2017/01/23

君はピエロ 僕もピエロ

 読書好きなら誰しも同じかもしれないけど、どんどん読みたい本が積みあがる。読んでる本の四倍の積読本。その数倍の読みたい本。そもそも遅読の自分なので、巨大な山を前にして、日暮れの道をよろよろやっと歩いているようです。

2016_2394

 マルコ・イアコボーニ著の『ミラーニューロンの発見―「物まね細胞」が明かす驚きの脳科学』を日曜日の未明、読了した。
 その感想めいた呟きは、下記する。

 今日も呟きを書き連ねるけれど、いつもと毛色の違った、やや感傷的な小文となった。
 というのも、小生が注目している画家の絵を観ながらの、絵の雰囲気に引きずられての、思いがけない呟きとなってしまったからである。

続きを読む "君はピエロ 僕もピエロ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/27

浅草 リオ カーニバル サンバダンサー 

 今年も8月23日(土)に浅草サンバカーニバルが開催された。
 自分の不注意だったのか、生憎、当日のニュースには、例年だったら恒例のように短時間とはいえ、報じられるカーニバルの模様が報じられなかった。あの広島の悲惨な状況があっては、仕方がないだろう。

2033

→ 「富山情報」(2014年08月27日 発行) 表紙を飾る美女は、サンバダンサーの牧聡子さん。高岡市生まれ。南米最大の真夏の祭典「リオのカーニバル」。彼女は、2012年と2014年の二度に渡り「スペシャルグループ」と呼ばれるブラジルの上位チームに所属。花形であるパシスタに選ばれたとか。 (画像は、「富山情報|媒体案内|株式会社カラフルカンパニー」より)

 ちなみに、「浅草サンバカーニバル」は、昭和56年の開始である。小生が上京しアルバイト生活ののち、港区海岸にある某輸出代行業の会社の社員として迎えられた年である。ある意味、東京生活の実質的な開始と同時に「浅草サンバカーニバル」も開始していた、という因縁(?)がある(← やや強引)。

続きを読む "浅草 リオ カーニバル サンバダンサー "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/23

草刈民代写真集『バレリーヌ』新聞広告写真を巡って

[2010年04月21日]
昨日、朝日新聞朝刊をパラパラ捲っていたら、一瞬、目を疑うような写真が。
何頁目かの一面を使って、草刈民代さんの全身ヌード写真が載っていたのだ。

2010_0420071003tonai0040

→ 20日付け朝日新聞朝刊に載っていた21日発売の写真集「バレリーヌ」(幻冬舎)の広告 (画像は、当該の広告を小生がデジカメで撮ったもの。綺麗な写り具合でなくて申し訳ない。同時に思うのは、新聞という性格柄、写真の真ん中で折込の痕があること。写真に対し、モデルの草刈さんに対し、ちょっと惜しまれる気がする。)


「昨年4月にバレリーナを引退し、女優に転身した草刈民代(44)が21日発売の写真集「バレリーヌ」(幻冬舎)で一糸まとわぬ裸身を披露」だとか。
(「草刈民代 集大成として全身ヌードを披露 - Ameba News [アメーバニュース]」参照)


フルヌードで、乳房も写されている。
公共性の高い新聞で、こんな広告が載るのかと妙な懸念。

でも、鍛え上げられた見事な肢体。
まさにアスリートのような無駄のない体。
抜群のプロポーションといった表現で形容できるレベルを遥かに超えている。

トップダンサーとは、かくも過酷なものなのかを痛感させる。

続きを読む "草刈民代写真集『バレリーヌ』新聞広告写真を巡って"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2010/01/10

2010年リベルダージ New Year Party のお知らせ!

 最新版!
2010年リベルダージ New Year Party のお知らせ!

 開催日が迫っています:2010年1月24日(日)

(「2010年リベルダージ New Year Party のお知らせ!」なる記事を既に提供していますが、上記は、その本家本元からの情報です。)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/04

雪の日や背を向けられしは我がことぞ ? !

 相変わらず慌しい日々を送っている。
 大晦日の紅白歌合戦も昨日、録画をダイジェスト版にして(つまり、早送りして)30分ほどに縮めて見る。

2010_0103071003tonai0007

→ 朝、いつものように茶の間のカーテンを開け、部屋に光を取り入れる。ついでに、雪の降り具合、積もり具合はどんなものか、確かめようとしたら、納屋への電線に鳥が止まっているのを発見。ハト?

 ほとんどの歌手が知らないか、興味を惹かない存在。
 まるで(自分が気が付かないうちに余人の世界と懸け離れてしまって)異邦人の街に迷い込んだようだ。


続きを読む "雪の日や背を向けられしは我がことぞ ? !"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/12/08

我が追っ駆け時代のこと

2010年リベルダージ New Year Party のお知らせ!」なる記事を書いた。

2009_1206071003tonai0008

→ 昨日(六日)、雨模様の一日だったが、不意に明るくなったなと思って、外を眺めたら虹! 慌てて窓を開けて撮影。

 かつては、サンバエスコーラ(チーム)リベルダージ(G.R.E.S.LIBERDADE)のメンバーであり、今は一人のファンとなった小生が勝手に宣伝するもの。

 東京在住時代、我がチームや贔屓の方のサンバパレードを追っ駆けしていたものだった。遅れた…遅すぎる青春?

 以下、05年の新年会での我が観劇(感激)記を一部割愛の上、転記して示す:


続きを読む "我が追っ駆け時代のこと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/28

初めての三枚おろし!

2009_0627071003tonai0017

→ マイケル・ジャクソンさん急死の報が昨日、飛び込んできた:「asahi.com(朝日新聞社):マイケル・ジャクソンさん急死 「スリラー」1億枚 - 文化」 「82年のアルバム「スリラー」で売り上げの世界記録を打ち立て、「ポップの帝王」と称された米歌手マイケル・ジャクソンさんが25日午後2時半(日本時間26日午前6時半)ごろ、米ロサンゼルスのカリフォルニア大ロサンゼルス校(UCLA)医療センターで死去した」…このニュースは世界中を駆け巡った。

 今日の午後、窓に虫除けネット張り作業。ついで、草むしり作業に取り掛かろうとした。
 そこへ、近所の方が通りかかった。

 なんだか、にこやかな顔。
 手に何やらぶら下げている。

続きを読む "初めての三枚おろし!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/27

「ブラジル不思議・探検」の周辺

 今日、ようやく(?)茶の間の炬燵を撤去した。
 老いた父母の体の都合を考え、いつ、撤去して夏向けの部屋に模様替えするか、様子見していた。
 今日、父母がデイサービスへ行って二人とも留守だし、富山は連日、30度を超えている。
 時折、父がエアコン(冷房)のスイッチを入れるし、幾らなんでも、もういいだろうと、今だとばかりに決行。

2009_0626071003tonai0009
← ツル性植物のサンパラソル。華麗な花が咲き、道行く方の目を楽しませているらしい。日除けというか、緑のカーテンのために植えた小生としては、開花もいいけど、早く窓辺まで育ってほしくてやきもきしている。

 布団やマット類を洗濯し、干し、茶の間を掃除し、炬燵の代わりに大きめの座卓を持ち出し、などなど一人でやると、なかなかの作業。汗だく。
 富山は連日、30度以上で、今日など乾燥注意報が出るほど。

続きを読む "「ブラジル不思議・探検」の周辺"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/24

09浅草カーニバルテーマ「アマゾン」の周辺散策

第29回浅草サンバカーニバル」も、もう間近である:
平成21年8月29日(土)13:30~18:00(予定)

 我がリベルダージ(G.R.E.S.LIBERDADE)の浅草に向けてのパレードテーマは、「アマゾン」だとか。
 さらに、「2009年度 エンヘード  「命の森 アマゾン」」と発表されている。
 エンヘードは、パレードのテーマ曲と思っておいていいだろう。

Tobirae

→ リベルダージ(G.R.E.S.LIBERDADE)の2009年度チラシ。

[以下、かつて、リベルダージ(G.R.E.S.LIBERDADE)のメンバーだったものとして、勝手な思いを書くだけであり、チームには文責は一切、ない。チームのパレードテーマ「アマゾン」に籠める気持ちや意味合いについては、「G.R.E.S. LIBERDADE---浅草サンバカーニバル:2008年 パレードテーマ---」なる頁などを覗いて確かめてほしい。]


09浅草カーニバルテーマ「アマゾン」の周辺散策」へ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/21

どうしようもナス

2009_0620071003tonai0020

→ 「富山県黒部市は15日、新潟県佐渡市から飛来し、同市に1か月滞在した雌のトキに住民票を発行することを明らかにした」という。「雌のトキは、地元の小学生らから愛称を「トキメキ」と名付けられた」とか。(画像は、NHKテレビのニュース映像から)

続きを読む "どうしようもナス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧