« 私は、書けない……のか | トップページ | 井田川幻想 »

2017/02/14

木偶の棒……

[以下は、14日未明に見ていた夢の話]:

0612_2

 たぶん、姉たちと家に一緒にいる。が、なんと自分の胸、お腹の上にでっかい腫瘍ができている。山盛りになって白い体の上に。私は慌てて白いシャツの下に隠す。見られたくない。口の中には、石膏のような塊がへばりついている。吐き出さないといけない。急いで流しへ。

 流しで姉たちに隠れて、口の中に指を突っ込んで、白っぽい塊りを抉りだそうとする。味気ない、幽かに苦みの混じる気持ち悪い塊りは、固い石膏のようで、指先で削るように少しずつ吐き出していくのだが、姉らの目線が気になり、慌てて水道の水で洗い流そうとする。

 白いシャツで覆うと、丼大の黒い腫瘍は目立たない。覗き込まれない限り。
 私は気づかれないうちにと、隣の部屋へ逃げ込む。
 すると、そこに一人の男と、二人の女がいる。

 私はそのうちの男女二人に責められている(ように雰囲気で感じている)。お前はそんなあやふやなことでいいのかと、難詰されている(ように感じる)。相変わらず木偶の棒でいるだけの私を見て、いい加減、いら立ちを隠せない男は、こうするんだとばかり、女の髪を掴んで引きずりまわす。女なんて、こうすりゃいいだとばかりに。

 男は女の亭主なのか。女は、何処かで見かけたことのあるいい女。私の影のように存在してきた女。
 だけど、長い髪を垂らしているので顔が見えないし、表情だって分からない。でも、あの女だと直感している。自分じゃ認めないけど正体は知っているのだ。
 私の臆病であやふやな態度が女を追い詰めている。とうとう土壇場に来たのだ。女は男に首根っこを掴まれ、男の股間に顔を押し付けられる。

  まさか、そんなことを、こんな人が見ている前で!
 でも、男は躊躇しない。お前が悪いんだ、これがお手本だとばかりに、女の口を男の一物に宛がう。女は一瞬、躊躇ったが(あるいはただ羞恥で躊躇ったように見えたと、自分が思いたかったのかもしれない)、男の手の押し付けるがままに、一物を銜え、しゃぶり始める。

 羨ましいという思い。ホントだったら、自分が男の立場のはずだったのに、そのチャンスを自分でみすみす逃してしまったという惨めな思い。オレのせいで女は衆人環視の下、あんな目に。
 オレはイマラチオを喜んでする女を見つめるばかり。長い髪で表情は見えない。でも、喜んでいる……嫌がってはいないことが分かっている。後ろに立つ別の女も、あんたはこうでもしないと、女の気持ちが分からないのよと、表情で伝えていることが痛いほど分かっているオレ。

 そのうち、さらに奥にある隣の部屋にいる自分に気が付く。そんな中で、ああ、あの男は今話題の男ではないか(日本どころか世界中が知った政治家)。お前なんぞ、手をこまねいているだけの奴だと、嘲笑していた。オレはダメな奴なんだ。そこには父や母もいるようだ。日常いた…… 何もない…空白……

[この後の内容は忘れた。夢は14日未明に観ていたもの。すぐにメモすればよかったのだが、(午前中、病院へ行かなきゃという思いがあり、実際に行ったこともあって)つい怠り、昼過ぎにメモッった。夢のえげつなさや生々しさは相当薄まってしまった。]

|

« 私は、書けない……のか | トップページ | 井田川幻想 »

ナンセンス」カテゴリの記事

夢談義・夢の話など」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

駄文・駄洒落・雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/64894011

この記事へのトラックバック一覧です: 木偶の棒……:

« 私は、書けない……のか | トップページ | 井田川幻想 »