« アルフレート・クービンの悪夢へ | トップページ | アガパンサスは愛の花 »

2015/05/31

曝け出すしか

 野中に立ち尽くす一本の木。風も光も独り占め。
 荒野に屹立している? とんでもない! 奴は独りぼっちなのだ。人に和すこともできず、人に抗うこともできない。ただ、孤立している。

Cfz7k_tugaasa6w

→ 絵画錬金術師ドクターカオス作「些細な事で弱虫」 (画像は、「絵画錬金術師ドクターカオス(@takayuki419)さん Twitter」より) 

 何だってこんなところに迷い込んだのか、自分では到底、分からない。強がりたいけど、誰かに縋りたい気持ちは隠しようがない。
 ああ、だったら、そんな愚かで弱気な自分をこそ、曝け出して見せるしかないではないか。

 泣き叫んでみようか。喚いてみるか。
 何をやっても無駄。声は風に呑まれ、深刻ぶった顔は風に嬲られ引き攣ってしまうだけ。
 虚勢など、張っても無駄なのだよ。曝け出すしかないのさ!


(原文は、「孤立した木が雪と風に」(2015/05/29)より。一部、加筆。)

|

« アルフレート・クービンの悪夢へ | トップページ | アガパンサスは愛の花 »

ナンセンス」カテゴリの記事

創作(断片)」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/61674962

この記事へのトラックバック一覧です: 曝け出すしか:

« アルフレート・クービンの悪夢へ | トップページ | アガパンサスは愛の花 »