創作(断片)

2024/03/14

昼行燈81「汽車と列車」

Teturo_20240314173501汽車と列車

 以下は、吾輩の小学生の頃の思い出である。

続きを読む "昼行燈81「汽車と列車」"

| | コメント (0)

昼行燈80「ダダ ダダ ダダ」

Megane   「ダダ ダダ ダダ」

 訳の分からない理屈が頭の中をグルグルしている。先生が何か言ってる。みんなも納得しているようだ。分からないのは自分だけのようだ。
 分かるとか分からないか、その辺りがモヤモヤして考えているうちに頭の中どころか体中がカッカしてきた。恥ずかしさも極まっている。
 どうしたらいいのか分からない。事態がどうなってるのか見えない。

続きを読む "昼行燈80「ダダ ダダ ダダ」"

| | コメント (0)

2024/03/12

昼行燈79「カップ麺」

Th  「カップ麺

 無限だなんて今更そんなロマンチックな戯言を。奴は知恵遅れの俺を見下すように言い放った。
 俺は奴だろうが誰相手にだろうが、無限なんて言葉を口に出したことなどないはずだ。

 別にその存在を信じてるとかどうかじゃなく、その姿を思い浮かべようがないからでもない。
 神様だって御姿を脳裏に描けない。俺の脳味噌には任の重い仕事だ。

続きを読む "昼行燈79「カップ麺」"

| | コメント (0)

2024/03/11

昼行燈78「貝の殻」

Umi_20240311040501  「貝の殻

 

 何だかやたらと爽やかな感触があった。ドロッとした、何処かオリーブオイルの中に浸かったような。皮膚も喉頭も眼球も指先も、何もかもがつかみどころのない優しさに満たされている。決して密着の許されない絆。

続きを読む "昼行燈78「貝の殻」"

| | コメント (0)

2024/03/06

昼行灯77「影の女へ」

53669632_2196995801_124large  「影の女へ

 あなたは形を失っていく。
 わたしを見つけることもできないままに。

 あなたは形を失い、崩れていく、ひたすらに。
 まるでわたしをなぞらえるように、蕩けていく。

続きを読む "昼行灯77「影の女へ」"

| | コメント (0)

2024/03/05

昼行灯76「真夏の夜の訪問者」

  「真夏の夜の訪問者」

 何処かの部屋? 薄闇。薄暮なのか未明間近なのか。真夏。 屋根裏部屋か。蒸し暑くて眠れない。堪らず網戸もないのに窓を開けてしまった。何かが闇を突っ切って部屋に侵入した。黒い飛礫(つぶて)が寝転がってる俺の鼻先を過った。部屋の壁のあちこちにぶつかってる。何だ? 何事だ? こんな真夜中に野鳥が飛来した?

続きを読む "昼行灯76「真夏の夜の訪問者」"

| | コメント (0)

2024/02/20

昼行燈72「四次元の世界旅へ」

Reiiji  「四次元の世界旅へ

 やたらと曲がりくねった路地だった。おや? 天井らしき蓋が覆っている…。
 路地に迷い込んだんじゃなく、何処かの廃墟…ビルの中なのか。階段は上にも下にも続いている。踊り場らしき狭い床に居るようだ。
 時計とは逆方向に螺旋を描く階段。昇るたびに踊り場には半端に締まった扉が目につく。扉を潜って闇の向こう側へ忍び込むべきか。

続きを読む "昼行燈72「四次元の世界旅へ」"

| | コメント (0)

2024/02/19

昼行燈71「戻る場所はいつも…」

Kisibe_20240220063401 戻る場所はいつも…

…どこを彷徨っていたのか、気が付けば茫漠たる広がりの真っただ中に居た。風…雨…自然の欠片も感じられない。空虚過ぎて光だけが遥かな時空の地平の一点から伸び広がり、私を圧倒していた。眩さが私を焼き焦がしそうで、何もない空間にたった独り放り出された私を孤独に慰撫される暇さえ与えてくれない。

続きを読む "昼行燈71「戻る場所はいつも…」"

| | コメント (0)

2024/02/16

昼行燈70「ハンカチが七枚」

Mezara   「ハンカチが七枚

 どこぞの宿に紛れ込んでいた。それともアパートか。俺の新居なのか。やけに閑散としてる。部屋がいくつもあるのに、荷物が何もないからか。荷物どころか家具がまるでない。
 そりゃそうだ。引っ越してきたばかりなんだもの。
 何故かトイレにいる。尿意だ。切迫してる。戸を何枚も開けて、ようやくそれらしい部屋に。壁も床も真っ白で清潔感が漲ってる。広い。六畳は優にある。落ち着かないぞ。

 

続きを読む "昼行燈70「ハンカチが七枚」"

| | コメント (0)

2024/02/12

昼行燈69「俺は終わっちゃいないんだ!」

Tuta_20240212034001 「俺は終わっちゃいないんだ!

 都会の喧騒の中をまるで自分一人であるかのように歩き過ぎる。誰とも擦れ違わない。目線も合わない。目は泳いでいる。何処を観ているのか自分でも分からない。
 怯えている? 何に? 逃げている? 何から? 何処へ?
 買ったばかりのスニーカー。疲れ知らずが謳い文句だったのに、履いた途端に浮遊感を覚えた。というか何だか路面に吸い込まれるような、融け去っていくような不安感だ。
 この得体の知れないお仕着せの違和感は何なのだ?

続きを読む "昼行燈69「俺は終わっちゃいないんだ!」"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧