2017/03/26

春の空は移り気

Dsc_0519

→ 多分、アンズ。桃色の花が咲き乱れる……はず。まだ、蕾だけど、もうちょっと待てば、ピンク色に染まるはず(画像が不鮮明でゴメン)。

 組合の解散に向けて最後の仕事。いざ、解散となると、やることが多い。遺漏なく行うことの難しさを痛感。50年の歴史に間もなく幕が下りる。
 というか、解散は既に成っていて、今は残務処理に追われている日々。なんとか、今月中には終えたい。
 実際、会社側との交渉がなくなっただけでも、肩の荷が下りた気分。乗務員を大切にしようという気がまるでなく、乗務員は使い捨てという発想をつくづく思い知った。

続きを読む "春の空は移り気"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/24

人間も微生物の海に漂う

 15年ほど前、本書マイケル・D.ガーション 著の『セカンドブレイン―腸にも脳がある !』を読んで、腸への認識を新たにした。トンでも本かなと思ったが、門外漢ながら、本書の主張に説得力を感じた。 

41hsg533vdl__sx230_

← マイケル・D.ガーション 著『セカンドブレイン―腸にも脳がある !』(古川 奈々子訳 小学館 (2000/03)) 「頭にある脳が身体すべてを支配するという考え方に大転換を迫るのは、「第二の脳」とも言うべき独立独歩の腸神経系の発見であった」という本。拙稿「西原克成著『内臓が生みだす心』」参照。

 本書の場合、あくまで、「第二の脳」とも言うべき腸神経系の発見に関わるものであって、当時は未だ、腸内細菌など細菌に関する知見はそれほどなかった。よって、「腸には、その他の末梢神経系すべてを合わせたよりも多くの神経細胞があり、神経伝達物質もそろっていて、頭の脳との連絡をすべて断ち切られてもやっていける独立独歩の存在がある」という知見に留まるものだった。
 今や、腸神経系のみならず、腸内細菌、否、身体の内外の細菌(マイクロバイオーム)と相俟っての認識が問われるに違いない。

 

続きを読む "人間も微生物の海に漂う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/22

馬酔木なる真珠の花の連なれる

 5日ぶりにプールへ。13回目。13往復。10往復くらいになると、今、何往復なのか分からなくなる。今日は、結構、人が多かった。春休みだから? でも、ほとんど小父さん小母さんばかりなんだけど。

Dsc_0518

← 椿(たぶん)の蕾。蕾がいっぱい生っていて、次々と開花する。春だね。

 ある呟きに、「さくらんぼの種は噛んだら駄目。胃の中で青酸(シアン化水素)に変わるから。たくさん食べると命に関わることもあるらしい」とあった。大人はともかく、子供には注意しないと:
子供は特に注意!食べると「毒」になってしまう身近な食べ物 - NAVER まとめ

続きを読む "馬酔木なる真珠の花の連なれる"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/03/20

「古事記」から島尾敏雄へ

 先月よりプール通い開始。週に二回ほど。先月、慰労会でもらったタオルを持って。タオルを選んでくれたのは、タイムリーでした。感謝。スイミングウェア、買いたいな。今の、古くて、1往復すると、ズルズル下がる!
 2往復すると、_▲#>£♂!

9784480065797

←  三浦 佑之 著『古事記を読みなおす』 (ちくま新書) 「「国家の歴史」以前から列島に底流する古層の語りとして、古事記をとらえ返す」という本。記紀神話に捉われない古事記理解が納得できる。同氏の本はこれで何冊目かな。拙稿の「三浦佑之『口語訳 古事記』」や「三浦 佑之著『古事記講義』」などを参照のこと。

 三浦佑之著の『古事記を読みなおす』を昨日(土曜日)読了した。仕事の日だったのだが、あまりに暇で、本書の残りの120頁ほどを読み終えてしまった。面白くもあったが、結構、ダラダラと読んでいたのに、夕方にはup。

続きを読む "「古事記」から島尾敏雄へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/14

可憐な花たちの咲き始め

Dsc_0507

→ ユキノシタかな。可憐な花が咲き始めたよ。

 今日もプールへ。25Mを12往復。平泳ぎも少々。プールへ通い始めて、一ヶ月。12回目。体重、高止まり。あー、効果が出るのはいつになるやら。
 隣のレーンで、吾輩よりずっと高齢の方がゆったり泳いでおられる。優雅なバタ足だけなのに、吾輩をあっさり追い抜いていく……。

 レイモンド・チャンドラーの「長い別れ」(清水 俊二訳)、読んでいるけど、訳語(トルコ何とか)の是非もあるけど、誤字(校正ミス)も気になる。カバーは綺麗なものを付け替えるけど、誤植(校正ミス)は直さない。ロングセラー作品だけに、出版社も本を大事にしてほしいなー。

続きを読む "可憐な花たちの咲き始め"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/13

広瀬 隆著『東京に原発を!』に今こそ光を!

 原発も在日米軍基地も大都会から離れた地域にある。北朝鮮が飛ばした脅しのミサイルの目標も、青森の三沢基地という話もある。原子力の平和利用なんて、戯言も、都会から遠いから建前で済むんです。

0000000046352

← レイモンド・チャンドラー著『長いお別れ』 (翻訳:清水 俊二  ハヤカワ・ミステリ文庫) 「私立探偵フィリップ・マーロウは、ふとした友情から見も知らぬ酔漢テリーを二度も救ってやった。そして彼はテリーの殺害容疑を晴らす為に三たび立ち上るのだった」とか。

 昔、東京に原発をって主張(本)があったけど、政権の中枢は考えないよね。羽田空港に滑走路を一本増やして、三沢基地の機能を移動させてみたらどうなんだ。そうしたら、政府も建前じゃなく、本気で防衛も原発政策も政治も考えるだろうに。常に負の遺産は財政力の弱い地方に。これが地域創生の現実だ。

続きを読む "広瀬 隆著『東京に原発を!』に今こそ光を!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/26

プレミアムフライデーだってさ

 プレミアムフライデーだって。こういった政策って、恩恵を受けるのは余裕のある層だけ。彼らを楽しませるため、私のようなものは、余計に労苦を背負う。分かりきった構図だけど、癪に障る。実際、その日も帰宅は夜中の一時過ぎ。仕事場からの直帰だよ。
 ちなみに、出勤した時間は、朝の7時。その日の帰宅時間は、真夜中の一時だったけど、これでも普段より早かった!

51h1tpke6hl__sx230_

← 小川洋子 作『寡黙な死骸 みだらな弔い』(実業之日本社) 小川洋子さんの小説は好きだが、本書は未読。ただ、表紙の絵が気になった。調べてみたら、イラストレーターの樋上公実子さんの作品だった:「樋上公実子 – Kumiko Higami official website

 今日は母の月命日。夜、他家の葬儀の終わったその足で住職に来てもらい、お勤めをしてもらった。活動的な方で、富山大空襲で被害に遭った民間人のための追悼の碑を作るよう、市に働きかけている。吾輩も賛成。富山大空襲では、軍需工場などではなく(軍人は避難)民間人の被害が圧倒的だったのだ。

続きを読む "プレミアムフライデーだってさ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/25

『里山資本主義』やら中村 弥作「 幼い記憶」など

 今日は火事に、じゃない、家事に専念。この数日の強風で家の外が心配で見て回ったら、案の定だった。車道沿いの出窓の庇に被せてあったトタンが破れ一部、出窓のほうへぶら下っていた! むろん、手で引き千切った。見ると、庇自体、古くてトタンの下の板切れが腐敗し始めている。
 腐敗しかけているのは、他にも何か所も。

516lb3hk1al__sx230_

← 塩田武士 作『罪の声』(講談社) グリコ森永事件の真相に迫った本。未読なのだが、この表紙の絵が気になった。調べてみたら、中村 弥氏による「 幼い記憶」という作品だった。「シェル美術賞2005」の入選作品。 (「シェル美術賞2005 受賞・入選作家一覧」参照。) この方の他の作品も観たくなった。

 家の外、他に日除けのシートをぶら下げている金具が外れかけていた。畑などの防草シートなども一部、剥がれていた。一番、心配だったパイプ車庫に被せてある防水シートだけは、無事だった。いつもながら、強風吹き荒れる翌日は、パイプ車庫自体が飛ばされていないか、心配でならない。

続きを読む "『里山資本主義』やら中村 弥作「 幼い記憶」など"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/21

早生まれの意味、生きることのなつかしさ

「早生まれの意味、生きることのなつかしさ」(02/05/24)

 小生がガキの頃、お袋がよく近所の人とかに「この子は早生まれだから…」と言うのを聞いた覚えがある。
 同時に、その言い方の中にかすかに言い訳がましいニュアンスが含まれていることを、幼いながらに感じていた。 
 鈍感な小生は、思春期も大分過ぎてから、ようやく「早生まれ」の意味が理解できるようになった。そして、何故にお袋が弁解口調で語っていたかの訳も。
 早生まれというのは、「1月1日から4月1日までに生まれた人のこと」である。この4月1日というのには、微妙な意味合いがある。「法律上で1歳年をとるのはいつかという区切りについては、民法第143条の《暦による計算》がその根拠となってい」るという。詳しくはこのサイトを参照してほしい。

続きを読む "早生まれの意味、生きることのなつかしさ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/19

日本は演歌と木造家屋

 作曲家の船村徹さん死去。村田英雄さんの「王将」、「別れの一本杉」(春日八郎)、「ひばりの佐渡情話」(美空ひばり)、「矢切の渡し」(細川たかし)、「みだれ髪」(美空ひばり)、「東京だよおっ母さん」(島倉千代子)などなど、きりがない。久しく、演歌……元気がないなー。

51swc0eml__sx230_

→ 「和モダンvol.9 木を生かした住まい

 正直言って、村田さん、春日さん、三橋さん、美空さんなど、生前は凄い歌手たちだなー感じつつ、ちょっと毛嫌いしていたような。でも、亡くなった途端、凄い歌手だったと、率直に認めるようになった。演歌臭ってのは、濃いからかな。ああ、リアルタイムでもっとじっくり視聴すればよかったと、懐メロ番組などを見ながらつくづく思ったものです。

続きを読む "日本は演歌と木造家屋"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧