« 減らない米 | トップページ | 夢の続きを夢で »

2017/01/07

作家名を語呂合わせする

 詩人・アルチュール・ランボーは、アル中で乱暴だった。

 作家・モーパッサンは、売れっ子で儲けたので、儲かった。

 作家・カフカは、存命中は鳴かず飛ばずだったので、可不可。

 島尾敏雄は、有名な割りには売れない作家だったので、暇を取りよ。

 トーマス・マンは、晩生(おくて)で、若い頃は、頓馬な男と呼ばれていた。

 物理学者、大統領、歴史家を輩出したドイツの名門・ワイゼッカーは、実は、卑猥な血筋を持った一家で、猥褻家と呼ばれていた。


 以上です。念のために言い添えておきますが、これらの語呂合わせに信憑性はありません。

[本稿は、ホームページ(ニフティ)に掲載していたもの。作った正確な日付は不明である。というのも、ニフティの都合で、ホームページをデータ移行するというのだが、小生が移行の手続きに失敗し、昨年秋、ホームページが消滅してしまったのである。消滅に伴い、数多くの雑文が運命を共にしたのは残念である。ただ、幾つかの雑文は他のサイトに転記(投稿)していたもの。一部改稿の上、ここに再録しておく。]

|

« 減らない米 | トップページ | 夢の続きを夢で »

ナンセンス」カテゴリの記事

旧稿を温めます」カテゴリの記事

駄文・駄洒落・雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/64730464

この記事へのトラックバック一覧です: 作家名を語呂合わせする:

« 減らない米 | トップページ | 夢の続きを夢で »