2018/02/15

春一番がバレンタインデープレゼント

 昨日14日、富山(北陸)に、春一番! 何よりのバレンタインデープレゼントである。

9784309464176

← ミシェル・ウエルベック 著『ある島の可能性』(中村 佳子 訳 河出文庫) 出版社の内容案内によると、「辛口コメディアンのダニエルはカルト教団に遺伝子を託す。二千年後ユーモアや性愛の失われた世界で生き続けるネオ・ヒューマンたち。現代と未来が交互に語られるSF的長篇」とか。

 ミシェル・ウエルベック 著の『ある島の可能性』を読み始めた。
 彼の本を読むのは、三冊目か。
 拙稿の「ウエルベック著『素粒子』と文学の命」や「ウエルベックの「地図と領土」にウィリアム・モリス!」など参照。

続きを読む "春一番がバレンタインデープレゼント"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/14

雪搔きにめげず 読書も

279033_2

← 山田 朗 著『昭和天皇の戦争』(岩波書店) 

 山田朗著の『昭和天皇の戦争』を読み始めている。
 副題が、「「昭和天皇実録」に残されたこと・消されたこと 「実録」から浮かび上がる「大元帥」の実像」となっている。
 出版社による内容案内によると、「軍部の独断専行に心を痛めつつ,最後は「聖断」によって日本を破滅の淵からすくった平和主義者――多くの人が昭和天皇に対して抱くイメージははたして真実だろうか.昭和天皇研究の第一人者が従来の知見と照らし合わせながら「昭和天皇実録」を読み解き,「大元帥」としてアジア太平洋戦争を指導・推進した天皇の実像を明らかにする」とある。

続きを読む "雪搔きにめげず 読書も"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/02/06

今福龍太『ハーフ・ブリード』の示すメキシコ

1517816716394374

← 朝までに10センチほどに。その後は、降ったりやんだり。午後も遅くなって雪の勢いが強くなってきた。粒の大きな、積もる雪。明朝までには、数十センチだろうな。気温もマイナス数度。一旦降った雪は融けずに積もる一方。

 午後の2時ころ(外出前)、4時ころ(買い物や銭湯からの帰宅直後)に除雪。やれやれ。ところが、七時ころ外を観たら、元の木阿弥。今日、三度目の除雪。けれど、九時ころには、除雪の後はきれいさっぱり消えてしまって、一層、深く積もっていた。まだまだ積もりそう。

続きを読む "今福龍太『ハーフ・ブリード』の示すメキシコ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/30

呪縛の構図・ハーフブリード

9784309248301

← 今福 龍太 著『ハーフ・ブリード』(河出書房新社)

 我が家は、なぜか陽光に背を向けるように日中は日がほとんど当たらない。庭に日が当たるはずの場所には蔵が建っていて、遮っている。なので、雪を少しでも日の当たる場所へ移動させない。  そうしないと、次の寒波で雪が積み重なってしまう。

 一昨年、昨年と異常に雪が少なかった。お蔭で除雪の労苦は最小で済んだが、今年は雪国富山らしい雪搔きの日々。運動にはなっているが、本を読めないのが辛い。読もうと思っても、二頁も読まないうちに目が閉じていく。

続きを読む "呪縛の構図・ハーフブリード"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/22

『日本‐呪縛の構図』の周辺を走ってみる

Mnm96

→ 南桂子作「女の子と鳥」(1964年) 何処か富山を想わせる世界。(画像は、「香希画廊公式サイト」より) 拙稿「「南桂子と谷川俊太郎展」の周辺」参照のこと。

 つい先日、寒波が峠を越したころ、「来週には、今回の寒波と同等かそれ以上の寒波が襲来するとか。弱いを重ねるごとに、段々、越冬という言葉がリアルに感じられてくる」などと呟いた。
 明日にもまた強烈な寒波が襲来するようだ。

 近所の方が亡くなられた。師走にも近所の方が二人、亡くなられている。いずれも、ご年配の方で、天寿を全うされたと思いたい。合掌。

続きを読む "『日本‐呪縛の構図』の周辺を走ってみる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/07

吉野源三郎『君たちはどう生きるか』の問うもの

Ya3_gif

→ 孤高の画家・高島野十郎「壺とりんご」 拙稿「孤高の人・高島野十郎 
 ペットボトル、リサイクル資材ということで、スーパーなどへ。そのボトルのCMフィルム。手で、ハサミで破り取っていたけど、何処から破るかの目印があることに、今日、初めて気が付いた。もっと早く教えてほしかった。これからは、ラッピングフィルムを剥がすのが楽しくなりそう!

 このところ、吉野源三郎『君たちはどう生きるか』が話題になっている。いかにも時代を感じさせるのは、漫画本の形で。

続きを読む "吉野源三郎『君たちはどう生きるか』の問うもの"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/31

イザベラ・バード著『朝鮮紀行』読了

Photo

← イザベラ・L・バード【著】『朝鮮紀行―英国婦人の見た李朝末期』(時岡 敬子【訳】講談社学術文庫) 「イザベラ・バード著の『朝鮮紀行』を読み始めた」など参照。

 イザベラ・L・バード著の『朝鮮紀行―英国婦人の見た李朝末期』を二週間余りを費やして、本日(30日)読了した。
 実に読みごたえがあったのは、この数年前に読んだ、イザベラ・バード 著の『日本奥地紀行 』と同様、あるいはそれ以上か(拙稿「イザベラ・バード『日本奥地紀行』を読む(前編)」など参照のこと)。

続きを読む "イザベラ・バード著『朝鮮紀行』読了"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/13

イザベラ・バード著の『朝鮮紀行』を読み始めた

 富山は(富山だけじゃないけど)昨夕から一気に雪国に。今冬はラニーニャ現象もあり、本格的な冬になりそう。辛い。生き延びないと。

Bird

← イザベラ・L・バード【著】『朝鮮紀行―英国婦人の見た李朝末期』(時岡 敬子【訳】講談社学術文庫)

 福井などは積雪が数十センチとか。偏西風の蛇行の影響は、日本の何処に寒波や雪雲を襲来させるか予断を許さない。
 今年は、カーポートを玄関前に設置。少しは雪への対応ができていると思いたい……な。

続きを読む "イザベラ・バード著の『朝鮮紀行』を読み始めた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/26

久しぶりの虹

 朝まで降っていた雨も、日が出たころにはすっかりあがった。網戸から流れ込む空気が涼しい。気温は昨日と同じほどの25度らしいけど、湿度がまるで違う。湿度の差って、想像以上だ。となると、昨夜は自制した洗濯を開始。干す。外に干す! 爽快! お天道様、ありがとね!

 今年は北日本や北陸と、東日本などとは大きく気候が違うようですね。こんな変てこな天気は初めてのような気がします。富山、今日は爽快でした。そんな天気の中、夕方、せっせと庭仕事。西の空は茜に染まって、いい雰囲気。カメラを手に夕景を撮りに行きたくなりました。

続きを読む "久しぶりの虹"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/08/09

核兵器は生命一般への脅威であり敵である(後篇)

 本稿で問いたいのは、原爆とは何か、である(原爆のメカニズム、といった意味合いではなく)。
 原爆は、理由はともかくとして、敵国に投下された。

Dsc_0247

← 原爆ドーム。8月5日撮影。

 敵国の軍隊や軍需施設、あるいはむしろ、民間人を一挙に殲滅するために投下されたものである。
 では、原爆は、一般のナイフや拳銃、機関銃、大砲、ミサイルなどとどこが違うのか。単に規模なのか。
 一発で巨大な威力を発揮するという意味で、効率性が高い、という点が違うのか。
 ナイフにしろ、機関銃や大砲にしろ、基本的に敵を狙うものである。

続きを読む "核兵器は生命一般への脅威であり敵である(後篇) "

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧