« 古ぼけた障子紙 | トップページ | 夜の果ての天の光 »

2010/05/27

点々は 宇宙を攪拌しないのです

[本稿は、ある方の詩「夏の点々」を読んでの意味不明な感想。その人物のサイトは既に削除されている。今更だが、「夏の点々」を読めないのが残念…。]

 「点々は 宇宙を攪拌しないのです

 我々は攪拌された宇宙の片隅に点在する点々なのかもしれない。
 星の一つ一つが、我々の誰彼の心の投影なのかもしれない。

 道端の石ころや空き缶にしても、誰かの眼差しに晒される。

 梅雨の束の間の日の光にジリジリと焼かれて、つい、本音を洩らしそうになる。

 もう、昔のことは忘れちまったとか、先のことなどどうでもいいだとか。

 なのに、日が暮れて、宵闇が訪れると、今度はまた、違う本音が洩れてくる。

 遠いあの日のことが胸を差すとか、いつの日かの破局を予感するだとか。

 わがまま一杯の梅雨の谷間の呟き。きっと、今夜の雨に呆気なく流されていくんだろうな。

          (03/07/07頃、作成か

|

« 古ぼけた障子紙 | トップページ | 夜の果ての天の光 »

ナンセンス」カテゴリの記事

創作(断片)」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

旧稿を温めます」カテゴリの記事

「詩作・作詞」カテゴリの記事

駄文・駄洒落・雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/48472463

この記事へのトラックバック一覧です: 点々は 宇宙を攪拌しないのです:

« 古ぼけた障子紙 | トップページ | 夜の果ての天の光 »