2020/10/30

富山県知事選に観られる地盤変化

Hunsui ← 宇宙ロケット 発射! じゃなく、イルミネーションには早いので、噴水広場の夜景。

 下記するように、S. ストロガッツ著の『インフィニティ・パワー 宇宙の謎を解き明かす微積分』を相変わらず読み続けている。夕暮れ近い五時前から、息抜きも兼ね、庭に出て、庭木を眺めているうちに、つい、自制できず、高枝切鋏を手に伐採作業を。切れば切るほど、気になる箇所が目につく。今日は一時間ほどで切り上げ、本格的な作業は明日にする。

 今日は、30日に一度の内科医院受診の日。診察前に簡易な血液検査。いろんな数値がこれまでになくいい数字。先生も評価してくれた。が、処方される薬は従前通り。インフルエンザ予防接種も済ませた。まだまだ治療は続く。

続きを読む "富山県知事選に観られる地盤変化"

| | コメント (0)

2020/10/28

チェーンソーを振り回す

Yosi ← 永井 義男【著】『吉原の舞台裏のウラ―遊女たちの私生活は実は○○だった?』(朝日文庫)  「江戸時代に遊郭が設置され繁栄した吉原。その実態を覗き見しつつ、繁栄の裏側に隠された遊女の実像や当時の大衆文化に迫る」

 永井 義男著の『吉原の舞台裏のウラ―遊女たちの私生活は実は○○だった?』 を読了した。仕事の合間に百頁。帰宅してその日の夜から翌朝にかけて200頁ほどを一気に。

 出版社の内容案内に「江戸時代に遊郭が設置され繁栄した吉原。その実態を覗き見しつつ、繁栄の裏側に隠された遊女の実像や当時の大衆文化に迫る」とある。貧しさや親(多くは男親の放蕩)ゆえに女衒に売られ、そして苦界に沈んでいく少女ら。遣り手や先輩女郎らに芸や色の道を教え込まれる。田舎ではありえない贅沢の極みと、一旦堕ちるととめどない奈落の底。錦絵に観られる豪華絢爛な姿は実態とは懸け離れていたという。着るものも食べるものも想像の他の貧しさ。

続きを読む "チェーンソーを振り回す"

| | コメント (0)

2020/10/24

雨中の庭仕事のあとは…居眠りと読書

Olie ← 降雨の中、表の庭の一角に慌ただしくオリーブの苗木2本(2種)を植えた。違う名の知らない木が1本 傍に。陽当たりのいい、水捌けの良すぎる場所。…すると、ネッ友から、「オリーブ、かなりおっきくなるので、なるべく離して植えた方がいい」というアドバイスを頂いた。後日、植え替えする。作業後は、ずっと雨。晴れていたから洗濯したのだが、洗濯の途中からは茶の間に居ても雨音が喧しい。

 今日は予報では九時頃から日中はずっと雨。なので、雨が降るまでに出来るだけのことをと、せっせと庭仕事。やることは山ほどある。剪定作業もまだまだ。だが、先日まで刈り落とした枝葉が庭一面に。大きなポリバケツに詰め込んで納屋へ運び込む。何往復したことやら。と、予報通り雨が。やりきりたいと、懸命に枝葉を拾い集める。

続きを読む "雨中の庭仕事のあとは…居眠りと読書"

| | コメント (0)

2020/10/23

幻の事故に遭遇

Mgen ← S. ストロガッツ著『インフィニティ・パワー 宇宙の謎を解き明かす微積分』( 徳田 功訳 丸善出版)「不思議かつ素晴らしいことに、宇宙の従う自然の法則は微積分で表される。もし宇宙の謎とよぶに価するものがあるなら、それは微積分だろう。物理学者のファインマンはいった。「神の話す言語だ」」

 一昨日(21日)の夜、仕事で富山市のやや郊外へ。遠目にも赤色灯が。警察。事故現場に遭遇。オートバイと車の衝突か。オートバイはメチャメチャ。ライダーでもある我輩は、思わず目を背けた。その後、事故の詳細を知りたくて、地元のニュースを注視したけど、報道の形跡なし。見逃した? あれだけの事故だと、報道関係の方も見受けられたし、全く報道されないなんて あり得ないはずだが。幻の事故?

続きを読む "幻の事故に遭遇"

| | コメント (0)

2020/10/22

チェーンソーを買いにホームセンターへ

Okibe ← 画像は、オリーブの苗。百日紅か何か秋に花の咲く木を買いたかったが、さすがに園芸コーナーに並ぶ樹木の種類は少ない。と、高さが2メーター近いオリーブの木が目に入った。オリーブもいい。が、我輩の小さな車には入らない。見ると隣にオリーブの苗木が幾鉢か並んでる。やはり、苗から育てたい。1メーターにもならない苗木を2鉢 買った。2鉢 買ったのは、種類の違うものを並べて植えろと、苗木の札に書いてあったから。陽当たりのいい、水捌けのいい場所に植えろとも。我が家の庭で陽当たりのいい、水捌けいい場所と云えば あそこしかない。パッとその場所が浮かんだ。

続きを読む "チェーンソーを買いにホームセンターへ"

| | コメント (0)

2020/10/20

南西の低い夜空に三日月を愛でる

Deka2 ← ボッカッチョ 著『デカメロン 中』(平川 祐弘 訳 河出文庫)「機転で危機を回避した話など四十話を収めた中巻。無類の面白さを誇る物語集」

 夜半過ぎに帰宅し、まだ寝たりないのに、トイレのついでにちょっと庭を観て回ったら、自制できず庭木の剪定。一時間半余り、せっせと作業。秋晴れの空が爽快。旅に出るのもいいけど、庭仕事も乙なもの、なんて。

 このところ、在宅の日は連日、日に一時間半ほどだが、部屋着のままで、サンダルを履いて、さすがに手袋はして(帽子は被ることはたまにある)、庭仕事している。週に一度、まとめてじゃなく、連日ってのが体にもいいし、作業も進むはず……繁茂する枝葉に追いつけないし、落ち葉の季節までに可能な限り葉っぱを落としておきたい。

続きを読む "南西の低い夜空に三日月を愛でる"

| | コメント (0)

2020/10/18

クォメン著の本で渡邊力を知った

246863 ← プルタルコス 著『食卓歓談集』( 柳沼 重剛 編訳 岩波文庫)「プルタルコスと友人たちが酒杯を手にテーブルを囲んで交わす楽しいおしゃべり」「古代ギリシア・ローマの饗宴の席にあなたを招待する一冊」 

 プルタルコス 著の『食卓歓談集』を読んだ。仕事の合間の楽しみで。
 歓談だが、今の我々からは、とんでもない放談。男どもだけってこともあるな。昔の……古代の男どもは、女をどう観ていたか、嫌ってほど分かる。アメリカのトランプ大統領の支持者(の一部)やイスラム原理主義者の女性への偏見は、古来より変わっていないってことか。そのほうが、一部の男どもには都合がいいんだろうな。

続きを読む "クォメン著の本で渡邊力を知った"

| | コメント (0)

2020/10/16

ボクの世界は真っ赤な闇

Birth_20201016200201 ← 斎藤 成也 編著『最新DNA研究が解き明かす。日本人の誕生』(河合 洋介 /木村 亮介/ 松波 雅俊 /鈴木 留美子 著  秀和システム)「2020年はゲノム概念が誕生してからちょうど百周年にあたります。本書は、最新のヒトゲノム解析から得たビッグデータをもとに、日本人の起源と成立をわかりやすく解説」

 快晴無風。庭仕事 た~~ぷり。山茶花や泰山木などを脚立に昇って、さらに木の幹にしがみついて、高枝切り鋏やら剪定鋏などを使って。同じことを2度もやりたくないので、これでもかと。普通、作業後 数時間後か半日して節々が痛みだすはずが、作業直後から痛み出している。
 それでも敢えて午前中に作業を済ませた。疲れは今日中に緩和させて、明日の仕事に備えたかったのだ。

続きを読む "ボクの世界は真っ赤な闇"

| | コメント (0)

2020/10/15

終わらない闇夜

Birth ← 斎藤 成也 編著『最新DNA研究が解き明かす。日本人の誕生』(河合 洋介 /木村 亮介/ 松波 雅俊 /鈴木 留美子 著  秀和システム)「2020年はゲノム概念が誕生してからちょうど百周年にあたります。本書は、最新のヒトゲノム解析から得たビッグデータをもとに、日本人の起源と成立をわかりやすく解説」

 斎藤 成也 編著『最新DNA研究が解き明かす。日本人の誕生』(河合 洋介 /木村 亮介/ 松波 雅俊 /鈴木 留美子 著)を読み始めた。わかりやすく解説とあるが、第一章のゲノム解説は吾輩には難解だった。その後はまずまず楽しめているが。日本人の起源や由来を探るというテーマは、吾輩の好きな読書の対象。書店でたまたま見つけたのだが、即、手にした。

 

続きを読む "終わらない闇夜"

| | コメント (0)

2020/10/14

片雲の風にバイクツーリングへ

Tate1 ← 富山県上市町にある、眼目山立山寺へ。曹洞宗。創建も古いが、数百メートルに渡る栂(トガ)の並木<参道>が名物。眼目山立山寺(がんもくざん りゅうせんじ)は、眼目(さっか)地区にある森林浴もできるお寺。眼目は、地名の場合、「さっか」と読む。 眼目山立山寺は、1370年に大徹宗令褝師により創建された曹洞宗の名刹です。

 今日は、微風快晴の秋の空。片雲の風に誘われてというわけではないが、久しぶりにバイクでのミニツーリングへ。現地では、結構 歩いたので、庭仕事は控える。ただ、昨日までの剪定作業で庭に枝葉が散在している。みっともないので、多少なりとも片付けようと、両手でたっぷり抱えて5往復だけ。納屋に山盛り。まだ、10往復はしないと。

続きを読む "片雲の風にバイクツーリングへ"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧