駄文・駄洒落・雑記

2017/03/03

日常の中の出来事

 これは夢の中の出来事…… あるスーパーで買い物していたら、女子中学生(か女子高生)とすれ違った。すれ違いざま、彼女は、自分の鼻を弄るような仕草を一瞬した。目は背けたままに。当てつけ。オレの醜い鼻への当てつけ。なんだって、無視して通り過ぎてくれないんだ?なんだって、あてこするような真似をするんだ?

 オレは、一瞬、屈辱と惨めさに頭の中が真っ暗になる。目の中がジンと熱くなる。鼻の傷口が抉られたような鮮烈な痛みがあった。
 周りに誰もいなければ、泣き崩れてしまいたかった。

続きを読む "日常の中の出来事"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/14

木偶の棒……

[以下は、14日未明に見ていた夢の話]:

0612_2

 たぶん、姉たちと家に一緒にいる。が、なんと自分の胸、お腹の上にでっかい腫瘍ができている。山盛りになって白い体の上に。私は慌てて白いシャツの下に隠す。見られたくない。口の中には、石膏のような塊がへばりついている。吐き出さないといけない。急いで流しへ。

 流しで姉たちに隠れて、口の中に指を突っ込んで、白っぽい塊りを抉りだそうとする。味気ない、幽かに苦みの混じる気持ち悪い塊りは、固い石膏のようで、指先で削るように少しずつ吐き出していくのだが、姉らの目線が気になり、慌てて水道の水で洗い流そうとする。

続きを読む "木偶の棒……"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/11

わら、わら、わらーに落ちそう ♪

片腹痛い。柔らかい藁。妾(わらわ)は満足じゃ。妾(わらわ)がわらわらと笑ってる。お前は相変わらずじゃのー。お前の顔は、夕陽の鬼瓦じゃ。触らないで!小笠原の藁。鰆(さわら)が好き。俵。付和雷同。おわら風の盆。求愛したけど、断られた。話が終わらない。

男は顔ね。女だってカオス!
お前、顔洗って出直せや。どこの石鹸で? 花王っすよ。
あ、痒い! 女のお前を差すなんて、このカ、オス!

続きを読む "わら、わら、わらーに落ちそう ♪"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/07

作家名を語呂合わせする

 詩人・アルチュール・ランボーは、アル中で乱暴だった。

 作家・モーパッサンは、売れっ子で儲けたので、儲かった。

 作家・カフカは、存命中は鳴かず飛ばずだったので、可不可。

 島尾敏雄は、有名な割りには売れない作家だったので、暇を取りよ。

 トーマス・マンは、晩生(おくて)で、若い頃は、頓馬な男と呼ばれていた。

 物理学者、大統領、歴史家を輩出したドイツの名門・ワイゼッカーは、実は、卑猥な血筋を持った一家で、猥褻家と呼ばれていた。


続きを読む "作家名を語呂合わせする"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/06

減らない米

 なんだか後味の悪い夢:(何かの場面からの続き)5キロ入りの精米済のコメ袋を持とうとした、袋の破れに気づいた…が、遅かった。既に零れ始めている。
 何とか袋を机の上に載せた。白い米が床にも机にも零れている。勿体ない。私は夢中で床のコメを手で掬い拾って、袋に詰めようとした。 

続きを読む "減らない米"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/05

酉年の年初から酔ってます

 菱喰(ヒシクイ)! うん? オレは酔ってるのか。千鳥(チドリ)足か。足元が夜鷹(ヨタカ)ってるか? 赤腹のトナカイさんか? 鷹い酒だったなー。何が、大瑠璃(オオルリ 大麦)焼酎だ。山椒喰(サンショウクイ 最上級)の酒って、どこが三光鳥(サンコウチョウ)の酒だってんだ。安酒が。ペンギン(ペギー)葉山の歌なんて歌って、あれを水鶏(クイナ)これを水鶏(クイナ)って雀(スズメ 薦め)られて、尾長(お腹)が矮鶏(チャボ)矮鶏(チャボ)だ。白鳥(ハクション)!

続きを読む "酉年の年初から酔ってます"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/03

腰掛椅子で宙を駆ける

 よく見る夢のパターンの一つ。まるでつかみどころのない夢。車椅子か座椅子に深く腰掛けている。そのうち、動きだす。というか、何時の間にか外にいるのだが、座椅子ごと、地上数十センチのところを路面に沿って走っていく。

続きを読む "腰掛椅子で宙を駆ける"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首都高速に迷い込む

[これはなぜかよく見る夢のヴァリエーション。舞台は首都高速のインターチェンジ]

 私は、パワーのない車、電動の車椅子のような小さな車に乗っている。あるいは中古のバイクかもしれない。
 目の前にコンクリートの斜面が迫ってきた。その斜面を登るしかない。

 私の車のパワーでは登るのはギリギリか、もしかしたら、登りかけても、途中からズルズル滑り落ちてしまうかもしれない。
 内心、無理に決まってると思っている。後ろには、友人の車が。彼も私のあとを追うはずだ。だから、私の様子を見守っているのだ。
 けれど、えいやっと登ってみると、辛うじてだけど、斜面を登り切ることができた。冷や汗タラタラであったけれど。

続きを読む "首都高速に迷い込む"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/01

名句に駄洒落で絡んでみました!

 むかーし、戯れで作った駄洒落俳句です。さて、元句は? 作者は?

  古い毛や 生唾飲み込む 池のホト

  震え毛や なまず飛び込む 池のほと

  若草や たわむれむれに ゆめのあと

  寝乱れの 遣り残してや 一つどう?

  今朝の由紀 根深々となん 仕置きかな

  静香さん いやに染み入る 笑みの声

  あら由美や 床によこたふ 尼の川

  秋深き 隣は何でも する人ぞ

  いろ道や ゆくことなしに 秋の暮

  蛸壺や はかなき夢も 運の尽き

  むざんやな あぎとの中は ぎりぎりで

  先方や 耳にせいしが 飛ぶのかな

  蛤の ふたみにわける 筒先ぞ

続きを読む "名句に駄洒落で絡んでみました!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/30

ボクのブルー

 青色が好きなのは、空の青、海の青が好きだから…なんかじゃない。
 ブルーが好きなのだ。

Ckj2u3juyaerlzi_2

← そらい@抽象画 作品名不詳。油彩かな。「sorai(そらい)」へ!

 ブルーの心が眸の中に漂っている。
 それとも、ホントはグレイの脳味噌のはずが、悲鳴を上げてヒートアップして、青く発熱しているのかもしれない。
 何も分からないのだよ。世界が揺蕩っている。どよーん、どよーんって、揺さぶられる潮のざわめきが煩いほど聞こえてくる。
 膿が浸潤して、骨も血管も腱も筋も、そして肺腑だって崩れ始めている。

続きを読む "ボクのブルー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧