2019/10/18

洗濯物…やまない雨はない

Heike_20191018201601 ← 『平家物語 全訳注〈3〉 (新版)』(杉本 圭三郎【訳】 講談社学術文庫) 「進撃する木曾義仲勢は一時は内通により敗れるも、あざやかな作戦で平家を倶利伽羅峠に打ち破る。平家は京、白河を焼き払い、「三種の神器」を持って福原、太宰府へと敗走」

 夕方、入浴の準備のために脱衣場に入ったら、床にナメクジ。台所では、折々見かけるけど、何故、脱衣場に? どうやって侵入した? 排水溝からは遥かな旅路だし、謎だ。
 洗濯物、干した途端に雨。部屋干し、面倒くさ。止まない雨はない。このままでもいっか。
 いつも玄関先に鎮座するバイク。車検。淋しい。

続きを読む "洗濯物…やまない雨はない"

| | コメント (0)

2019/10/15

十年ぶりの路面電車

Niji_20191015203401 ← 目取真 俊【著】『虹の鳥 (新装版)』(影書房)「基地の島に連なる憎しみと暴力。それはいつか奴らに向かうだろう。その姿を目にできれば全てが変わるという幻の虹の鳥を求め、夜の森へ疾走する二人。鋭い鳥の声が今、オキナワの闇を引き裂く」。

 昼前、ようやく重い腰を上げて、バイクを車検に出した。買ってから早くも2年が過ぎた。定年記念ということで、小冊子ながら本を出し、玄関前に車庫を設置し、車種の選択に半年迷った挙句、中古ながらもスズキのバイクを買った。

 乗った距離は多くはないが、夏場と冬場を除いて、月に二度ほど、往復百キロほどのミニツーリングを楽しんできた。未だに県外に出てない内弁慶なライダー生活である。
 店への往路はバイクだが、帰りは富山駅までは路面電車、駅からは歩き。ゆっくり普段は車からの車窓からしか見ない風景を眺めて。路面電車に乗るのも十年ぶりか。車か自転車の利用が多いので、なかなか乗る機会がない。車と違って、交差点を優先して走る。普段、苦々しく電車を眺めていたのが、逆の立場になって、なんとなく嬉しい。

続きを読む "十年ぶりの路面電車"

| | コメント (0)

2019/09/30

ダムは富山の象徴?

Kumano6 ← バイクを駆って、富山県(富山市)の奥地にある熊野川ダムへ。晴れているとはいえ、スタート時間は午後の3時をとっくに回っていた。 

  余談だが、熊野川ダムに到着寸前、ハプニングが。路上を小さな動物が駆けていく。大きめの猫……猫がこんなところに居るはずがない。見ると猪だった。子供の猪! 心臓がバクバクし出した。バイクのエンジン音に驚いて逃げ出したのだろうが、子供の猪が居るってことは、親だって近くに居るはず。親猪が襲ってきたらどうする? バイクに体当たりしてくるかも!

続きを読む "ダムは富山の象徴?"

| | コメント (0)

2019/09/15

「岩田長峯切り絵展」へ

 昨日も今日も庭仕事。剪定した枝葉を拾い集め、ポリ袋に収めるという作業を延々と。二日続けてとなると、結構、きつい。今日の午後はバイクを駆って展覧会へ。帰宅して町内会の雑用(集金)。そして庭仕事。合間に少々の読書。一休みしたら、夜半には読書したい。

1568545595201396 ← マラソンを観てから一服後、快晴微風の富山を東の果て近い朝日町にある、朝日町立ふるさと美術館へ。目当ては、「岩田長峯切り絵展」。明日が最終日だが、天気は下り坂。今日のうちに。富山市出身の岩田長峯氏の作品は、富山の者なら何処かしらで目にしている。「ふるさと切手シリーズ」や、先ほど開催された「おわら風の盆」の宣伝なのか、男女が踊る絵は、誰しも一度は見ているはず。

続きを読む "「岩田長峯切り絵展」へ"

| | コメント (0)

2019/09/01

これからがバイクの季節

1567310519505993 ← 午前中、バイクを駆って、入善の「下山芸術の森 発電所美術館」へ。ここへは、2回目(「下山芸術の森発電所美術館へ」参照)。お気に入りの美術館。「平井千香子 水狩りと金継ぎ」展。手前のバイクが我が愛車。

 午前9時過ぎに出発し、10時前に到着。一時間ほど滞在し、12時前には帰宅。かなり慌ただしいミニツーリング。まあ、3か月ぶりのバイクなので、慣らし運転といったところか。9時過ぎには涼しいほどだったが、10時近くには生暖かくなっていた。真夏の暑い時期は敬遠。これからがバイクの季節だ。

 一方、帰宅してからは、居眠りと読書。ツーリングもいいが、読書も。庭仕事は今日はパス。

続きを読む "これからがバイクの季節"

| | コメント (0)

2019/07/29

鈴鹿⒏耐を録画で観る

100123_xl ← 川端康成/著『千羽鶴』(新潮文庫) 「父の女と。女の娘と――。背徳と愛欲の関係を志野茶碗の美に重ねた、川端文学の極致」とか。「他に「波千鳥」(続千羽鶴)を収録する」。 

 一昨日から読み始めた。いかにも川端らしい繊細な表現。機微に渡る。なかなか妖しい世界。ある種の鬱陶しさがあるのだが、次第に魅入られていく。

 録画で鈴鹿の8耐を見ている。BSでほぼ8時間を延々と。すっかり遠ざかった世界だけど、画面で見る限り、熱気は今も。東京在住時代、バイクを駆って鈴鹿へ。行っても泊まる当てもなく、オールナイトの映画館で一晩を過ごしたこともある。炎天下、鈴鹿へのロングツーリングが吾輩にとっての8耐だった。

 拙稿「今日は鈴鹿サーキットが完成した日」など参照。

続きを読む "鈴鹿⒏耐を録画で観る"

| | コメント (0)

2019/05/25

タコとくればイカ では次は?

1558779706774780  ← 富山県の東の町、ヒスイ海岸でも有名な朝日町へ。最寄り駅は、境海岸駅。キャンプ場がありゴルフ場もある。食べ物では、タラ汁が名物。何軒かの食堂には、タラ汁の看板がでかでかと。ヒスイ海岸へは、昨年も来たので、今回はヒスイ目当てではない。「宮崎・境海岸(ヒスイ海岸)|観光スポット|とやま観光ナビ

 「令和最初の優勝は、西前頭8枚目の朝乃山(25=高砂)が飾った」(「朝乃山、高砂部屋力士では朝青龍以来9年ぶりの優勝 - 大相撲 日刊スポーツ」より)

続きを読む "タコとくればイカ では次は?"

| | コメント (0)

2019/05/13

顔を晒して働く

1557708682948234 ← ど根性苧環(おだまき)。

 車道沿いの垣根の薔薇。芽吹いてきた。もうひと息。ちょっと車道沿いの側溝などの落ち葉掃除。気が付いたら一時間半の庭仕事。名前は分からない、ある木、落ち葉が半端ねぇ。葉っぱの更新期なのか、葉っぱがどんどん散ってきりがない。犯人となる木は、2本なのだが、やたらと育っている。枝、思いっきり刈っちゃうか。
 朝方、上記したように、車道沿いの側溝を中心に、ある常緑樹からの落ち葉をせっせと拾って掃除したのに、午後の三時ごろ、買い物帰りに通りかかったら、見事に落ち葉、元通りに。次回の落ち葉掃除は、明後日。

続きを読む "顔を晒して働く"

| | コメント (0)

2019/05/11

大岩山日石寺……千厳渓へ

1557535775002306  ← 名前、また忘れた。ハルシオンだったか(ネッ友の方に教えていただいた。ハルジオン[春紫苑]だった。ハルシオンは薬の名前だ)。例年なら、生け垣の周辺に生えてきた正体不明の緑色の植物は、邪魔な雑草だとばかりに、芽の小さいうちに摘み取ってしまう。が、考えてみれば(考えてみるまでもなく)雑草が生け垣の足下、つまりは庭の外縁に育ってくれることで、庭の土の風雨などによる流出を防いでくれている。だから、多少は見映えがしなくとも、敢えてむしったりしないように心がけている。そのご褒美、報いだとばかりに、こうして可憐な花という眼福に恵まれているわけなのだろう。雑草退治は花の時季が終わり、花粉が飛び、受粉が住んでからにする。

続きを読む "大岩山日石寺……千厳渓へ"

| | コメント (0)

2019/04/18

苗字・名前の順がいい

 河野太郎外相が、昨日、外国語表記では、TARO KONO ではなく、KONO TARO と署名するのが持論だし、そうすべきと、記者らの前で表明したとか。この点については、賛成。我輩の持論でもある。名前(の表記)で、妙に卑屈になる慣習は、いつから作られてきたのか。この不自然さに慣らされてしまっていることに驚くべきだと思う。

 「氏名の英語の語順 変更も検討へ|NHK 首都圏のニュース」:

日本人の氏名の英語表記について、河野外務大臣は、欧米にならって名前から先に表記している現状を改めて、日本語のとおり、名字、名前の順にできないか、政府内で検討したいという考えを示しました。

 

続きを読む "苗字・名前の順がいい"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧