2017/12/08

立山連峰を眺め宇宙を想う

 今日は休みの日。
 朝、目覚めると、思いがけなくも快晴。やや風はあるものの、これは外出日和。ツーリング日和である。

1512633450043539

← 呉羽山の立山連峰観望エリアには、大正天皇の碑がある。明治42年10月1日、皇太子だった頃、この地を訪れた。漢詩「登呉羽山」を詠まれた。のち、この場所は御野立所と呼ばれる。昭和26年10月、先の漢詩の一部が歌碑となった(但し、現在の歌碑は平成14年10月に再建されたもの)。詳しくは、「呉羽丘陵とその周辺ぶらり見どころ」を参照のこと。

 といっても、実は生活のため、いろいろ経費が掛かっている。金策のための外出も必要。
 そこで、スクーターを駆って金策の旅に出ようと思い立った。ツーリングと言うにはあまりに野暮だが、必要に迫られているのだから、仕方がない。

続きを読む "立山連峰を眺め宇宙を想う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/04

無風快晴 桜ヶ池公園「自遊の森」へ

4150504393

←  オリヴァ-・スト-ン / ピ-タ-・J.カズニック著『オリバ-・スト-ンが語るもうひとつのアメリカ史 <1> 二つの世界大戦と原爆投下』(大田直子/鍛原多惠子/梶山あゆみ/吉田 三知世/高橋 璃子訳 ハヤカワ文庫NF)  「オリバー・ストーンによれば、自由の擁護者というアメリカのイメージは虚像に過ぎない。アメリカはかつてのローマ帝国や大英帝国と同じく人民を抑圧搾取する「帝国」なのだ。私たちはその真実の姿を今こそ知らねばならない」という。

 オリヴァ-・スト-ン / ピ-タ-・J.カズニック著の『オリバ-・スト-ンが語るもうひとつのアメリカ史 <1> 』を読了した。

続きを読む "無風快晴 桜ヶ池公園「自遊の森」へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/23

富山にゆかりの作家たち(東部編)

 先月末、待望のバイクを入手した。オートバイではなくスクーターなのだが、年齢(実は、停車時足が付くかどうか)を考えるとやむを得ない選択かもしれない。
 当初は、思い付きでミニツーリングを重ねてきたが、ややバイクにも慣れてきたので、本願に戻り、文学碑ツーリングをメインにバイクを楽しもうと考えている。 
 既に柏原兵三の「長い道」ツーリングを実行している
 以後、(実際には来春以降となるが)文学(芸術)家ツーリングを行っていくに際し、富山にはどんな作家らがいるか、まずはネット上などで総覧してみる。
 まずは、富山県の東部を中心に。

続きを読む "富山にゆかりの作家たち(東部編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/17

これは川ではない 滝だ

1510905645017963

→ 富山県にある一級河川の中でも一番の急流と言っていい(これは河ではない滝だ! とデ・レーケが驚いたとされる)常願寺川。その河原に行ってきた。対岸は、常西公園。「ヨハニス・デ・レーケ - Wikipediaによると、 ヨハニス・デ・レーケは、オランダ人の土木技師。いわゆるお雇い外国人として日本に招聘され、砂防や治山の工事を体系づけたことから「砂防の父」と称される。

続きを読む "これは川ではない 滝だ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/15

本は読みたしツーリングに行きたし

1510474228690016

→ 帰宅して、庭を見て回った。先月の台風による被害が随所に。ふと、隣家の壁際にひと群の花を発見。キク科の花か。去年までは目にしなかった。

 今日(9日)はお昼前、報恩講があった。一昨日は父の月命日。もしかして、この花を手向けよとの天の声なのか。

 目下の小さな悩みは、ツーリングに行きたや読書はしたし。快晴だと、出掛けたくてうずうずする。でも、次の連休は、幸か不幸か雨模様のよう。安心して(?)読書できる。
 晴行雨読! いいですね。ただ、来春までは畑仕事はしないけど、庭仕事はボチボチしないといけない。雨の日に外仕事はいやだし。つまり、晴れの日、外仕事かツーリングかの二者択一を迫られそうなことが来春以降に悩むかも。

続きを読む "本は読みたしツーリングに行きたし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/13

柏原兵三・前田普羅の面影を求めて(下)

5136hb5radl__sx354_bo1204203200_

← G. メレディス (著)『エゴイスト〈下〉』(朱牟田 夏雄 訳 岩波文庫) 出版社の内容案内によると、「人間の虚栄やうぬぼれに「喜劇精神」の光をあて、そのこっけいな姿に明るい笑いをあびせるメレディスの傑作。初期の漱石に影響を与えたといわれる」とか。

 G. メレディス 著の『エゴイスト〈下〉』を一昨日(9日)、読了した。
 上巻を読了し、下巻に写る際に、以下のように呟いている:
「読むのに手ごわさを感じているが、小説としては(テーマとしても)面白いので、間を置くことなく下巻へ突入。なお、なかなか人には読むことについては、推薦しづらい。チャレンジ精神のある方は、自己責任で読んでもらいたい」。

続きを読む "柏原兵三・前田普羅の面影を求めて(下) "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/10

柏原兵三・前田普羅の面影を求めて(上)

1510303229252183

→ バイクにも慣れてきたので、これからは観光地ツーリングじゃなく、富山県にゆかりの文学者(や俳人・芸術家らの碑など)を訪ねるツーリングにしていこうと思う。まずは、芥川賞作家で、疎開のため少年時代を入善町の小学校で過ごした柏原兵三の碑などを訪ねる旅。「『少年時代』の原作・柏原兵三『長い道』 - 藤子不二雄ファンはここにいる/koikesanの日記」によると、「藤子不二雄A先生の『少年時代』は、芥川賞作家・柏原兵三氏の自伝的小説『長い道』を原作にしたマンガであ」り、この「少年時代が映画化されたわけである。

続きを読む "柏原兵三・前田普羅の面影を求めて(上)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/08

原石を探しにヒスイ海岸へ

1510041372826748_2

→ 秋晴れのもと、立山連峰を眺めつつ、富山県の東、もう少し行くと新潟県との県境なる地、朝日町の宮崎海岸へわが愛車を駆って行ってきました。通称、ヒスイ海岸。ヒスイと言えば糸魚川が有名だけど、こちらも有名。「東西約4kmに連なる砂利の美しい海岸」で、ヒスイの原石が見つかる……かもしれない:「宮崎・境海岸(ヒスイ海岸)|観光スポット|とやま観光ナビ」参照。

続きを読む "原石を探しにヒスイ海岸へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/06

神通峡ミニツーリング(後編)

 中上健次 作の『千年の愉楽』 を相変わらず車中で読み続けている。

9784309403502

← 中上 健次 著『千年の愉楽』 (河出文庫―BUNGEI Collection)

 いそがしいわけじゃないけど、なかなか読み進められない。作者の圧倒的なパワー、生命力に自分の貧弱な感受力が負けてしまうのだ。時に下手なエロビデオなど敵わないようなエログロ、そして殺人(大概、女が犯され殺される、自殺願望があるかのように)の自暴自棄とも取れる鉄火場的場面が頻出する。

続きを読む "神通峡ミニツーリング(後編) "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/04

神通峡ミニツーリング(前編)

 先週末にバイクを入手して以来、新品タイヤの慣らし、自分自身の慣らしを含め、市街地周辺を巡ってきた。

1509694775107121

→ 神通挟の絶景をバイクで愛でて回るツーリングへ。今日は予想外の秋晴れ。これは出掛けなきゃね。これは、神通川を海辺から30キロほど遡った景勝の地にある神通川第二ダム(神二ダム)。「神二ダム - Wikipedia」参照。 

 三連休の最後の今日(金曜日)も、好天気に恵まれた。庭仕事は昨日(木曜日)に一段落させているので、今日は心置きなく、今のバイクでの初めてのミニツーリング。向かうは、神通峡である。

続きを読む "神通峡ミニツーリング(前編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧