夢談義・夢の話など

2018/10/19

亀と熊 同性愛の危機

800pxjohn_henry_fuseli__the_nightma

← フュースリー『夢魔 The Nightmare 』(1781年) (画像は、「ヨハン・ハインリヒ・フュースリー - Wikipedia」より)

 昨夜というか、今朝未明、奇妙な夢を何度も観た。
 というより、夢で目覚めたというべきか。大概は、起きた瞬間、忘れるし、そもそも見たこと自体、記憶に掠りもしない。
 それにしても、細切れな睡眠は何とかならないものか。
 以下、比較的覚えている夢を二つ、大急ぎでメモっておく:

続きを読む "亀と熊 同性愛の危機"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/10

猫…生まれいずる夢

387pxaubrey_beardsley__edgar_poe_2

→ A・ビアズリー によるポーの『黒猫』への挿絵、1894年-1895年 (画像は、「 黒猫 (小説) - Wikipedia 」より)

 吾輩は猫である。名前はまだない。そもそもまだ生まれていない。これは困った。この世に居ないのでは話にならない。そこで吾が輩がこの世に生まれるべく雄猫と雌猫を出逢わせることにした。そう、まだ我が親たる雄と雌とは出会してもいないのだ。話以前のお粗末ぶりで、面目ないことこの上ない。だが、それは不都合ばかりとも言い切れない。なぜなら、これから最上の親を、極上の雄猫と雌猫とを探し出せばいいのだから。さすれば、至上の吾が輩が日の目を見ることになるではないか!

続きを読む "猫…生まれいずる夢"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/12

首を振って悪夢を振り切る

 奇妙な夢で、たった今(正午の10分過ぎ)、目覚めた:
 富山なのか東京(新宿)なのか。ある場所で老婦人に声を掛けられる。私はタクシードライバー?  何処かへ連れていってと。ご婦人の言うままに着いていくと、未開発、手付かずの、広い、見知らぬ場所へ。
 そこでようやく、婦人は行く先を告げる。済生会病院。正午までに。まだ時間はあるけど、ギリギリ。最初に言ってくれれば楽勝で間に合っていたのに。文句を言っても仕方がない。おおよその方角は分かるが、茫漠とした土地には道がない。彼女を連れ、道を探す。

 私には(なぜか車じゃなく)自転車がある。確かナビが付いている。
 おおよその方角は分からないことはないが、勘でこっちだという方向へ導く道はない。まずは今いるこの場所から脱出しないと。

続きを読む "首を振って悪夢を振り切る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/04

エロチックな夢には恵まれない

Incubus

← インキュバスに襲われる女性 (画像は、「夢魔 - Wikipedia」より) インクブス(英語読みでインキュバス)は睡眠中の女性を襲い精液を注ぎ込み、悪魔の子を妊娠させる夢魔のこと。こんなエロチックな夢には恵まれない。

 いつものことながら、よく夢を見る。十歳の頃からの業病で、細切れ寝で浅い眠り。ほとんど睡眠(時間帯に身に溜まる)の疲労を日中、ぼんやり過ごすことで、眠気を誤魔化し、疲労を癒す。
 なので、夢はほとんど寝起きの度に見ている(らしい)。ただ、大半は目覚めた瞬間に瞬時に崩壊(溶解)するようにして忘れるし、覚えていてもバラバラの断片だったりする。

 今朝も、何度も夢を見たが、そのうちの二つを、手元にあったスマホを使って、不完全ながらメモしてみた:

続きを読む "エロチックな夢には恵まれない"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/01

ついにその日が来てしまった

 銭湯よりも広々した浴場。昼間なのか、目映い照明のせいなのか、やたらと明るい。何人かの入浴客と、大きな浴槽に浸かり、のびのび寛いでいる。突然、浴室のドアが開き、二人の人物が周章てたように入ってきて、真っ直ぐ私の方にやって来る。医師(検査員)と看護婦。白衣の人物の手には、何処かたった今まで凍結されていたような、平らな四角いビニールパックが。

続きを読む "ついにその日が来てしまった"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/04

ヒーロー願望の夢

 今朝(3月3日の未明)、見ていた夢:
 何処かの広くきれいな会議室。照明が煌々と。真ん中に十数人が座れるテーブルがセットしてある。何かのプロジェクトが立ち上がる。集まりが悪いようで、リーダーが渋い顔で、十人ほどの仲間の前で「これからだんだんと集まるだろう」などと呟いている。

続きを読む "ヒーロー願望の夢"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/21

立ち往生

1476268557

→ ルネ・マグリット「ピレネーの城」 (画像は、「【作品解説】ルネ・マグリット「ピレネーの城」 - 山田視覚芸術研究室 - 近代美術と現代美術の大事典」より) 夢の浮遊感を一番近似させる絵だと感じる。

 また妙な夢。私は東京でタクシーを運転している。乗ってきた客がT町の某所を指示した。ベテランの私は、T町はともかく、某所は分からない。だが、東京のタクシーはスピード(判断)が命。某所は分からずとも、とにかくT町へ車を向ける。ほとんど反射神経で車を目指す方向へ向けることができるのだ。詳しい場所は、信号待ちの際などに調べればいいのだ。

続きを読む "立ち往生"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/05

電車がレールに乗らない

変な夢二つ」より

 昨夜観た奇妙な夢。何処かの町(たぶん、見知らぬ街じゃない)で電車に乗っている。
 いや、乗っているんじゃない、自分が運転しているのだ。ただ、レールの上じゃなく、車道の上。右後方に路線を走る電車が見える。
 まずい、このままじゃ、その電車にぶつかってしまう。私は、車道から徐々に路線のほうへと走る電車を<運転>しながら、右後方の電車を気にしていた。早く、こちらも路線に乗り、そっちの電車より先駆けて走らないと、本当に衝突してしまう。
 だが、私は運転できない。運転席にいるだけなのだ。席には何かのっぺらぼうの台があるだけ。私は気を揉むだけ。

続きを読む "電車がレールに乗らない"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/14

木偶の棒……

[以下は、14日未明に見ていた夢の話]:

0612_2

 たぶん、姉たちと家に一緒にいる。が、なんと自分の胸、お腹の上にでっかい腫瘍ができている。山盛りになって白い体の上に。私は慌てて白いシャツの下に隠す。見られたくない。口の中には、石膏のような塊がへばりついている。吐き出さないといけない。急いで流しへ。

 流しで姉たちに隠れて、口の中に指を突っ込んで、白っぽい塊りを抉りだそうとする。味気ない、幽かに苦みの混じる気持ち悪い塊りは、固い石膏のようで、指先で削るように少しずつ吐き出していくのだが、姉らの目線が気になり、慌てて水道の水で洗い流そうとする。

続きを読む "木偶の棒……"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/12

私は、書けない……のか

[以下は、夢の記録。正確には到底思い出せないが、せめてメモだけでも]:
 
 十日の夜半過ぎ、というか今朝未明、奇妙な夢で目覚めた。東京時代までの友人が出てきた。彼はそれまでの路線を変えて有名な作家になっていた。私にはまるで未知の作家名だったので、最初にその名を聞いたとき、誰のことか分からず戸惑った。

続きを読む "私は、書けない……のか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)