されるのか、それは、無能な小生には分かるはずもない。予感さえできない。そこにそれが現れて初めて、こんな世界がありえたんだと思うばかりなのだろう。
 もしかしたら、自分の感性と理解力が窮屈に過ぎて、眼前にあっても認められない可能性のほうが大きいかもしれない。
 後者のほうがありえる事態に思えるのが寂しい。

(原題:菅原教夫著『現代アートとは何か』の周辺
04/09/03付けメルマガにて公表済み)

|

« 曽野綾子著『傷ついた葦』 | トップページ | マイケル・ポーラン著『欲望の植物誌』 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菅原教夫著『現代アートとは何か』:

« 曽野綾子著『傷ついた葦』 | トップページ | マイケル・ポーラン著『欲望の植物誌』 »