2018/08/21

フォートリエとヴォルスに魅入られて

M_20140628_jeanfautrier2

→ アンフォルメルの画家ジャン・フォートリエの「人質の頭部」 (画像は、「ジャン・フォートリエの「人質の頭部」:Autoportrait:So-netブログ」より)

 何だか知れない闇の圧力に圧し掛かられて、顔が心が歪んでしまっている人がいる。闇の中の手は、その人の親の姿をしているのかもしれないし、もっと形の抽象的な、表現に窮するような何かの形をしているかもしれない。
 あまりに早く生きる上での重石を感じ、打ちひしがれてしまった人は、気力と胆力があれば、人生そのものに反抗するかもしれない。あるいは自尊心の高すぎる人なら、人生を拒否するかもしれない。生きることを忌避するのだ。

続きを読む "フォートリエとヴォルスに魅入られて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/19

悪夢にあの人が現れて

1534678662572797

→ カネの成る木。そろそろ、大きな鉢に植え替えかな。「英語では dollar plant といい、葉が硬貨に似ているのが名前の由来である」とか。「常緑低木。樹高は無霜地帯の露地で栽培すると3メートル以上になる」という。ってことは、庭の何処かに植え替えてもいいってことか。今まで、鉢でしか育たないって思い込んでいた。「乾燥気味に育てれば氷点下5℃程度に耐えるほど寒さに強いが、霜や雪には弱いために冬は屋内か軒下やベランダなどで育てる】とも。冬、積雪の時期、雪が被らない場所を選ばないといけない。なかなか土地の選定が難しそう。 

 この数日、中元などのもらい物で過ごしている。栄養の偏りもなんのその。でも、そろそろまともなものを食べないと。

 今日は涼しいので、夕食は、久しぶりにガスコンロを使って調理。冷凍庫にあるミックス野菜と豚肉を使って、肉野菜。明日も涼しかったら、ラーメンを作るかな。

続きを読む "悪夢にあの人が現れて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/13

連日の庭仕事に汗を流す

 今日もせっせと庭仕事。ほとんどが草むしり、さらには庭木の下草や剪定してそのまま地面に積もっていた枝葉の整理。

Dsc_0346_2

→ 表の庭にある岩。この周辺に樹木が藪のようにあり、そのもとには剪定した枝葉が積もっている。

 在宅の日は毎日、庭仕事(や畑仕事)をしている。雨が降ったら、さすがにその日は休むのだが、今夏は雨が降らない。降っても仕事の日で、在宅の日は小雨が日中あっただけ。
 結果的に在宅の日は毎日、やることになる。

続きを読む "連日の庭仕事に汗を流す"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/11

「癌 ある内科医の日記から」拘束なしで手術に耐え抜く

247444

← 巴 金 著『寒い夜』(立間 祥介 訳 岩波文庫) 「現代中国を代表する作家・巴金(1904-2005).その到達点を示す長編」とか。 「病に冒され,ゆきづまった生活を送る無力なインテリ.その妻と母親の間には嫁姑の対立がある.誰が悪いわけでもない.だが各人にはどうすることもできない自我とこだわりがある.そこから生まれてしまう感情のせめぎ合い.苛烈な人生のドラマが胸を打つ」。

 今日は昨夜来終日、エアコンなしで過ごした。窓を開け網戸越しの風が気持ちよく吹き抜けていく。
 夕方近くには、例によって庭仕事。組合仕事で庭仕事がおざなりになっていたツケがいっぱい溜まっている。
 雨の日以外は在宅の日は毎日、庭仕事。雨がほとんど降らないので、文字通り毎日。

続きを読む "「癌 ある内科医の日記から」拘束なしで手術に耐え抜く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/02

賢治「永訣の朝」の舞台裏?

1533120525989390

→ 今日も庭仕事。主に泰山木の枝葉狩り。成長が早く、雨の降らない中、ドンドン伸びる。ってことは、土壌から栄養分や水分を奪っていくということ。他の庭木を育むためにも、かなり大胆に枝葉を刈った。脚立に昇っての作業。足場が悪く、怖かった。

 日照りのような日々。庭には散水しない(畑にも!)。なのに、雑草は執拗に伸びる。さすがに勢いは弱まっているようだが、それでも日々草むしりに追われている。それにしても、広葉樹の葉っぱの艶(つや)といったら! 太陽の恵みがあればったって、土壌から水分だって吸収する必要があるはずだよね。夏バテってないの? 昨日、泰山木に丼よりでっかい、白い花の王冠を確認し、撮影もできて嬉しかった。

続きを読む "賢治「永訣の朝」の舞台裏?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/08/01

連日の庭仕事をこなしつつ読書

 連日の猛暑日続き。我輩は、融雪装置の(部分)活用を提言している。昨日、富山駅北口近く(牛島)で、恒例(14回目)の「打ち水大作戦」を行った。35.0度から32.8度に下がったとか。保育園児たちが、バケツの水をヒシャクで散水するもの。効果絶大。融雪装置で水をチョロチョロ流すだけでも、相当ていどの効果が見込めるはず。当局には真剣な検討を期待したい。

 先月は、夏風邪を引いて十日ほど仕事を休んだこともあって、吾輩としては読書量がやや多い。毎月、これだけ読めればって思うけど、まさか、ずる休みするわけにいかないし。
 ただ、休んだとはいいつつ、その間も含め、猛暑の中、庭仕事に精を出した。頑張ったのだ。
 冬、畑の隅に設置した枝葉投棄サイトの積雪による倒壊。春先になって雪が溶けてから、サイトに溢れていた枝葉を、隣の農作業小屋に仮置きした。当初は、いつか、ペチカとは言わないまでも、暖炉を設置し、その燃料の一部として乾燥させた枝葉を使おうなんて目論見もあったのだ。
 が、煙突の設置などに百万円を要することを知り断念。六月の末から、作業小屋の枝葉をせっせと週に二度の燃えるゴミの日に出してきた。
 ようやく、小屋の中の枝葉の撤去作業完了。内庭の笹の原の撤去作業と併せ、雨の日がなかったこともあって、在宅の日は毎日、作業してきたのだ。

続きを読む "連日の庭仕事をこなしつつ読書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/31

戦争体験 浜田知明さんを悼む

Elegynewconscriptsentinel1954

→ 「戦争体験、美術家の眼で 浜田知明さんを悼む 銅版画家・中林忠良さん:朝日新聞デジタル」といったニュースを昨日の朝日新聞で知った。記事の一部を抜粋する:「戦争への激しい批判、反発とばかり見ていた作品は実は、美術家としての感動の表現、記録、いかに作品化するかの反芻(はんすう)と決断。うかがえば、当然と言える美術家の眼(め)の記録であった」。5年前、ミニ特集を組んだことがある:「浜田知明の飄逸なるプロテスト」 次々に戦争を知る世代が消えていく。戦争を知らない、お坊ちゃん首相が日本を危ない国に持っていこうとしている。

 アヂイって嘆いていたら、アッチってどっちって姪っ子が。だから、アヂイんだってば。味って何の味? アヂって言ってんだろが! アジ、何処に? ああくそ、アッチだよ。ホントだ焼け過ぎて熱い!

続きを読む "戦争体験 浜田知明さんを悼む"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/22

北極圏で33・5度!

1532171463407525

→ 1日分の仕事。枝葉を袋詰め。これだけの量を週に2度の燃えるゴミの日に出す。この作業、1ヶ月やってきた。あと、半年ほどで溜まっている分は片付くかな。

 何が苦労って、枝葉を入れる袋。袋を買うのもコストがかかって嫌。スーパーで買い物をしたら、箱に入れれ持ち帰る。とにかく、あちこちからかき集めてます。バラのトゲや、栗の実のイガ(トゲ)など、手袋をしていても、うっかり掴むとトゲが指先をチクッと刺す。それが実に痛い。今も指先の腹にトゲが刺さったままのような感じがある。

続きを読む "北極圏で33・5度!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/20

読書と庭仕事の日々

580

← クライブ・フィンレイソン 著『そして最後にヒトが残った  ネアンデルタール人と私たちの50万年史』(上原直子 訳 近藤修 解説 白揚社) 「私たちと同等の能力をもった彼らネアンデルタール人が、どのように繁栄を勝ち取り、やがて絶滅していったかを、数々の新しい知見とともに解き明かすスリリングな科学読み物」とか。 

 クライブ・フィンレイソン 著の『そして最後にヒトが残った  ネアンデルタール人と私たちの50万年史』を読み始めた。
 テレビでも現代人とネアンデルタール人との対比や関り、違いなどの特集がよく組まれる。たいてい、録画で観る。でも、やはり、書籍の形でじっくり理解したい。
 下記するように、ポピュラーサイエンス本でも、数学や物理という理系から、同じ自然科学の理系でも人類史というジャンルへ。並行して、新井白石の『折たく柴の記』を読んでいる。こちらのほうは、来月上旬までじっくりと付き合う予定。

 今日も暑い。夕方五時半から二時間、密度の濃い庭仕事。相変わらず、剪定した庭木の枝葉の袋詰め作業を延々と。

続きを読む "読書と庭仕事の日々"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/14

『ペドロ・パラモ』から『折たく柴の記』へ

1531464634776048

→ 昨年晩秋に戴いたカネのなる木。半年あまりを経て、気持ち大きくなったよう。土壌からは小さな芽吹き。さて、これからどうする。まだ、植え替えは早いかな。ちなみに、この木を置いて、少なからず期待していた懐具合のほうは、ダイエット状態。

 読書メーターには、漫画の本はアップしていない。子供の頃は漫画にどっぷりだった。記憶に残る漫画は多々あるが、印象に残り、ある意味思想にも影響した漫画というと、白土三平の名をあげるしかない。『忍者武芸帳 影丸伝』『サスケ』『カムイ伝』『ワタリ』『シートン動物記』など。『忍者武芸帳』などは全巻揃えていたのに、大学生となって郷里を離れている間に整理されちゃった。
 申し訳なくも、非常に失礼にも、白土三平さんは、とっくに物故されていると思い込んでいた。今、調べたら、健在。すみません。

続きを読む "『ペドロ・パラモ』から『折たく柴の記』へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧