« わら、わら、わらーに落ちそう ♪ | トップページ | 木偶の棒…… »

2017/02/12

私は、書けない……のか

[以下は、夢の記録。正確には到底思い出せないが、せめてメモだけでも]:
 
 十日の夜半過ぎ、というか今朝未明、奇妙な夢で目覚めた。東京時代までの友人が出てきた。彼はそれまでの路線を変えて有名な作家になっていた。私にはまるで未知の作家名だったので、最初にその名を聞いたとき、誰のことか分からず戸惑った。

 でも、作家の正体に気付いた瞬間、衝撃に近い戸惑いを覚えたのだった。彼は、取り巻きなのか、周りの人たちに重んじられている。彼が著名な作家に! 私は嫉妬心に身が焦がれるようだった。その場を一人、立ち去った私の足は重かった。

 私だって! でも何の実績もない。そもそも何も書いてない。家に帰りついた。が、見ると、家はいつの間にか改装の工事に入っている。足の踏み場もない。母も含め、家のものは、ただいつもの日常を淡々と送っているだけ。

 私の心中など知るよしもない。私は、何とか二階(屋根裏部屋)の自分の部屋に辿り着いた。今からでも、何か始めないとと、気が急くばかり。だけど、集中できない。私は、書けない……のか……

|

« わら、わら、わらーに落ちそう ♪ | トップページ | 木偶の棒…… »

ナンセンス」カテゴリの記事

夢談義・夢の話など」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/64885686

この記事へのトラックバック一覧です: 私は、書けない……のか:

« わら、わら、わらーに落ちそう ♪ | トップページ | 木偶の棒…… »