2022/11/06

2022年10月の読書メーター

 ← 富山城の夜景。撮影は5日の午後九時過ぎ。仕事の車中から。

 今日六日は日曜。で、偶々吾輩の休日でもある。富山県のマラソン大会がある。晴天でよかった。もう少し若かったら出場したかった。

 吾輩はと云うと、午後の三時ごろ、ようやく起き上がる元気が出た。昨夜はそろそろ帰庫かという頃に高岡への仕事。だから疲れが出たのだろう。

 買い物へ行ってから庭仕事するかと考えたが、時間が遅い。秋の暮れるのは早い。三時過ぎから畑の剪定や車道の生垣の剪定などに汗を流した。五時を回ると真っ暗。そんな中、せっせと。寒い一日だったが、汗だく。

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/10/27

バンクシーをも呑み込む現実?

 ← 晴れの休日。バイクを駆って、富山県高岡市にある高岡市美術館での「バンクシーって誰?展」へ。愛の風船との絆? 愛が遠ざかっていく? ハートが近付いて来る? (10/27 19:13)

 バイクを大型から小型に乗り換えて二週間。この間、買い物に何度となく使ってきた。今日は往復40キロ余りのミニツーリングを兼ねて、高岡市にある高岡市美術館での「バンクシーって誰?展」へ。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/10/04

2022年9月の読書メーター

 ←  今秋もこんな光景が我が庭で観られるかな。庭の一角を掘ったら、小判がザックザク! 

 今月もそれなりに読んだが、再読や借読が半数以上。物価高で書店へは足が遠退いている。つい先日、三か月ぶりに。読書傾向の転機になるかも。

9月の読書メーター
読んだ本の数:15
読んだページ数:4368
ナイス数:5983

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/09/01

2022年8月の読書メーター

Watoji ← 画像は、父の作った和綴じ本3冊。中には、篆刻に晩年の情熱を傾けた父の篆刻印影集。本の大きさは73 × 53ミリ。画像下の赤い棒は文鎮……? 長さ8センチ。 (09/01 12:15)

 猛暑と雨続きの夏。モームの大作「人間のしがらみ」、アイヌ本、進化論本、西行歌集、初浅田次郎、初今村 夏子本、原始仏典(バラモン経典)と今月も多様な本を楽しめた。

8月の読書メーター
読んだ本の数:15
読んだページ数:5290
ナイス数:6259

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/08/03

2022年7月の読書メーター

Yinslo ← 椿の蕾? 実? 実だそうです。 (08/03 17:29)

  少ないながら多様な本を読めた。小説が少ないのが気になるかな。先月は、13回忌法要もあって個人的には大変だった。長く飾ってあった立派な雛壇も箱に収めた。一区切りついた気がする。

7月の読書メーター 
読んだ本の数:15
読んだページ数:4832
ナイス数:5715

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/07/03

2022年6月の読書メーター

 ← 内庭のカエデを内側から。涼しげ? 暑い……庭の植物や動物のためにも雨が欲しい。三日(日)の夕方近く、ザッと通り雨。夕立か。

 ギックリ腰の再発に翻弄されつつも、庭仕事や法要の準備に大童だった。それでも多彩な本を読めて幸いだったかな。

-6月の読書メーター
読んだ本の数:14
読んだページ数:4810
ナイス数:7310

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/06/03

2022年5月の読書メーター

Nezumi  ← ネズミモチ。生垣などに繁茂している。

 仕事が忙しくなって、読書量 激減。それでも、樋口一葉作品再読、難波田史男の日記、江戸漢詩、人体実験本、越中文学本と、多様な本は読めたかな。思えば江戸漢詩選に時間を大きく割いていることも、読書量に関係しているか。江戸の世界に遊ぶつもりで楽しみたい。

5月の読書メーター
読んだ本の数:15
読んだページ数:4292
ナイス数:6766

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/05/03

2022年4月の読書メーター

  ← ユリ? 水仙?

  義江明子の「女帝の古代史」は、古代における皇位継承の「双系」的歴史を学べた。マッカラーズの「心は孤独な狩人」は長く読み継がれるべき素晴らしい小説だった。廣瀬敬「地球の中身」は、冥王星よりも遥かに探査の叶わぬ地球のコアがあらゆる手立てを駆使して探究されていると教えられた。地球は生きた存在。篠田謙一「人類の起源」にて最新のゲノム解析などにより、表題通り人類の起源への展望を学んだ。青柳いづみこの音楽エッセイは、並の文芸評論家が真っ青の読み物だった。

 板垣千佳子「ラドゥ・ルプーは語らない」は、ラドゥ・ルプーがいかに名うての演奏家らに畏敬の念で見られていたかを数多くの音楽関係者へのインタビューで。読了間もなくラドゥ・ルプーの訃報を聞くとは! ハスケル「木々は歌う」は、自然界の複雑で創造的なる生命のネットワークを熱くメッセージ。我が家の庭の植物や動物を観る目が変わった?!

 他にも、遠藤周作「海と毒薬」など印象的な本があった。ただ、お陰さまで仕事が忙しくなり、思ったほどは読めなくなった。ま、そんな状況を鑑みると、善戦かな。これからドンドン読書量が減っていく?

 

4月の読書メーター
読んだ本の数:15
読んだページ数:4547
ナイス数:8400

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/04/04

2022年3月の読書メーター

Me ← キウイフルーツの芽吹き。これもつい先日まで枯れ木のようだった。木々は凄い。楓も芽吹いていたよ。

 3月も万葉集関連を中心に、ロヴェッリや土の人類史、あるいは久しぶりのシェイクスピアなどそれなりに読めた。 どれが面白いって、それなりに選んで読んでいるので、どれも面白い。
 ただ、仕事がやや忙しくなり、仕事の合間に読む本は減ったし、春になって雑草も目立ってきて、庭仕事も増える。読書の量は、一か月ごとに減っている。ちょっと淋しい。

3月の読書メーター
読んだ本の数:15
読んだページ数:4654
ナイス数:8551

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/03/01

2022年2月の読書メーター

Ume ← 裏庭の梅…蕾が今にも開花しそう。

 2月のメインは、ブライアン・グリーンの「時間の終わりまで 物質、生命、心と進化する宇宙」と折口信夫による「口訳万葉集(上)」、それと長年の懸案だった青木 冨貴子による「731―石井四郎と細菌戦部隊の闇を暴く」か。ポピュラーサイエンス本や風俗などインタビュー本も欠かせない。紗倉まな、桜木紫乃、草凪 優、花房 観音、スティーヴン・ミルハウザーら、初読の作家も何人か。 一月、三週間に渡って会社を休むことになったギックリ腰もなんとか回復してそれなりの日常を送れていることに感謝。

2月の読書メーター
読んだ本の数:15
読んだページ数:5017
ナイス数:7870

» 続きを読む

| | コメント (0)

«2022年1月の読書メーター