2024/02/29

再読は叶わぬ夢か

 ← 庭のあちこちに(恐らく)水仙の群が。厚い落ち葉や枯れ葉の堆積をものともせず。 (02/27 11:41) 28日の夜半過ぎ、車で町中を走ってたら、既に咲いてる水仙群に遭遇。日当たりの差なのか。 (02/29 12:23)

 仕事の車中でラジオからこんな情報が:「ヒッタイト王国の粘土板か 日本調査隊 トルコ古代遺跡から発掘 | NHK」(02/29 01:14)

 今朝、オーブンレンジを発注。15年ほど使ってきた電子レンジが草臥れてきたし、いよいよ吾輩の調理器具はほぼ電子レンジのみになりつつあるので買い替え。調理といえばラーメンくらいかな。現行の電子レンジは、15年余り前父と一緒に買ってきたもの。 (02/29 12:33)

続きを読む "再読は叶わぬ夢か"

| | コメント (0)

2024/02/21

依存症との戦いは長く険しそう

 ← カール・エリック・フィッシャー著『依存症と人類  われわれはアルコール・薬物と共存できるのか』(松本俊彦監訳/小田嶋由美子訳 みすず書房) 「依存症は「病気」なのか? それとも、差別や疎外に苦しむ者に刻印されたスティグマなのか――? 圧倒的な筆力で依存症をめぐるさまざまな神話を解体し、挫折と失敗に彩られた人類の依存症対策史をも詳らかにする。」

 カール・エリック・フィッシャー著の『依存症と人類  われわれはアルコール・薬物と共存できるのか』(松本俊彦監訳/小田嶋由美子訳 みすず書房)を一週間余りを費やして読了した。曲がりくねった長い、先の見えない道を旅した気分。

続きを読む "依存症との戦いは長く険しそう"

| | コメント (0)

2024/02/12

隣家との間の側溝が地震で破損

Balzac_20240212133901 ← シュテファン・ツヴァイク 著『バルザック(下)』(水野亮 訳) 「『マリー・アントワネット』『ジョゼフ・フーシェ』などで知られる伝記作家が五一年の生涯を情熱的に描いた遺作にして最高傑作。」

 今日は洗濯二度のあと、買い出しの日になった。水を箱買いし、冷凍食品を買い込んだ。いよいよ電子レンジが唯一の調理器具になりつつある。冬はまだ続くが、薪ストーブの活躍の機会は減りそう。納屋での柴作りに慌ただしかった日々も今冬は終わりに近いか。買い物もスーパー通いに加え、通販利用の機会が増えそう。注文して三日もしないうちに届くのが嬉しいというかビックリする。 (02/12 13:54)

続きを読む "隣家との間の側溝が地震で破損"

| | コメント (0)

2024/02/05

我が家にも黒板があった…

 ← このところ、ジェシカ・ワイン著の『数学者たちの黒板』を楽しんでいる。ふと我が家の黒板を思い出した。…ある部屋の片隅にひっそり佇む黒板。帰郷して間もないある日発見した。その時既に引退してた。現役でどんな活躍してたか知らない。そもそもチョークがない。家族の連絡用? 父が一時期凝った俳句の想を練った? 父は僧侶を招き、仲間と仏教の会を主宰した、その講義用?  この際、我輩が何かイタズラ書きするかな。間違っても薪ストーブの薪にしちゃアカンな。 (02/03 15:00)

 ジェシカ・ワイン著の『数学者たちの黒板』(草思社)だが、数学者や物理学者らの板書は(数式や記号もだが特に図形が)どんな絵画より吾輩の淀んだ脳ミソを刺激する。理解などしてなくていい。出来っこない。絵画だって我輩は理解はしてない。ひたすら感じ妄想し…そう、楽しんでる。 (02/03 14:34)

続きを読む "我が家にも黒板があった…"

| | コメント (0)

2023/11/02

今日は朝から大忙し

 ← 五来 重著『高野聖』( 角川ソフィア文庫) 「日本宗教史を変えた不朽の名著、ついに文庫化! 高野山を拠点に諸国を遊行した高野聖。彼らはいかに民衆に根ざした日本仏教を広め、仏教の礎を支えてきたのか。古代末期から中世の聖たちが果たした役割と、日本宗教の原始性を掘りおこした仏教民俗学の名著。」

 今日は朝から大忙し。朝の五時ごろに寝る吾輩にはきつい朝となった。

 まずは、九時前薪ストーブの導入に当たって業者が職人を伴ってきた。設置する部屋などの下見。それほど困難な工事にならないという感触。

 次いで、10時に台所の流しの蛇口の水漏れ(パッキンの擦り減り)の工事の(過日は下見)契約に(先日と同様)若い女性が来た。消費税が掛かって3万4千円余り。消費税が重い!

 実際の工事はまだ十日以上先。まだまだ水の滴りは続くわけである。

とにかく眠れるのがありがたい! その後、一眠りしてこのようにブログ日記をしたためている。読書はこれからできるかな。 (11/02 13:21)

 

続きを読む "今日は朝から大忙し"

| | コメント (0)

2023/10/24

ウエストのボタンが締まらない!

 ← 表の北東角の生け垣のホトトギス群生。車道沿いの柘植などに隠れて誰にも見てもらえない。 (10/23 19:00)

 今日も畑仕事。伐採した枝葉や枯れ葉などの片付け整理の2日目。日没で作業終了。まだかなり残ってる。落ち葉は植木の根元などに散り敷いた。かなりリッチな堆肥に。土壌が豊か過ぎて樹木がメタボになりそう。 (10/23 19:00)

 仕事の車中では、古井由吉の『半自叙伝』 (河出文庫)を読み出してる。再読。悲しいかな驚くほど初読感強い。逆に言えば楽しめてるとも?

続きを読む "ウエストのボタンが締まらない!"

| | コメント (0)

2023/10/23

うーん幸せ!

 ← ミシェル・ウエルベック作『滅ぼす 上』(河出書房新社) 「謎の国際テロが多発するなか、2027年フランス大統領選が行われ、経済大臣ブリュノと秘書官ポールはテレビタレントを擁立する。社会の分断と個人の幸福。フランス発の大ベストセラー。」

 目元というかややこめかみに近い辺りの腫れは、今日になってかなり鎮まってきた。となると、今日も庭や畑仕事。昨日は、砂利を台所の目の前に撒く作業に手間取り、畑の枝葉整理は捗らなかった。今日こそは。

 この二年ほど、薪ストーブあるいは達磨ストーブ導入で迷ってきた。相談する相手もいない。一人では考えがまとまらない。昨夜このままでは埒が明かないと、これまでのスマホ検索じゃなくパソコンで情報摂取。ようやく店の候補を発見。薪やペレットじゃなく、高温(800度)で枝葉をそのまま燃やせるタイプ。店にカタログ請求。自分の体もあと数年は動くだろう。枝葉を焚火できればそれでよかったのだが、富山じゃできないんだし、冬の寒さを超すにも役立つに違いない。 (10/23 14:30)

続きを読む "うーん幸せ!"

| | コメント (0)

2023/09/08

野暮用の日々

 ← 『物語 明治・大正を生きた女101人』(編:『歴史読本』編集部) 「激動の新時代と封建的抑圧が交錯する社会の中、どのようにして恋をつかみ、才能を開花させ、因習の打破に挑戦し、志を成就させていったのか。自らの意志を毅然と貫き通し、後世にその足跡を刻んだ人生を活写する」

 7日(木)、スマホの買い替えのため、携帯ショップへ。ショップの方の努力にも関わらず、切り替えの手続きに手間取り(暗証番号やIDが不明など)、さらに、スマホの切り替えの特典も吾輩のスマホには使えない云々で、到頭当日は保留になった。下手すると正価でしか買えないかも。後日、改めて。

 我がスマホにノートンの販売攻勢が凄まじい。早く縁を切りたい。

続きを読む "野暮用の日々"

| | コメント (0)

2023/08/17

この齢になって殊勝に

 ← 古賀 茂明著『分断と凋落の日本』(講談社BOOK倶楽部) 「安倍政権がもたらした「分断と凋落」から日本を救う道はあるのか?」

『安田 善次郎 大富豪になる方法』 (新・教養の大陸シリーズ)をとりあえず読みたい本登録した。何が読むに値するのかわからない。

 富山県人としては、郷土の偉人は少しは知っておかないと。暗殺された人物。この齢になって殊勝に…… (08/15 15:21)

 石島 亜由美著の『妾と愛人のフェミニズム: 近・現代の一夫一婦の裏面史』を読み出している。抽象的な論議だと退屈。森鴎外や円地文子、尾崎紅葉などの作品をネタに論究すると俄然面白くなってくる。 (08/15 21:29)

続きを読む "この齢になって殊勝に"

| | コメント (0)

2023/06/14

眼高手高の稀有な書き手

 ← 森崎和江著『からゆきさん 異国に売られた少女たち』(朝日文庫) 「戦前の日本で、貧しさゆえに外国の娼館に売られた少女たちがいた。国外に売られ、狂死したキミ。南方で財をなし、壮絶な自殺を遂げたヨシ。綿密な取材と膨大な資料をもとに、ふたりの からゆきさん の人生を綴った傑作ノンフィクション」 

 森崎和江著の『からゆきさん 異国に売られた少女たち』を13日(火)読了。

 ノンフィクション作家の森崎和江さんが2022年6月に急逝。ということで、代表作『からゆきさん』(朝日文庫)が緊急重版となったもの。原書は1980年に朝日新聞社より刊。

続きを読む "眼高手高の稀有な書き手"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧