祈りのエッセイ

2024/02/12

昼行燈68「喧騒のあとで」

Kisibe 「喧騒のあとで

 夜をなんとか遣り過して、気が付くと、紺碧の空にやや透明感のある、何かを予感させるような青みが最初は微かに、やがては紛れもなく輝き始めてくる。

 理屈の上では、太陽が昇ってくるから、陽光が次第に地上の世界に満ちてくる からに過ぎな いのだろうが、でも、天空をじっと眺めていると、夜の底にじんわ りと朧な光が滲み出てくる ような、底知れず深く巨大な湖の底に夜の間は眠り続 けていた無数のダイヤモンドダストたち が目を覚まし踊り始めるような、得も知 れない感覚が襲ってくる。

続きを読む "昼行燈68「喧騒のあとで」"

| | コメント (0)

2024/02/11

昼行燈67「真冬の月と物質的恍惚と」

Ga 「真冬の月と物質的恍惚と

 真冬の月というのは、何か凄まじいものを感じさせる。空気が澄んでいるせいか、地上の全てが輪郭も鮮やかに浮き彫りにされてしまう。
 未明の頃に、人気もない公園の脇に車を止めて、月の影を求める。月の大きさなど、いつもそれほど変わらないはずなのに、目に痛いほどに輝いていて、大きさの感覚を微妙に狂わせてしまう。

続きを読む "昼行燈67「真冬の月と物質的恍惚と」"

| | コメント (0)

2023/12/12

昼行燈(番外3「葬送のこと」)

Funeral_20231212021701   「葬送のこと

(前略)宇宙から見たら、海だろうが空だろうが土だろうが、大した違いなどないということも事実に思える。それだったら、どうせ遺骸は火葬されるのだし、遺骨が空葬されようがどうしようが関係ないということでもあるのかもしれない。
 それとも、遺骨などではなく、DNAを遺しておこうか…デジタルで。

続きを読む "昼行燈(番外3「葬送のこと」)"

| | コメント (0)

2023/12/03

昼行燈43「お地蔵さんは黙っている」

Jizo 「お地蔵さんは黙っている

 

 なんだかもう、全てがグジャグジャになった気がする。
 泥濘(ぬかるみ)の続く道を何処までも歩いている。
 ずぼっと深みに嵌まってはよろめく。
 いつからこんな道なき道に迷い込んだのか、さっぱり分からない。

 こんなはずじゃなかった。
 でも、どんなふうであったのか、あったなら少しは満足するか分からない。

続きを読む "昼行燈43「お地蔵さんは黙っている」"

| | コメント (0)

2023/11/22

昼行燈39「 廃墟」

City_20231123034601  「廃墟

 

 寝苦しい夜だった。長い長い夜の果ての、遠い幽冥の境にいた。まるで、中東の戦闘の地を潜り抜けてきたような気分だった。
 しかも、オレは、加害者だ。空襲する側に立っている。絶対、安全な場所にいて、ボタン一つを軽く押すだけ。
 すると、目の前の液晶モニターに、綺麗な軌跡が緩やかな曲線を描いていき、ターゲットに当たると、一瞬、青白い閃光が煌くと、すぐに真っ暗闇の画面に戻る。
 それだけのことだ。ここにいるオレは、鼓動が早まることもない。

続きを読む "昼行燈39「 廃墟」"

| | コメント (0)

2023/11/14

昼行燈34「オワンクラゲ」

Aequorea 「オワンクラゲ

 

 闇の宇宙を漂うものがある。フワフワプカプカ浮き漂っている。
 浮いている。漂っている。上も下も横も何も座標となる軸がない以上は、落ちていようと昇っていようと同じ事。
 もしかしたら、ただひたすらに迷い続けているだけなのかもしれない。
 絶対零度に常に最接近している光なき空間。前も後ろも分からない以上は、時間があるともないとも言いようがない。

続きを読む "昼行燈34「オワンクラゲ」"

| | コメント (0)

2023/11/09

昼行燈31「誕生日に寄せて」

Rosoku誕生日に寄せて

 

 私は今、何を書く当てもなく、こうして画面に向かっている。
 が、画面に向かっていると言いつつ、私の気持ちとしては今日、生まれた人のことを思って心を整えようとしている。
 その人の気持ちになって、生きることを考えてみたいと思っている。

 人が生まれるというのは、どういうことなのだろう。それこそ、動物などが生まれるというのとは、明らかに違うような気がする。別に人間様が動物より上だとか、優れているということではなく、暦の中に自分の生まれた日を見出す時、誰しも一入の感慨を抱くということ、ただ、そのことを思うのである。

続きを読む "昼行燈31「誕生日に寄せて」"

| | コメント (0)

2023/11/01

昼行燈26「森の雨音」

17336   「森の雨音

 森の奥の人跡未踏の地にも雨が降る。
 誰も見たことのない雨。流されなかった涙のような雨滴。誰の肩にも触れることのない雨の雫。雨滴の一粒一粒に宇宙が見える。誰も見ていなくても、透明な雫には宇宙が映っている。

続きを読む "昼行燈26「森の雨音」"

| | コメント (0)

2022/03/11

あの日から始まっていた (39 独りきりの祝祭)

Kitune ← 狐の嫁入り by kei

 

  「独りきりの祝祭

 

 もう三十年も昔のこと、バイクの免許を取った夏、小生は中古の故障しているバイクを早速入手し、無謀にも修理もせずに駆って、大学のある仙台から東京を経由して富山への往復旅行を敢行し たことがある。
 これは正に敢行だった。バイクのチェーンがチェーンカバーに擦れていて、走っているとカラカラカラと不気味な音を立てているのだ。

続きを読む "あの日から始まっていた (39 独りきりの祝祭)"

| | コメント (0)

2022/02/25

あの日から始まっていた (38 孤独な配達人の独り言)

Yukimiti_20220225000601  「孤独な配達人の独り言

 

 昨夜(の延長)というべきか、今朝未明、久しぶりに月影を見た。
 何日ぶりに出合ったのか、定かではないが、気分的には実に久しぶり、と表現したくなる。

 

 観たのは、朝方4時半頃。
 日の出は七時前後のはずだから、まだ、真暗である。
 小雪がちらついていて、空は曇っている。
 雨が雪になって、外での仕事は大変だろうなと覚悟していたので、小雪程度の空模様で助かった。

続きを読む "あの日から始まっていた (38 孤独な配達人の独り言)"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧