« 国境の長いトンネルを抜けると雪国であつた | トップページ | 3 + 3 = 6? »

2012/12/19

海の響きも聞こえない

 紅いビロードのような壁面が延々と続く。
 紅い。紅過ぎる。
 続く。続き過ぎる。

 血塗られたパイル状の斜面を転がっている。
 べとべとした感触がえも言われぬ快感を与えてくれる。
 頬擦りしたいほどの滑らかさ。
 血糊のリンクを、白いシュプールを描いて滑っていく。
 削られ飛び散る深紅の氷。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

 美しい。美し過ぎる。
 目が潰れそうなくらいだ。

 それとも抉られ続けているのは、縫合されそこなった肉の海なのか。
 抉っているのは、何? 
 怒り? 悲しみ? それとも、痴愚の笑み?

 結び付ける位置を間違えたのか。
 そもそも縫えるはずもなかったのか。
 
 血汐が沸き立ち、縫い目の隙間を裂いて噴出する。
 血反吐が、世界を赤く染める。
 
 なのに、この森閑たる闇は何なのだ?
 喚く声さえ凍てついて、響き渡るのは、零度の波。

 真っ青な闇の彼方に黒い影。
 
 何がある? 何かが映っている? 
 それ以外の何かがあるというのか?

 傷口が閉じている。
 心の扉という名の傷口が。

 心の傷は膿を垂らすことも忘れ、今は心自身が瘡蓋となり、やがては…貝になる。
 海の響きは聞こえない。

 穴が見えない。
 トンネルの出口が見えない。
 いつまで経っても、どこまで行っても闇雲な手探り。
 手応えのない、目覚めることを忘れた夢。

 寒い!
 誰のモノともしれない肉の身を裏返し引き伸ばして、頭から被ってみる。
 温みが得られるかと。
 
 そんなはずはなかった。
 ただ口さえもが塞がれ、息が出来なくなっただけだった。

 それでよかったのかもしれない…そう思った。


                              (12/12/12 作

|

« 国境の長いトンネルを抜けると雪国であつた | トップページ | 3 + 3 = 6? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海の響きも聞こえない:

« 国境の長いトンネルを抜けると雪国であつた | トップページ | 3 + 3 = 6? »