駄文・駄洒落・雑記

2024/02/20

昼行燈72「四次元の世界旅へ」

Reiiji  「四次元の世界旅へ

 やたらと曲がりくねった路地だった。おや? 天井らしき蓋が覆っている…。
 路地に迷い込んだんじゃなく、何処かの廃墟…ビルの中なのか。階段は上にも下にも続いている。踊り場らしき狭い床に居るようだ。
 時計とは逆方向に螺旋を描く階段。昇るたびに踊り場には半端に締まった扉が目につく。扉を潜って闇の向こう側へ忍び込むべきか。

続きを読む "昼行燈72「四次元の世界旅へ」"

| | コメント (0)

2024/02/16

昼行燈70「ハンカチが七枚」

Mezara   「ハンカチが七枚

 どこぞの宿に紛れ込んでいた。それともアパートか。俺の新居なのか。やけに閑散としてる。部屋がいくつもあるのに、荷物が何もないからか。荷物どころか家具がまるでない。
 そりゃそうだ。引っ越してきたばかりなんだもの。
 何故かトイレにいる。尿意だ。切迫してる。戸を何枚も開けて、ようやくそれらしい部屋に。壁も床も真っ白で清潔感が漲ってる。広い。六畳は優にある。落ち着かないぞ。

 

続きを読む "昼行燈70「ハンカチが七枚」"

| | コメント (0)

2024/02/12

昼行燈69「俺は終わっちゃいないんだ!」

Tuta_20240212034001 「俺は終わっちゃいないんだ!

 都会の喧騒の中をまるで自分一人であるかのように歩き過ぎる。誰とも擦れ違わない。目線も合わない。目は泳いでいる。何処を観ているのか自分でも分からない。
 怯えている? 何に? 逃げている? 何から? 何処へ?
 買ったばかりのスニーカー。疲れ知らずが謳い文句だったのに、履いた途端に浮遊感を覚えた。というか何だか路面に吸い込まれるような、融け去っていくような不安感だ。
 この得体の知れないお仕着せの違和感は何なのだ?

続きを読む "昼行燈69「俺は終わっちゃいないんだ!」"

| | コメント (0)

2024/02/11

昼行燈67「真冬の月と物質的恍惚と」

Ga 「真冬の月と物質的恍惚と

 真冬の月というのは、何か凄まじいものを感じさせる。空気が澄んでいるせいか、地上の全てが輪郭も鮮やかに浮き彫りにされてしまう。
 未明の頃に、人気もない公園の脇に車を止めて、月の影を求める。月の大きさなど、いつもそれほど変わらないはずなのに、目に痛いほどに輝いていて、大きさの感覚を微妙に狂わせてしまう。

続きを読む "昼行燈67「真冬の月と物質的恍惚と」"

| | コメント (0)

2024/02/07

昼行燈66「鬼哭啾愀」

Kikotu  「鬼哭啾愀

 暗幕の陰で骸骨が躍っている。
 裸だからか、滑稽で惨めな姿。淋し過ぎる。隠しようがない。せめて浴衣でも羽織って、風流を気取ればいいのに、輝く骨身を自慢したいのか、コツコツ音を鳴らせながら、誰も見ていないことをいいことに、踊り狂っている。
 狂っているだけなのかもしれない。それとも快哉を叫んでるのか。

続きを読む "昼行燈66「鬼哭啾愀」"

| | コメント (0)

2024/01/30

途方に暮れる夢続き

Platform  昨夜も庭仕事で疲れて寝落ち。幾度か目覚めたが、気が付いたら朝の八時近く。だが吾輩の生活リズムは普通とは違う。普通の生活パターンだと真夜中過ぎに相当するだろう。リクライニングの椅子なのだが、本を片手にリクライニングを倒すこともせずに寝入ってしまった。腰が痛い。これじゃギックリ腰から回復するなんて有り得ない! 
 夢は数々観たが、大半は忘れたし、忘れたい内容だったことだけは確か。下記する夢1は、初めてのパターンだ。夢2は繰り返し見る。細部はその都度違うが、要は行くべき会場へ行きそびれ、違う会場で途方に暮れている。で、気が付くと渋谷駅っぽいターミナル駅で、自分が乗るべき路線が分からず右往左往しているのだ。

続きを読む "途方に暮れる夢続き"

| | コメント (0)

2024/01/29

昼行燈65「結ぼれ」

Adolf_wlfli   「結ぼれ

 遠い昔のこと、R.D.レインだったかの『結ぼれ』を読んだ。
 あれを読んだと云えるか怪しいが。『引き裂かれた自己』にまともにハートがショックくらって、その勢いで彼の本を読み漁った。読んで理解は全く及ばなかった。だけど、嵌った。ドツボに嵌ってしまった。『引き裂かれた自己』にだって、これは間違いなく俺のことを描いてるに違いないと、密かに疑ったっけ。そんな初心だった自分が懐かしい。

続きを読む "昼行燈65「結ぼれ」"

| | コメント (0)

2024/01/15

昼行燈61「蒟蒻問答」

Konnyaku  蒟蒻問答


 蓑虫の真似して秋霜烈日を気取るとは。えっ? 隙間風が酷いんだって? 知ったことか!
 あれは誰に罵倒されたっけか。

 作り損ねた蒟蒻を手にしている感覚があった。蒟蒻は植物としてのコンニャクから毒抜き処理された食品。そう、お前は腑抜け、抜け殻に過ぎない。だから蓑を被って縮こまって風雪を避けてるんだよ、そんな噂を耳にしたことも。

続きを読む "昼行燈61「蒟蒻問答」"

| | コメント (0)

昼行燈60「酔 漢 賦(河川名篇)」

Jindu 「酔 漢 賦(河川名篇)」

 お前の女房は神通が始まってえじゃないか。え、あの太った雄物の女房がよ。
 ああ、俺の女房は四万十(肥満と)よ。体型が関取だよ。ジンヅウで暇とよ、淀卵光の食いすぎよ。でも、この話はお仕舞いとよ。
 なに恥ずかしがって黒部な顔を阿寒湖にしてるんだ。
 俺の女房を馬鹿にすると高津くぞ。

続きを読む "昼行燈60「酔 漢 賦(河川名篇)」"

| | コメント (0)

2024/01/05

昼行燈57「ドキュメント 脱糞だ!」

Bebchi   ドキュメント 脱糞だ!
(旧タイトル:痔物語、あるいは、我が生涯最悪の日)

 あれからもう何年経ったことだろう。十五年は過ぎたかもしれない。
 あの日、小生はいつも通り会社へ行った。朝は特段、異変を感じてはいなかった。
 普段どおりの生活が始まっただけだった。

続きを読む "昼行燈57「ドキュメント 脱糞だ!」"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧