夢談義・夢の話など

2024/02/20

昼行燈72「四次元の世界旅へ」

Reiiji  「四次元の世界旅へ

 やたらと曲がりくねった路地だった。おや? 天井らしき蓋が覆っている…。
 路地に迷い込んだんじゃなく、何処かの廃墟…ビルの中なのか。階段は上にも下にも続いている。踊り場らしき狭い床に居るようだ。
 時計とは逆方向に螺旋を描く階段。昇るたびに踊り場には半端に締まった扉が目につく。扉を潜って闇の向こう側へ忍び込むべきか。

続きを読む "昼行燈72「四次元の世界旅へ」"

| | コメント (0)

2024/02/19

昼行燈71「戻る場所はいつも…」

Kisibe_20240220063401 戻る場所はいつも…

…どこを彷徨っていたのか、気が付けば茫漠たる広がりの真っただ中に居た。風…雨…自然の欠片も感じられない。空虚過ぎて光だけが遥かな時空の地平の一点から伸び広がり、私を圧倒していた。眩さが私を焼き焦がしそうで、何もない空間にたった独り放り出された私を孤独に慰撫される暇さえ与えてくれない。

続きを読む "昼行燈71「戻る場所はいつも…」"

| | コメント (0)

2024/02/16

昼行燈70「ハンカチが七枚」

Mezara   「ハンカチが七枚

 どこぞの宿に紛れ込んでいた。それともアパートか。俺の新居なのか。やけに閑散としてる。部屋がいくつもあるのに、荷物が何もないからか。荷物どころか家具がまるでない。
 そりゃそうだ。引っ越してきたばかりなんだもの。
 何故かトイレにいる。尿意だ。切迫してる。戸を何枚も開けて、ようやくそれらしい部屋に。壁も床も真っ白で清潔感が漲ってる。広い。六畳は優にある。落ち着かないぞ。

 

続きを読む "昼行燈70「ハンカチが七枚」"

| | コメント (0)

2024/02/07

昼行燈66「鬼哭啾愀」

Kikotu  「鬼哭啾愀

 暗幕の陰で骸骨が躍っている。
 裸だからか、滑稽で惨めな姿。淋し過ぎる。隠しようがない。せめて浴衣でも羽織って、風流を気取ればいいのに、輝く骨身を自慢したいのか、コツコツ音を鳴らせながら、誰も見ていないことをいいことに、踊り狂っている。
 狂っているだけなのかもしれない。それとも快哉を叫んでるのか。

続きを読む "昼行燈66「鬼哭啾愀」"

| | コメント (0)

2024/01/30

途方に暮れる夢続き

Platform  昨夜も庭仕事で疲れて寝落ち。幾度か目覚めたが、気が付いたら朝の八時近く。だが吾輩の生活リズムは普通とは違う。普通の生活パターンだと真夜中過ぎに相当するだろう。リクライニングの椅子なのだが、本を片手にリクライニングを倒すこともせずに寝入ってしまった。腰が痛い。これじゃギックリ腰から回復するなんて有り得ない! 
 夢は数々観たが、大半は忘れたし、忘れたい内容だったことだけは確か。下記する夢1は、初めてのパターンだ。夢2は繰り返し見る。細部はその都度違うが、要は行くべき会場へ行きそびれ、違う会場で途方に暮れている。で、気が付くと渋谷駅っぽいターミナル駅で、自分が乗るべき路線が分からず右往左往しているのだ。

続きを読む "途方に暮れる夢続き"

| | コメント (0)

2024/01/23

昼行燈63「線虫」

Senchu_20240123032301  「線 虫」

 夢の中だったろうか、奴がベッドでセンチュウ、センチュウって吐いてる。
 センチュウ? 戦争中ってこと? 

 だけど奴はどう見たって戦中派って歳じゃない。ガキじゃないけどそれなりに大人のはずだ。
 熱に浮かれたようにセンチュウを繰り返して止まない。魘されてる。

続きを読む "昼行燈63「線虫」"

| | コメント (0)

2024/01/15

昼行燈61「蒟蒻問答」

Konnyaku  蒟蒻問答


 蓑虫の真似して秋霜烈日を気取るとは。えっ? 隙間風が酷いんだって? 知ったことか!
 あれは誰に罵倒されたっけか。

 作り損ねた蒟蒻を手にしている感覚があった。蒟蒻は植物としてのコンニャクから毒抜き処理された食品。そう、お前は腑抜け、抜け殻に過ぎない。だから蓑を被って縮こまって風雪を避けてるんだよ、そんな噂を耳にしたことも。

続きを読む "昼行燈61「蒟蒻問答」"

| | コメント (0)

2023/12/27

昼行燈51「蛸と海女」

Ama  「蛸と海女

 12歳の夏の夜明けのことだった。夢見心地だった。それとも夢そのものだったのか。そこではタガが外れていて、自由奔放に振舞えた。俺は宇宙に偏在していた。我が腕は銀河の渦巻きの腕だった。目覚めた瞬間、遠い昔、自分が蛸だったことを不意に思い出した。
 いや蛸に成り損なった悔しい思い出が蘇った。

続きを読む "昼行燈51「蛸と海女」"

| | コメント (0)

昼行燈50「刀葉林の夢」

Toyorin刀葉林の夢

 

  ガキの頃とて、誰かに見せられた絵図の印象は鮮明であり、強烈だったようである。どんな昔話や童話よりも。曼荼羅画の説明などは右の耳から左へ抜け去ってしまっていたはずだが。
 小学校に上がる前の一時期、夜毎、地獄の世界を彷徨っていた。曼荼羅画に垣間見た世界は自分がまさに今、日々体験している世界そのものじゃないか…。

続きを読む "昼行燈50「刀葉林の夢」"

| | コメント (0)

2023/11/28

昼行燈42「無間 」

Gaito無間

 夢の中にいるはずだった。なぜなら宇宙空間をゆらゆら漂っているのだから。ん? ゆらゆら? そんな呑気で居ていいのか?

 何処までも落ちていく…それとも際限もない上昇なのか。右も左も、上も下もない。グルグル回っている。メニエル病の日々の再現。あれ以上の猛烈な遠心力が脳味噌の神経細胞の一つ一つを引き裂いている。グリア細胞までが星屑にならんとしている。凍てつくという表現が可笑しいほどに懐かしい。

続きを読む "昼行燈42「無間 」"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧