旧稿を温めます

2017/10/13

百鬼夜行:クラクションが発端でした事件

 東京在住時代のことだから、もう十年前のこと。

 場所は早朝の環七。
 私は帰庫(営業を終え、会社に戻ること)しようと片側二車線の外側(歩道側)を会社に向かって走っていた。

 あと数分で会社という時、私の運転する車の前に暴走族風のガキがバイクで車線を跨るように蛇行運転していて、仕方なく自分もその後を付いて走ることに。
 後続の車が渋滞。

 そこへ、追い越し車線(真ん中の分離帯に近いほうの車線)を走ってきた茶色のジャガーに乗った奴が、クラクションを鳴らし、渋滞していた真ん中側の車線の車をどかせ、さらにそのバイク野郎をも蹴散らして、走り去った。

続きを読む "百鬼夜行:クラクションが発端でした事件"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/01/07

作家名を語呂合わせする

 詩人・アルチュール・ランボーは、アル中で乱暴だった。

 作家・モーパッサンは、売れっ子で儲けたので、儲かった。

 作家・カフカは、存命中は鳴かず飛ばずだったので、可不可。

 島尾敏雄は、有名な割りには売れない作家だったので、暇を取りよ。

 トーマス・マンは、晩生(おくて)で、若い頃は、頓馬な男と呼ばれていた。

 物理学者、大統領、歴史家を輩出したドイツの名門・ワイゼッカーは、実は、卑猥な血筋を持った一家で、猥褻家と呼ばれていた。


続きを読む "作家名を語呂合わせする"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/05

酉年の年初から酔ってます

 菱喰(ヒシクイ)! うん? オレは酔ってるのか。千鳥(チドリ)足か。足元が夜鷹(ヨタカ)ってるか? 赤腹のトナカイさんか? 鷹い酒だったなー。何が、大瑠璃(オオルリ 大麦)焼酎だ。山椒喰(サンショウクイ 最上級)の酒って、どこが三光鳥(サンコウチョウ)の酒だってんだ。安酒が。ペンギン(ペギー)葉山の歌なんて歌って、あれを水鶏(クイナ)これを水鶏(クイナ)って雀(スズメ 薦め)られて、尾長(お腹)が矮鶏(チャボ)矮鶏(チャボ)だ。白鳥(ハクション)!

続きを読む "酉年の年初から酔ってます"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/01

名句に駄洒落で絡んでみました!

 むかーし、戯れで作った駄洒落俳句です。さて、元句は? 作者は?

  古い毛や 生唾飲み込む 池のホト

  震え毛や なまず飛び込む 池のほと

  若草や たわむれむれに ゆめのあと

  寝乱れの 遣り残してや 一つどう?

  今朝の由紀 根深々となん 仕置きかな

  静香さん いやに染み入る 笑みの声

  あら由美や 床によこたふ 尼の川

  秋深き 隣は何でも する人ぞ

  いろ道や ゆくことなしに 秋の暮

  蛸壺や はかなき夢も 運の尽き

  むざんやな あぎとの中は ぎりぎりで

  先方や 耳にせいしが 飛ぶのかな

  蛤の ふたみにわける 筒先ぞ

続きを読む "名句に駄洒落で絡んでみました!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/01/12

私は歩く人

 この世界は広いって、つくづく感じることがある。
 別に地球儀を見て、改めて気付いたってわけじゃない。

Weeping_man_by_glenox66d4jf9mt

← Glenn Brady作「weeping man」 (画像は、「glenox66 (glenn brady) - DeviantArt」より) 

 ただ、自分がこの世界の中にポツンと放り出されている。自分があまりにちっぽけ で、世界どころか、自分の周囲さえ、ろくに見通すことができないことを、何故か不 意に実感してしまったのだ。
 きっと自分の心があまりに窮屈で、それに臆病なものだから、井戸の中にいて、四 角く限られた天を眺めやることに慣れ過ぎたんだろう。

続きを読む "私は歩く人"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/30

赤い風船

  夢であって欲しいと思った。
 何処まで走っても似たような部屋があるばかりだった。
 仰々しいような扉をやっとの思いで開けてみても、そこにあるのは能面のよう な部屋。
 幾つ扉やドアを開け、どれほどピカピカに磨きたてられた廊下を走ったことだ ろう。ようやく、今までとは毛色の違う空間に飛び込んだ。
 しかし、人っ子一人いるわけもなく、古びて饐え切った板壁のだだっ広い空間 があるだけだった。

続きを読む "赤い風船"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/24

ハイスイコウ

(前略)起きたのは悪戯電話でだった。

 タクシーでの徹夜仕事で朝方に帰宅し、寝入ったのが9時頃、電話があったのは11時半頃だったろうか。熟睡しているところを叩き起こされた不快感もあり、電話を取る気が起きないので、ベルの鳴るがままにしておいた。
 留守電の設定がされているので、必要ならそこに吹き込んでくれるだろうし。
 その電話(録音テープ)に、女が低い声で、「ハイスイコウ、ハイスイコウ、台所のハイスイコウ」と繰り返す。そしてやがて静かに受話器を置く音が録音された。

続きを読む "ハイスイコウ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/18

真冬の満月と霄壤の差と

 昨夜の月はほぼ天頂にあった。そして小生はまさに天底にある。首が痛くなるほどに見上げないと月を真正面に眺めることができない。それほどに高く月は照っていたのだ。天頂にあってこの自分を見上げさせている月は、小生に影さえも与えてくれない。

 真冬の夜の満月は何か恐ろしいものを感じる。まして昨日は、日中、冷たい風が吹いていたし、冬ということもあって湿度も極端に低い。冴え冴えとした月を実感する条件が揃っていたのだ。
 満月が煌煌と照っていたにもかかわらず、星々も東京の空とは思えないほどに煌いていた。
 霄壤(しょうじょう)の差という言葉がある。広辞苑によると、「天と地ほどの大きなへだたり。雲泥の差」と説明されている。

にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

続きを読む "真冬の満月と霄壤の差と"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/24

クラゲなす漂へる…

 小生はクラゲが好きである。海にプカプカ浮いたり沈んだりする、あれである。
 ところで、なぜ急にクラゲ談義かというと、土曜日の朝日新聞の夕刊に写真家の米谷昌子女史による「クラゲにくらくら」というエッセイが載っていて、興味を惹かれ、ついでに自分が何故クラゲが好きなのか、追求してみようと思い立ったのである。

Aequorea_coerulescens1

→ 「オワンクラゲ」 (画像は、「クラゲ - Wikipedia」より)

 でも、追求という言葉はきつ過ぎる。ちょっと、くらくらふらふら思いを巡らしてみようというだけのことだ。
 クラゲというと、多くの方は夏の終わり頃の海で海水浴客などを刺す、あの小生意気なクラゲを思い浮かべるだろう。
 小生も、ずっと、そうだった。

続きを読む "クラゲなす漂へる…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/04

あの月影は夢か幻か

 猛烈な寒波が襲来中である。明日にはなんとか峠を越しそうだが、明朝乃至は明日の夜までは地域によってはまだ相当程度、新規の積雪がありそうだという。
 今朝未明、雪の中で新聞配達の仕事をした。
 昨年来、降り頻る雪の中での作業を繰り返してきたので、ある程度は馴れたつもりでいた。

09_123122

 前夜のうちには庭などの雪掻きをしておいてあるので、夜半過ぎ、家(の庭)を車で出る際は、車の屋根やウインドーなどに新たに積もった雪を専用のデッキブラシで払い落とす、あるいは水で凍りつき始めている雪を溶かす、などの作業をする程度で済む。
 実際、師走の半ばからの降雪の際は、それで十分だった。
 しかし、今朝未明の作業は、これまでの経験を吹き飛ばす、自分にとっては痛烈な体験となった。
 
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 瞑想へ
にほんブログ村

続きを読む "あの月影は夢か幻か"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧