« 蛇を踏まず | トップページ | 首を振って悪夢を振り切る »

2018/06/04

柔らかな時間

800pxsalvador_daliprofile_of_time

← サルバドール・ダリ「時間のプロフィール」(1984) (画像は、「サルバドール・ダリ - Wikipedia」より)

 駅のロータリーの(太陽光発電を動力源とするらしい)時計。今日の狂いは7分ほど。一昨日は10分以上だったことを思えば、まあまあか。数年来、ウォッチしてきたが、一貫して数時間は違っている。最初の頃は、思わず自分の腕時計が狂ってるのかと、慌ててあちこちの時計を見比べたりしたが、もうすっかり慣れっこで、今日もいつも通り三時間ほど違ってるな、いつになったら直すんだろうと思うだけ。それが、である。年初に驚くべき事態が発生した。

 そう、朝見たら何と、時刻が合っているではないか! 思わず目を凝らしたものだった。数年来の念願が叶った。ホッと安堵の胸を撫で下ろした。同時に、毎朝の楽しみが無くなったようで、一抹の寂しさの念がなかったとは言えない。数ヵ月は時計を見るのも忘れていた。合っている時計なんて何の関心の対象にもならない。が、である。連休も開けた頃、久しぶりに時計を見たら、また、狂っている! 何だか旧友に会ったような、不思議な安堵感を覚えた。建て前ではあったが、誰か駅の管理者はいないのか、などと呟いてみたり。

Image161

→ サルバドール・ダリ 《記憶の固執》 (画像は、「《記憶の固執》サルバドール・ダリ|MUSEY[ミュージー]」より)


 すると、今度は我が呟きを誰か見たのか、数日後に見たら、何と合っている。さすがに、我が思いは天に通じたということなのだろうか。今度ばかりは時計がほんの数日で狂うようなことも、よもやあるまい……。甘かった。一週間ほどして眺めてみたら、しっかり10分以上も狂っている。まあ、今日見たら7分ほどだし、狂いは縮小しているし、ちょっとはましか、と思って何気なく時計をみやって見たら、何てことだ、この呟きを書き込む短時間の間に狂いが20分以上になっているではないか! ミステリーだ。狂いが縮小したり拡大したり。

 どうやら、午前中、一時間ほど止まり、また動き出したようだ。今は、一時間二十分ほどの狂い。日本一、気紛れな時計ってことで、評判になる……わけないね!

 飴のようにしなだれる時計といったダリの有名な絵があるが、こちらは時刻の表示が気紛れに行きつ戻りつしている。

(「自分の汚れを洗い流すために書いている」より)

|

« 蛇を踏まず | トップページ | 首を振って悪夢を振り切る »

ナンセンス」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

駄文・駄洒落・雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/66795059

この記事へのトラックバック一覧です: 柔らかな時間:

« 蛇を踏まず | トップページ | 首を振って悪夢を振り切る »