2021/01/16

スタインベック『チャーリーとの旅』にアメリカの病根を知る

Popuka_20210116202401  ← ジョン・スタインベック著『チャーリーとの旅』(竹内 真訳 ポプラ社 2007年3月)「58歳の転機。人気作家スタインベックが愛犬チャーリーと旅に出た。アメリカ一周・16000キロ! まるで人生そのもののような旅が始まる!」

 ジョン・スタインベック著の『チャーリーとの旅』を本夕読了した。本書については、昨日、以下のように書いた:
 原書は1962年刊の本。スタインベックは1968に死去。58歳になって目的地のない旅を決断。本書を読んで感じるのは、フレンドリーでオープンな性格。旅先のあちこちで見ず知らずの人と出会い、コーヒーで語らい酒を酌み交わす。決して人間嫌いがゆえに当てのない長旅に出たのではない。あくまで天性の放浪癖。アメリカという移民国家は、大半の国民は、親か祖父母の世代はヨーロッパなどからの移民。ルーツはアメリカにはない。根付いていない。

続きを読む "スタインベック『チャーリーとの旅』にアメリカの病根を知る"

| | コメント (0)

2021/01/13

圧雪に潰れた車庫から車 本日脱出

Darwin_20210113204401  ← チャールズ・ロバート・ダーウィン著『人及び動物の表情について』(浜中浜太郎訳 岩波文庫 1931年刊)「さまざまな種類の動物や人間の表情について,解剖,宗教,言語,心理学など諸方面からの多数の観察例をもとに動物から人間までを進化論的に論じた著作.表情の研究としても貴重な文献であり,比較心理学・動物心理学の先駆をなす」

 

 日々、一人きりの単調極まる生活。潤いの欠片もない。誰か苦労を分かち合える相手が欲しい。正直な気持ちだ。そろそろ限界かもしれない。でも、人に甘えることができない性分。雪で倒壊したパイプ車庫からの車の脱出作業。誰か一人でも助けてくれたと思う。が、そんな人間が一人もいない。ま、自業自得なんだろうね。
 あくまでリアルな世界では誰も知らないからこその呟き。現実には愚痴を言う場は皆無。

続きを読む "圧雪に潰れた車庫から車 本日脱出"

| | コメント (0)

2021/01/10

雪との格闘 歩数計は1万超え

Branch_20210110204001  ← フィリップ・ボール著『枝分かれ──自然が創り出す美しいパターン3』(桃井 緑美子訳 早川書房)「物や事象が成長するときの〝分岐〟の法則を追究する。雪の結晶、ガラスの亀裂、河川、葉脈、道路網、そして人間関係のネットワークに潜む原理を求め、熱力学、フラクタル、グラフ理論からアプローチ。エピローグでは自然が織りなすパターンの真理を一挙総括」

  昨夜、二頁も読まないうちに寝落ち。睡魔より疲労で読む気力が湧かない。今日の日中は、ずっとその繰り返し。

  フィリップ・ボール著の『枝分かれ──自然が創り出す美しいパターン3』を昨日読了。

続きを読む "雪との格闘 歩数計は1万超え"

| | コメント (0)

2021/01/05

消費税を福祉目的税に

246965 ← シュヴァイツェル 著『水と原生林のはざまで』(野村 実 訳 岩波文庫)「教職とオルガンを捨て,医師としてアフリカの仏領ガボンに渡り,水と原生林のあいだに初めて小さな病院を建てたのはシュヴァイツェル(一八七五‐一九六五)三七歳の時であった.妻と共に原住民の医療に従事すること四年半,第一次アフリカ滞在の記録」

 フィリップ・ボール著の『枝分かれ──自然が創り出す美しいパターン3』(桃井 緑美子訳 早川書房)を読みだした。ダーウィン著の「人及び動物の表情について」を読み出してるのだが、旧字体に目がちらついてきた。口直しならぬ目直しに、本書に手を出した。三部作の読み残し。古書店で見付けた。7年前の本で、もう古書扱い。なんだか淋しい。

続きを読む "消費税を福祉目的税に"

| | コメント (0)

2021/01/03

除雪は経費不要のダイエット

Hera_20210103203801 ← エルヴィン・シャルガフ著『ヘラクレイトスの火 自然科学者の回想的文明批判』 (村上陽一郎 同時代ライブラリ-)「分子生物学の誕生と生化学の確立に深くかかわった科学者が自らの研究生活を回想し、現代科学文明を鋭く批判、そのあるべき姿を示す。(中略)「青春の文学」とまで評価された自叙伝の名著」

 エルヴィン・シャルガフ著の『ヘラクレイトスの火 自然科学者の回想的文明批判』を一昨日読了した。ワトソンとクリックがDNA二重らせん構造を提唱したが、そのお膳立てをしたと言っていい、生化学者、分子生物学者。だが、尋常じゃない素養の持ち主だった。十数か国語を操る。原典主義。原著者の表現表記をとことん尊重する。自負している業績ほどには評価されてないようだ。長く務めたコロンビア大学からも定年で普通にさよならされた。本人としてはもっと厚遇されてしかるべきと思っていたようだ。古き良き手応えのある時代の科学者。彼は科学者と専門家とは峻別している。科学者は自然に向き合う存在。対して専門家は際限もなく細分化される科学の小さなタコ壺に安閑とする存在にすぎない。

続きを読む "除雪は経費不要のダイエット"

| | コメント (0)

2021/01/01

元旦から除雪3回

Yuki_20210101203401 ← 明けましておめでとうございます。本年もよろしく! 雪景色。眺めるぶんには風情がある。が、景色の中にいると感じることが多々ある。昨夜半過ぎ仕事から帰宅。庭の積雪は大したことなし。20センチほど。車を庭に入れるため、40分ほどスノーダンプで除雪。汗が滲む前に済ませられた。

 

 明けましておめでとうございます。師走も会社の仕事に庭仕事 さらに除雪も加わった中では 思ったより読めたかな。今月も漱石全集を柱の読書。まだまだ続く。


2020年12月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:4699ページ
ナイス数:8316ナイス
★先月に読んだ本一覧はこちら→ 「2020年12月の読書メーター

 

続きを読む "元旦から除雪3回"

| | コメント (0)

2020/12/27

ガルシア=マルケス『誘拐』に満腹

Yuai_20201227204301 ← ガブリエル・ガルシア=マルケス【著】『誘拐』(旦 敬介【訳】 角川春樹事務所(1997/12発売)) 「マルーハ・パチョンとアルベルト・ビヤミサル夫妻は、一九九三年の十月、六か月におよぶ彼女の誘拐中の経験と、彼女を解放させるまでに夫がたどった経緯を本にまとめたらどうかと私のところに話をもちかけてきた。(中略)きわめて巧妙に選ばれた十人の人間がひとつの集団として、ひとつの誘拐団によって、たったひとつの目的のために誘拐された事件だったのだ」

  ガブリエル・ガルシア=マルケス著の『誘拐』を読了した。先々週から仕事の合間に読み始めていたのだが、昨日は、他にも本を持参していたのだが、本書の続きを読み始めたらやめられなくなった。仕事があまりに暇で、仕事の合間に本を読むんじゃなく、読む合間に時折仕事が入るという惨状。残りの160頁ほどを車中で110頁ほど、残りを自宅で。

続きを読む "ガルシア=マルケス『誘拐』に満腹"

| | コメント (0)

2020/12/24

風呂場の修理完了だよ

Willem_de_kooning ← ウィレム・デ・クーニング「Litho -2」 (「ウィレム・デ・クーニング - Wikipedia」)

 本日は幸いにしてお日柄もよく お風呂場の工事は順調に進むものと期待してます。今夕には まともな入浴が出来るかと(朝の呟き)。
 ガス風呂、工事終了。先程 入浴。久しぶりに自宅の温かい風呂。工事の間、煩いし人の動きも気になるので、晴れてたし、庭仕事。チェーンソーを使い、脚立に登って木の天辺を伐採。裏庭はほぼ完了。伐採作業が終わった頃、風呂工事も終了。早速、入浴した(午後五時前の呟き)。

続きを読む "風呂場の修理完了だよ"

| | コメント (0)

2020/12/06

漱石「思い出す事など」にしみじみと

Guide ← メラニー・ミッチェル著『ガイドツアー複雑系の世界―サンタフェ研究所講義ノートから』(高橋 洋【訳】 紀伊國屋書店)「ヒトの脳に存在する何兆ものニューロンという「物質」は、いかに「意識」のような複雑な現象を生みだすのか?免疫系、インターネット、国際経済、ヒトのゲノム―これらが自己組織化する構造を導いているものは何か?一匹では単純に振る舞うアリが、グループを形成すると、ある目的のために統率された集団行動がとれるのはなぜか?」

 庭木の伐採作業をやるたびに思う。枝葉は毎年 嫌ってほど出る。葉っぱや雑草はともかく、枝は燃やしたい……そう、焚き火はダメだが、薪ストーブで。晩秋から初冬は、今年こそ煖炉を……。納屋に枝を一杯 貯めておいて、多少は薪を買っておいて、薪ストーブのある生活。あくまでただの夢か、正夢となるか。

続きを読む "漱石「思い出す事など」にしみじみと"

| | コメント (0)

2020/12/04

マコ 甘えてばかりで ごめんネ

Gomon ← アリス・モース・アール/エドワード・ペーソン・エヴァンズ著『拷問と刑罰の中世史』(神鳥 奈穂子 /佐伯 雄一(訳)青弓社(1995/12発売))「残虐きわまる拷問、戦慄が走る刑罰。足枷、水責め、緋文字、猿轡など、およそ考えつくかぎりの身体刑が席巻した暗黒の中世ヨーロッパと新大陸の世界を、多数のエピソードと社会的背景の考察に、近代の刑罰学との比較もまじえて照射する」「約100年前に書かれた文章の翻訳」

 間もなく雪の季節。バイクは乗らない。冬篭りの前に、バイクの点検のためバイク店へ。作業の間、お喋り一時間あまり。バイクの話から何故か政治談義。店主はトランプ(共和党)やアベ好き。ま、こういう奴等を好きな気持ちは分かる。民主党にしても共和党にしても金持ちのためにある。どうやっても貧富の差は拡大するのみ。戦争でもないと、この構図は変わりそうにないのは、悲劇としか言いようがない。
 バイク、洗ってないねと指摘された。昔は日曜日などに洗うのが楽しみだったっけ。そんな元気はもうないんだなー。バイクが可哀想。

続きを読む "マコ 甘えてばかりで ごめんネ"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧