« ヒーロー願望の夢 | トップページ | エロチックな夢には恵まれない »

2018/04/01

ついにその日が来てしまった

 銭湯よりも広々した浴場。昼間なのか、目映い照明のせいなのか、やたらと明るい。何人かの入浴客と、大きな浴槽に浸かり、のびのび寛いでいる。突然、浴室のドアが開き、二人の人物が周章てたように入ってきて、真っ直ぐ私の方にやって来る。医師(検査員)と看護婦。白衣の人物の手には、何処かたった今まで凍結されていたような、平らな四角いビニールパックが。

 赤っぽい物、何かの臓器か、採取した数百ccの血液が入っている。二人は深刻な表情。こんな場にまでわざわざ来るなんて、余程、酷いってこと。私は、とうとう来るべき事態が来たと、腹のそこで覚悟を決めて、その時の来るのを待ち受けていたのだった。でも、動揺は隠せない。

(話の続きが聞きたいというコメントへのレス)残念ながら、それともホッと安堵の胸を撫でおろしたというか、ビニールの透明な袋に入った内臓(か血液)を見た瞬間、やっぱりかと思った瞬間に目覚めてしまったのです。正夢というより、自らの肉体の異変への内心の(自分では向き合う勇気のない)懸念・杞憂があの袋を見た瞬間、とうとう表面化したな、という諦めの念があったのです。

(4月1日の朝、見た夢。だからって、エイプリルフールの話じゃないです。)

|

« ヒーロー願望の夢 | トップページ | エロチックな夢には恵まれない »

ナンセンス」カテゴリの記事

夢談義・夢の話など」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/66563298

この記事へのトラックバック一覧です: ついにその日が来てしまった:

« ヒーロー願望の夢 | トップページ | エロチックな夢には恵まれない »