« 電車の男 | トップページ | 雪の帰り道 »

2005/12/06

落句拾遺11-1

「雅句駄句拾遺」と自称しておりますが、段々あちこちで書き散らしている句を拾いきれなくなっています。
 一部、12月作のものも含まれています。
 多くの句は訪れた先の掲示板に書き込んだもの。先方様の句や日記の文を載せ、小生の寄せたコメントを付して句を掲載すれば、それぞれの句の味わいも随分と違ってくるのですが、なかなか事情が許しません。

2005_12060064

← 6日朝、多摩川の陸橋上にて。あまりに明け初めの空が美しくて、信号待ちの間に慌てて撮った。 

 ともあれ、落穂拾いは自分でやらなくっちゃね、ということで、せめて、即興で詠み書き込んだ句の数々を拾い集めておくわけです。
 落語なんて芸能があるけど、落句って芸能がここで生まれるかもね?!
 ということで、今回から表題を落句拾遺に改めます。気分一新! 中身、旧態依然!

 では、雅句駄句落句のオンパレードの始まりだ!

 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

鍵は何処探した挙げ句部屋の中(November 02)

桃割れの先が急かれる秋の夜(November 04)

稲孫観し我が心にも生えるかと(November 06)

立冬やピザを食べたら立腹だ…じゃない、満腹だ!(November 07)

桃青と背中合わせの無精かも(November 10)

秋の夜網から漏れて蚊帳の外(November 13)

大根は煮ても干してもうまいんだ!(November 14)

 抜け落ちし髪を集めてカツラかな
 抜け落ちし髪を並べて供養せん
 木の葉髪見入る鏡の眩しかり
 犬猫の体毛を真似よ木の葉髪
 冬の日を木の葉髪にて知るならん
 木の葉髪梳くお前見る我怯え
 木の葉髪梳くいようなし櫛いらず
 抜けるなら頭髪避けて木の葉髪
             (November 19)

髪を切る残り少なさ呪いつつ(11/20


途切れ行く音色を追えば秋の夜
          淋しさ募り揺れる月影
貝殻を拾い集めて海を見る
       手にしは海の精と思われて
群れ集うカモメ眩しと潤む目よ
          孤影と旅の果て無き彼方
              (11/23)

 木枯しや我が子悲しと聞こえけん
 息をのむそのまま止めて息絶える
 木枯しを知らずひねもすのたりかな
 木枯しやわが身打つとて吹くのかね
 木枯しは町を清める?埃増やす?
 木枯しに人掃き寄せられて年暮れる
 木枯しに舞い散る葉に髪思う
 木枯しに吹き寄せられしわが身かも
 木枯しに我が煩悩も飛べばとて
                 (November 26)


君は誰聞く野暮さえも募る秋(11/27


月影を追いつつ惑う我なるや
         雪より白き花追うごとく
              (11/27

猫なれば寝そべる場所に迷うかも(11/27

若い頃は何も考えず食べたいだけ呑みたいだけ呑めた、それが今じゃ、カロリーが気になって気になって…。
食べるだけ呑むだけ嬉し遠い日よ(11/27

茶の花の秘めたる想い熱からん(11/27


陽だまりを拾って歩く空眩し(11/27
猫ならぬオイラにゃー拾えぬ陽だまりさ(11.28)

柊の花のあれども姿なく
柊の花の香追って葉に泣いて
柊の花にも負けている我か
柊の花のようには生きられず
柊の花の咲く木の頑固なり
              (November 28)

語るよりただ思えとぞ紅葉散る(11/29)

枯木立犬無き我が家映しけり(12/4)

冬の日や吐く息の白さ変わらざり(12/5)

降る雪に足の掬われ空仰ぐ(12/06
梳きし髪闇の河とて渡るかも(12/06

氷輪に孤影映して山の道(12/06)
                 (「氷輪」とは、「冷たく輝く月」)

|

« 電車の男 | トップページ | 雪の帰り道 »

「俳句・川柳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/7492852

この記事へのトラックバック一覧です: 落句拾遺11-1:

« 電車の男 | トップページ | 雪の帰り道 »