« 落句拾遺 4-1 | トップページ | 落句拾遺 5-1 »

2006/05/04

落句拾遺 4-2

 お待たせしました!
 四月後半の拙句(駄句・雅句・落句・川柳・標語etc.)をまとめて披露!
 俳句に川柳に短歌に警句に標語にと、持ち味いろいろ。
「それにしても、ちょっと収穫が少ない。四月は頑張らなくっちゃ!」と思っていたのに、相変わらず不作気味なのが情けなく、また申し訳なく思う。
 それでも、楽しんでもらえたら嬉しいのですが。

 と、同じ文句を書いている。
 けど、気持ちはいつも新鮮!

 では、いざ、句の杯盤狼籍の席へ、どうぞ!


誰も皆 笑顔の帰り 待っている   2006/04/15


花ならぬ侘しき我も春の色   2006/04/16
花冷えは目覚めの鐘と花の咲く

目を細め手を差し伸べる背伸びする
        晴れやかなる日 今こそ愛でん   

焔(ほむら)なり踊る女の笑みさえも   2006/04/17
凛々しくも火の鳥舞える闇の中   


淡き花眺める人も春の色   2006/04/18


風船を膨らます胸や息弾む   2006/04/19
風船の行方を追いし時を追う
風船や漲るものは歓声か
風船やはしゃぐ子の息吸って飛ぶ
木の枝の高みに憩う風船さん
風船が歩いているよな子らの列
風船につかまり飛べば鳥の空
風船売りにならんと思いし遠き空
パンパンと叩いて遊ぶ紙風船
お手玉の代わりと舞いし紙風船


勿忘草…かくは思へど恋多し   2006/04/21
あの雲の形に君が勿忘草
目を閉じる勿忘草やら都忘れやら
初恋を勿忘草と今日も恋
勿忘草かく思いし日はるかなり


連翹や花盛りにも影のあり   2006/04/23
連翹の黄色き鐘の空に満つ
連翹は漢字変換あるのみぞ

春筍の歯ごたえ覚え年を知る   2006/04/23


春筍を美味しく思う年となり   2006/04/24
春筍の勢いありし昔かも


ゆびさきの憂いさえもが馥郁と   2006/04/25

昼夜と精魂尽くし咲くツツジ   2006/04/30

(不作のお詫びのしるし…というわけじゃないけど、別窓には旧作の数々を!)

汗駄句仙柳(4)

 13日から16日に掛けて帰省してきた。
 今回の帰省、田舎ではお袋中心の日常と草むしりに尽きるが、往復の高速道路を含め今回は、川柳尽くしとなった。
 駄句の洪水だが、せっかくなので集めておく。

 " 吹く風に秋を嗅ぎ取る弥一かな
         2004/08/13 (金) 16:03
 " 握りっ屁分けてあげたいあなたにも
         2004/08/13 (金) 18:24
 " 去年(こぞ)の田は夢かとばかりに飛ぶトンボ
         2004/08/13 (金) 23:29
 " 月の端や見る影もなく時は過ぎ  
 " 片雲の陰に隠れし情の緒か
         2004/08/14 (土) 05:44
 " 握りっ屁最後っ屁より可愛いね
         2004/08/14 (土) 13:42
 " 草むしり虫も驚く手際よさ?
         2004/08/14 (土) 17:44
 " 夏の風秋の香添えて草の陰
         2004/08/14 (土) 23:48
 " 毟るとも尽きることなき命なり(草むしり)
         2004/08/15 (日) 14:31
 " 団らんの賑わい消えてテレビ見る 
 " 雑草と花とを分ける人のエゴ
         2004/08/15 (日) 22:08
 " 夏の日に負けず駆けゆく蟻の群
         2004/08/16 (月) 14:16

 " この世をば浮き世とは思えどもローンの憂さは変わらざりけり
 " 夕暮れに草露はじく蛙かな
 " 夕空に飛行機飛んで子らの声
         2004/08/15 (日) 夜半過ぎ
 " 月の端を千切って折って短冊さ
         2004/08/13?

  " 秋の風待てど暮らせど吹きゃしねえ "
  " 秋来ぬと言ってはみても秋遠し "
  " 秋の風海路の便りも届かざり "
  " 陽炎を焼き焦がさんと照る日かな "
  " 切ないの…三度も求めて何言うか! "
  " 殿中でござる今日もウ○コが出んちゅうてござる "
                  2004/08/12 08:31:36

汗駄句仙柳(5)

 18日の仕事は暇だった。もう、川柳三昧だった。注釈を付けないで、ズラズラと昨日の成果を披露しちゃう:

 秋の日をじらすがごとき残暑かな
 月の影千々に散らして川の面(おも) 
 池面をイケメンと読むいじらしさ
 客の影待てど暮らせど見えもせず
 宮城野に夕焼けひとつ落ちてけり(歌枕の宮城野を使いたくて)
 夏の宵胸騒ぎの如(ごと)雨の降る(17日夜半以降の雨)
 夏祭り並ぶ提灯揺れてけり(某駅の天祖神社で祭り)
 蒸し暑さ背後霊の如まといつく
 夏風や鼻水垂れて夏風邪だ(知り合いが風邪引いた)
 秋風よチョー気持ちええと吹いとくれ
 夏の暮れ野分けに揺れるなずなかな
                2004/08/19 08:11:03

(昨日も暇だった)
 " 画用紙や豆腐の上の雲と雪 "
 " 画用紙や裏返しても画用紙だ "
 " 画用紙をクルクル巻いてメガフォンに "
 " 画用紙を千切って折って化粧紙 "
(麻布十番の祭り…)
 " 祭りの日ここを先途の意気たぎる "
 " 祭りの日声を嗄らして女伊達 "
 " 祭りの日人目を忍ぶ恋路かな "
(蛇足。分かる人は分かるかも)
 " 宮城野で萩の月など食べてみる "
               2004/08/21 09:47:30

 " 夏の月昼の暑さを癒すごと "
 " 夏の蚊や一寸の魂ここにあり "
 " 山の水体の芯から目覚めけり " 
               2004/08/21(Sat) 16:03

(蛇足)
「世の中のうきをも知らず澄む月の
   かげはわが身のここちこそすれ
                     西行」をもじって

「世の中の憂きを知るとも澄む月か
       我が身を映す鏡とぞ思う
                     無精」
               2004/08/17 01:44:45

|

« 落句拾遺 4-1 | トップページ | 落句拾遺 5-1 »

俳句・川柳」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

「目を細め手を差し伸べる背伸びする~」

の歌に目が留まりました。
冬の間俯きがちだったのが、春の眩しさや暖かさに気づいて伸び伸びと息をしているような、とても気持ちの良い歌ですね。
特に「る」「る」と続いているところの、穏やかな明るさを含んだ耳に心地よい響きが好きです^^

投稿: 縷紅 | 2006/05/11 13:37

縷紅さん、コメント、ありがとう。
「目を細め手を差し伸べる背伸びする~」は、春らしい歌をというテーマがあったので、それに応じた伸びやかな歌を作ってみたのです。
語感やメロディって大切ですね。

投稿: やいっち | 2006/05/12 07:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落句拾遺 4-2:

« 落句拾遺 4-1 | トップページ | 落句拾遺 5-1 »