« 酉年の年初から酔ってます | トップページ | 作家名を語呂合わせする »

2017/01/06

減らない米

 なんだか後味の悪い夢:(何かの場面からの続き)5キロ入りの精米済のコメ袋を持とうとした、袋の破れに気づいた…が、遅かった。既に零れ始めている。
 何とか袋を机の上に載せた。白い米が床にも机にも零れている。勿体ない。私は夢中で床のコメを手で掬い拾って、袋に詰めようとした。 

 大した量が零れたわけはないのに、何度も何度も掬わないといけない。そのうち、不意に人の気配を感じた。一人は私の背後に気配を、もう一人は机の上から覗き込むように男性が立っている。

 男は三十歳前後か。好青年という感じ。憐れむわけじゃないが、訝しげなのは明らか。男は何もしゃべらないのだが、私には、咎めるような視線に感じられる。私は屈辱感を覚えている。でも、米を拾う手を止められない。

 床は少々綿埃があるけど(自分の部屋は掃除しないので、ホントに綿埃がすごい)、米を拾いあげているのだから、米粒が汚れるわけじゃないし、埃くらいなら息で吹き飛ばせばいい、なんて言い訳をしている(口に出してか、内心で開き直っているだけか、覚えていない)。
 そんなに零れたわけじゃないのに、何度、掬ってもコメの量は減らない。……いつまでこんな惨めな状況が続くのやら……(多分、この辺りで目覚めたと思う。)

|

« 酉年の年初から酔ってます | トップページ | 作家名を語呂合わせする »

ナンセンス」カテゴリの記事

夢談義・夢の話など」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

駄文・駄洒落・雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/64724798

この記事へのトラックバック一覧です: 減らない米:

« 酉年の年初から酔ってます | トップページ | 作家名を語呂合わせする »