恋愛

2023/12/04

昼行燈44「止まっちゃいけない」

Jinzhashi  「止まっちゃいけない

 ある秋口の早朝だった。いつもなら起こされるはずが、なぜか目覚めてしまった。それとも眠れない夜を明かしただけだったのか。
 行かなくちゃいけない。何処へ?
 逢わなくちゃいけない。誰に?
 晴れ渡った秋空だった。行先は分からない。足に任せるしかない。気の向くままってことじゃない。行方は決まっているのだ。

続きを読む "昼行燈44「止まっちゃいけない」"

| | コメント (0)

2023/11/28

昼行燈42「無間 」

Gaito無間

 夢の中にいるはずだった。なぜなら宇宙空間をゆらゆら漂っているのだから。ん? ゆらゆら? そんな呑気で居ていいのか?

 何処までも落ちていく…それとも際限もない上昇なのか。右も左も、上も下もない。グルグル回っている。メニエル病の日々の再現。あれ以上の猛烈な遠心力が脳味噌の神経細胞の一つ一つを引き裂いている。グリア細胞までが星屑にならんとしている。凍てつくという表現が可笑しいほどに懐かしい。

続きを読む "昼行燈42「無間 」"

| | コメント (0)

2023/11/20

昼行燈38「軽石」

Karuisi   「軽石

 行く当てなどなかった。あてどなくふらついていた。何かを探し求めていたと思いたかった。真っ昼間の空は空白の原稿用紙のようだった。今どき原稿用紙なんて言葉が出てくるなんて。
 何かを拾い集めたかった。やたらとそんな衝動が沸き立っていた。だからってなんで河原なんかに来たんだろう。河原で石ころでも拾う?
 遠い昔、石けりやら石で水切りなんて他愛のない遊びに興じていたことが思い出される。
 今はただ拾いたい。石の手応えを手の平に感じたかったのだろうか。

続きを読む "昼行燈38「軽石」"

| | コメント (0)

2023/11/09

昼行燈31「誕生日に寄せて」

Rosoku誕生日に寄せて

 

 私は今、何を書く当てもなく、こうして画面に向かっている。
 が、画面に向かっていると言いつつ、私の気持ちとしては今日、生まれた人のことを思って心を整えようとしている。
 その人の気持ちになって、生きることを考えてみたいと思っている。

 人が生まれるというのは、どういうことなのだろう。それこそ、動物などが生まれるというのとは、明らかに違うような気がする。別に人間様が動物より上だとか、優れているということではなく、暦の中に自分の生まれた日を見出す時、誰しも一入の感慨を抱くということ、ただ、そのことを思うのである。

続きを読む "昼行燈31「誕生日に寄せて」"

| | コメント (0)

2022/01/12

私の荒涼館

Yukiki夢: 皆が集った会がお開きになった。みんな三々五々去っていった。私も。が、そこに若い男女が。一人は私が憎からず思っている人(だが気持ちを明かせずにいた)。男は私の知り合いだが、彼女に寄り添っている。私が彼女に近付けば彼はさりげなく立ち去るはず。

続きを読む "私の荒涼館"

| | コメント (0)

2016/06/15

麦わら帽子の少女

 ひび割れたガラス窓越しにあの人は見つめていた。
 それとも、今にも砕け散りそうなガラス窓に歪んだ自らの顔を映しているのだろうか。

53669632_2215324828_38large

 窓の外は、鏡面のように静かな湖が見えるはずだけど、あの人の虚ろな瞳には何も見えはしないのかもしれない。

 窓の亀裂は、まるで水中花を思わせる。
 凍て付いた湖の底に眠る、忘れ去られた悲しみ。
 凍り付いた情念。生き血を抜かれた花は、ただ瑪瑙のように輝いている。

続きを読む "麦わら帽子の少女"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/02/04

影の女へ

53669632_2196995801_124large

 あなたは形を失っていく。
 わたしを見つけることもできないままに。

 あなたは形を失い、崩れていく、ひたすらに。
 まるでわたしをなぞらえるように、蕩けていく。
 わたしなど、生まれた時から形がなかった。形を成すすべもなく、無力のままに世界の中に放置された、そう魂の躯。そんなわたしを追いかけてどうするというのだ。

続きを読む "影の女へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/11

青い花の女

 どこにでもあるような、青い花。
 どこへ行っても目にする、青い花。

2015_2326

 そう、お前がどう逃げ回っても、その青い花からだけは逃げられない。
 なぜなら、それはお前の脳裏に刻み込まれた花だからだ。

 お前の真っ青な脳髄には、青い花しか咲かない。
 影も青ければ、血の色も真っ青だ。
 お前には、情ってものがない。人に共感する情けがない。
 そう、お前は、本当に情けない奴なのだ。
 そんなお前には、青い花がお似合いなのさ。

続きを読む "青い花の女"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/10

できたものは

 できたもんはしょうがねえじゃねえか。
 しょうがないってねー、そんな気楽に言わないでよ。他人事だと思ってんじゃない?
 他人事だなんて、思ってねえよ。気にすんなって言ってるだけじゃん。
 気にするなって、そんなー! 女にとって、命がけのことなのよ!
 命懸けって、そんな、大袈裟な。たかが、そんな、ちょっとできたくらいで…。

続きを読む "できたものは"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/09

脂肪の塊

 道路の反対側の雑踏の中でその人を見かけた。見かけた瞬間、あの人だ、という直感があった。
 見間違いなんかじゃない。あの人だ。
 けれど、その人はあっという間に人波に呑まれていった。
 彼女を追う私の足も、行き交う車に遮られ、道路を渡った時には、見知らぬ人と素知らぬ人が通り過ぎていくばかりだった。

 胸が高鳴っていた。息苦しいほどの動悸を覚えるのも久しぶりで、何か新鮮な感動すら感じるほどだった。
 あの人がこの町に居るはずがないと、頭の中では誰かが告げていた。分かっている。でも、あの人を見たという切なる思いをどうしようもなかった。
 週末だからだろうか、若い人たちの姿が多い。どうやら、大手町辺りでイベントがあるようで、電車で、あるいは歩いて、そっちへ向かうようだった。

続きを読む "脂肪の塊"

| | コメント (0) | トラックバック (0)