ナンセンス

2021/01/03

麻酔は未だ効いてない

 今朝(二日の朝)の夢も不快なものだった: 私は手術室にいる。随分と閑散としている。手術室は広くはないが、中に何も器材らしきものがないので、ガランとした 皮肉屋なら殺伐としたと表現しそうだ。
 しかもやけに明るい。照明のせいというより、ばかでかい曇ガラス窓からの外光のせいかもしれない。左側の片隅にはいかにもやる気のなさそうな看護婦が壁際に立ち私に背を向けている。医師が右側に立っている。やたらと若い。

続きを読む "麻酔は未だ効いてない"

| | コメント (0)

2020/11/18

首都高速に迷い込む…夢

 まさに丑三つ時に目覚めた。どうやら尿意のせいらしい。が、夢で起きたとも言える。稀に観るパターン。だが、もう何年にも渡って継続している。……場所は決まって(恐らく)首都高速道路の中。複雑に交差する路線。私達は気が付くと首都高速に迷い混んでいる。
 観ると沢山の人々も列を成して緩やかな登り勾配の道路の片隅を歩いていく。どうやら私は歩いたことがあるようだ。というのは、途中、別れ道に差し掛かり、多くが右手の道を行くのを、天の邪鬼かのように左手の道を選び、連れを従え進んだのだ。

続きを読む "首都高速に迷い込む…夢"

| | コメント (0)

2020/10/15

赤い闇

 手探りして歩いている。何処を歩いているのかさっぱり分からない。何故に歩くのか。それは走るのが怖いからだ。早くこの場を抜け出したいのだが、漆黒の闇が辺りを覆っている。ぬめるような感覚がある。巨大なナメクジに呑みこまれているようだ。
 息はできている。空気はあるのだろう。吸う。溜める。吐く。意識して呼吸する。体の中に何かを取り込んでいる。肺胞がギリギリの活動をしてくれている。

続きを読む "赤い闇"

| | コメント (0)

2020/08/09

真夏の夜の夢風なモノローグ

 螽斯と蟋蟀が静寂の中で真夏の夜の豪奢を貪っている。草を食むのか蜘蛛の巣を喰い破っているのか。鬱勃の闇の大地に蜜蜂の骸そして蝉の脱け殻。蚯蚓までが喘ぎのたうっている。

続きを読む "真夏の夜の夢風なモノローグ"

| | コメント (0)

2020/06/03

熊に襲われそうに

Yaneura_20200603212601 視野の隅に何か動く気配を感じた。見るとそれは熊、紛いもなく熊の鼻先だった。私は屋根裏部屋の窓際のベッドに寝ていた(そのベッドは、高校へ入学したころに、大工さんに作ってもらった特製の立派な木製のもの。父母が亡くなった2010年の秋だったかに、壊して、窓から眼下の庭に落として捨てた。屋根裏部屋はちょうど、茶の間の上にあり、ベッドに限らず上階の重みが気になっていたのだ。少しでも軽くしようと悪あがきしたわけである。)

続きを読む "熊に襲われそうに"

| | コメント (0)

2020/05/11

マスクをするということ

 マスクをするということ。恐らく我輩には大方の方とは違う意味を持つだろう。生まれもっての障害と度重なる手術でやや歪な鼻や口。マスクで覆ってしまえばどんなに楽になることか。歪な部分を隠してしまいたい。そう願わずにいられようか……願わなかった日があっただろうか。  マスクをして口許を隠す。まともであるかのような幻想が現出する。他人の好奇の目、哀れむ目を気にせずに町中を闊歩できる。何処かの初めての店や場所を死を覚悟するほどの蛮勇を鼓舞してやっと訪れる……なんてことがなくなるのだろうから。

続きを読む "マスクをするということ"

| | コメント (0)

2020/05/10

夢は嘘をつかない

 何十年にも渡る不毛な闘い。水面下の足掻き。目覚めた瞬間からの覚醒を求めてのスローな、ギザギザの連続モーション。今朝も眠りのない夜が明けた。夜とは眠りを焦がれるシジフォスの咆哮。吠える声が爛れきった悲鳴だとは誰一人気付きはしない。おのれでさえ分かって来なかったのだもの、誰に分かるはずがあろう。愚か者よ それはお前のことだ。何年も何十年もこんなにあからさまな侮蔑を見過ごせたなんて、愚かどころか、無様だ、滑稽だ、哭きたいほどバカバカしい茶番劇だ。

続きを読む "夢は嘘をつかない"

| | コメント (0)

2020/05/09

赤い闇

 いつしか迷い込んでしまっていた。そうとしか言えない。分からないままにここにいる。ここが何処かも言えない。
 分かったようにここって言ってるじゃないかって。そもそもそう言っているお前は何なんだ?
 結構、はっきり分からないって断言してる。分からないと言い切るにはそれなりの何か確かなものがあるからだろう?
 まさか、我思う、ゆえに我ありじゃないけど、分からないなりに我はここにいるって、主張し始めるんじゃなかろうな?
 

続きを読む "赤い闇"

| | コメント (0)

2020/04/02

ささやかなエピソード

 私は風に吹き消された蝋燭の焔。生きる重圧に押し潰された心のゆがみ。この世に芽吹くことの叶わなかった命。ひずんでしまった心。蹂躙されて土に顔を埋めて血の涙を流す命の欠片。そう、そうした一切さえもが神の眼差しの向こうに鮮烈に蠢いている(……と思いたいのだ)。
 蛆や虱の犇く肥溜めの中に漂う悲しみと醜さ。その悲しみも醜ささえも、分け隔ての無い神には美しいのだろう(……と思いたいのだ)。

続きを読む "ささやかなエピソード"

| | コメント (0)

2020/03/31

池の底の鏡

春の陽気が濃厚に漂う。晴れ渡った空が広がって憂いほどだ。ここにいる何か。世界を眺めている。が、世界は頓着しない。喚いても泣き叫んでも知らん顔。このまま消え去っても気付きもしない。この無関心はやさしさなのかもしれない。
 ある種の記号が明滅している。電池は消耗して最後の力を振り絞っている。光を浮かべない瞳。記憶を留めない心。世界の片隅で腐った板壁に拾った枝の先で何かを描こうとしている。形に意味があるのか。形を成さないと描いた途端、苔に呑みこまれるとでも云うのか。

続きを読む "池の底の鏡"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧