2017/02/14

ルサンチマンが夢の中にも ? !

 通院している内科の医院へ。血圧良好(これだけが自慢)。血糖値、やや改善するも危うい数値。体重、相変わらず多すぎる。やはり、運動あるのみ!

615bm3dr46l__sx230_

← D・Hロレンス 『黙示録論』 (ちくま学芸文庫) 内容案内によると、「「黙示録」は抑圧が生んだ、歪んだ自尊と復讐の書といわれる。自らを不当に迫害されていると考える弱者の、歪曲された優越意思と劣等感とを示すこの書は、西欧世界で長く人々の支配慾と権力慾を支えてきた」とか。多くの感想に見られるが、ニーチェ的なルサンチマンの書のように感じている。キリスト教の宗教思想の根幹にかかわる。けれど、黙示録はユダヤ人が記したものではないのか。ユダヤ人が欧米(今や世界)において、嫌われ恐れられ、忌避されつつも、今に至るも(あるいは一層)影響力や存在感を示しているのは、こうした怨念あるいは執念にも似た排他的な選民思想が徹底しているからなのだろう。弱者の自己保身の典型の発想なのか。優秀だが、とんでもなくえげつない民族なのだ。しかも、このルサンチマンの情念は他民族やキリスト教など他宗教にも強烈に影響し、相互に反射しまくっている。アメリカのトランプ大統領が、アメリカ大使館をエルサレムに移すなんて、喚いているが、アメリカのユダヤ(イスラエル)シフトが露骨になると、世界は荒れるだろうなー。いや、ホントに怖い!

 運動については、散歩がいいというけど、近所の風景はつまらない。味気ない。東京のように散歩したら面白いとかは期待薄。富山ならではの自然風景もここは乏しい。

続きを読む "ルサンチマンが夢の中にも ? !"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/12

『六国史』の周辺を辿るも夢の中へ

 ふと、部屋の中を見渡してみると、隅々に綿埃が溜っている。

102362

← 遠藤慶太 著『六国史―日本書紀に始まる古代の「正史」』(中公新書) 

 そろそろ掃除しないとね。吾輩は、綿埃が溜まり、指で抓むことができ、且つ、抓んだらそれなりの厚みを指先に感じると、掃除の開始の合図としている。ってことは、やはり、掃除しないといけないか。今年最初の掃除、やるしかないか。

 遠藤慶太著の『六国史―日本書紀に始まる古代の「正史」』を読み始めた。

続きを読む "『六国史』の周辺を辿るも夢の中へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/02/04

ナマズ ワニ サルに追われて

 つい先日の夢。登場したのは、なんと、ナマズにワニに子ザル。ドアを開けたら、生け簀ほどのプールにこいつらが。ドアから出ていきたいけど、子ザルも追っかけて来ようとするので、出ていけない。最悪の夢だ。何の因果なんだ?

Dsc_0452

→  岩瀬浜へ行ってきた。今年一番のくっきり立山連峰の雄姿を見たくて、撮りたくて。富山湾の浜辺は、立山連峰を観望する絶好のスポット。

 何かの夢の中で、自分は、なぜか心ならずも開かずの扉の向こう側の部屋に入り込んでしまった。
 薄暗い、狭っ苦しい、陰気な部屋。最初は薄ぼんやりして分からなかったが、コンクリート打ちっぱなしっぽいその部屋の真ん中に畳で言えば三畳ほどの長方形の生け簀っぽいプールがある。

続きを読む "ナマズ ワニ サルに追われて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/04

喰っちゃ寝だけじゃない!

 年末年始は、粗食に徹した。冷蔵庫の残り物やカップ麵、パックの御飯などなど。でも、昨夜、突如、焼きそばが食べたいという衝動というか発作が。で、今朝、早速スーパーへ。買うときは三人前。それを二回に分けて食べる。となると、翌日も休みの時でないと実行できない。

Dsc_0414

→ 昨日買ってきたシルバー色のシートを車庫の天井に張った。一人での作業なので、そもそもシートを屋根に被せるのが一苦労。冷や汗なのか、あと、庭木のための杭打ち作業もしたからか、汗びっしょりになった。とりあえず、雨漏りだけは避けられる。

 発作的に食べたくなるもの。滅多に食べないけど、というものに、トーストがある。普段は、電子レンジを使うものか、スーパーの調理品ばかり。なので、簡単でも自分で調理したものを食べたくなるのだ。トーストが調理と言えるかどうかは微妙だが。

続きを読む "喰っちゃ寝だけじゃない!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/10/18

6年前の水

 家には電動給油ポットがあったが、親戚の者がこれは電気代がバカにならないと言われ、ビニール袋をかぶせて封印。でも、昨夜、ペットボトルのお茶を電子レンジで温めるくらいなら、ポットでお湯を沸かしてお茶を飲んだほうが美味しいかなって思った(暖房にもなるし)。

000000816972016_01_580

←  レイ・カーツワイル[著] 『シンギュラリティは近い [エッセンス版]  人類が生命を超越するとき 』( NHK出版[編] ) 「未来学者として技術的特異点の到来をいち早く予見し、人工知能(AI)の世界的権威として現在はGoogle社でAI開発の先頭に立つレイ・カーツワイル。彼が世界に衝撃を与えた名著『ポスト・ヒューマン誕生』(2007年小社刊)のエッセンスが一冊に! AIが人類の知性を上回り、私たちは生物の限界を超えてついにシンギュラリティへと到達する──」といった本。知能もだが、人間の肉体も、血液のみならず、内臓も脳も何もかもが人工のものに変えられていく。肉体は不滅となり、原理的には死がなくなる可能性も。気になる皮膚(感覚)さえも、人工の物で代用可能となる。食べる楽しみや、Hの感覚はギリギリまで人間は手放さないかもしれない、という懸念にも答えている。

 それで、電気ポットを引っ張り出したんだけど、なんと、水が入っていた。中身を空っぽにしないで仕舞っていた! 当然、水には虫の死骸やら、赤さびやらで汚れきっている。それはそれとして、中の水は6年前の夏の水なんだなって、妙な感慨を抱いた。その夏、父母が亡くなったのだ。

Dsc_0332

→ 一昨日訪れた富山県内の某所。柿の栽培集荷で有名な地。ここに至る道がなかなかのドライブコース。ライダーだったかつての自分だったら、ツーリングに行っただろうなー。まだ知らない素敵な林道がいっぱい。もっと県内を知りたいな。

 今朝未明、奇妙な夢で目覚めた。夢に、あの日本ハムの二刀流の大谷選手が! どうやら、ファンサービスをしているらしく、スタンド脇のグランドでキャッチボール……遠投を披露している。私はグラウンドの三塁とホームペースのライン近くに立って見物している。

9784309253558

← シンシア・バーネット 著『雨の自然誌』(東郷 えりか 訳 河出書房新社) 「雨という身近な自然現象を、惑星・地球科学から、考古学や歴史・文化・文学にいたるまで、きわめて幅広く、細部と深淵を解き明かす画期的な名著。環境問題を背景に、現代の問題も探る」といった本。日本の雨にも言及されているが、主にアメリカなどが視野の中心。雨を情緒的に捉える傾向は薄い。むしろ、(古代以来、特に近年の)人間活動と気象変動との関連に問題意識の焦点が合っているようだ。本の題名から、往年の名著である本書を連想してしまった(但し、邦題は訳者らによって命名されたものだが)。何とか読み返してみたいものだ。

 大谷選手の投げたボールが、暴投気味になり、こっちのほうへ飛んできて、何かにぶつかり、スタンドの塀のほうへ跳ね返っていく。私は、大谷投手の投げたボールを拾うチャンスが一瞬、生まれた。が、自分には拾う勇気が出ず、突っ立ったままなのである。

9784309461588

← ライアル・ワトソン 著『風の博物誌 上・下』(木幡 和枝 訳 河出文庫) 「風は地球に生命を与える天の息である。“見えないもの”の様々な姿を、諸科学・思想・文学を駆使して描き、トータルな視点からユニークな生命観を展開する、“不思議な力”の博物誌」といった本。上掲の本の題名から、往年の名著である本書を連想してしまった(但し、邦題は訳者らによって命名されたものだが)。

 ああ、目の前のチャンスをみすみす見逃してしまった……またも……というところで目が覚めたのだ。  [なぜ、夢に大谷選手が現れたのか。球速165キロを叩き出した彼に注目しているのは私とて例外じゃない。それにしてお……もしかして、タイプ? ただ、大谷投手のボールは、暴投じゃなく、意図的なものを夢の中でも感じていたのは確か。] 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/05/13

夢のない夢の話

 この頃、妙な夢を繰り返し見る。

Dsc_0128

→ 久々の三連休。初日は畑や庭仕事に汗だくで頑張った。ようやく、ナスやキュウリ、トマト、スイカ、トウモロコシなどの苗を植え、ホッと一息。その後遺症か、翌日の雨を幸いに残りは完全休養。休みすぎて、2キロ、太ってしまった!

 細切れに寝ているからだろう、日に何度も夢で目覚める。翌日が仕事じゃなく、休みの日だったりすると、リクライニングチェアに体を預けるようにして寝るからだろうか。
 大概は、目覚めた瞬間に忘れてしまう。思い出そうと努めることもあるが、あまりに断片的な末期の映像なので、脈絡も分からず、思い返す意味がないと感じる。

続きを読む "夢のない夢の話"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016/05/06

影のない女

 追われている。
 どこの誰とも知らない女に。

2016_079

 なぜ、追ってくるのか分からない。
 まさか、このオレを慕って?
 そんなわけがない。
 生まれてこの方、一度だってそんなことはなかった。
 誰一人、オレに関心を抱いた女などいなかった。いや、そもそもこの世にオレに振り向く人など、いたためしがないのだ。

続きを読む "影のない女"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/04/24

前日の夢の続き(?)を見た

 まるで数日前に見た夢の続きであるかのような夢を昨日の朝…未明に見て起きた。

51ffvx9gv5l__sx230_

← ジャン ジュネ (著)『泥棒日記』 (朝吹 三吉 (翻訳)  新潮文庫)  土曜日に読了。「言語の力によって現実世界の価値をことごとく転倒させ、幻想と夢魔のイメージで描き出される壮麗な倒錯の世界」とあるが、やはり、特異な才能の際立つ作品だ。

 続きと言っても、何かのストーリーが続いているわけではない。
 
 同じような構造のマンションかホテルの一室に私はいる。
 部屋の作りも同じだったような。
 廊下を挟んで両側にワンルームタイプの部屋が続く。
 私は、前回と同じような位置の部屋。

続きを読む "前日の夢の続き(?)を見た"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/04/22

今朝見た、意味不明な夢

 何処かのホテルかマンションの一室に居る。
 どうやらそこで暮らしているらしい。何階かは分からないが、一階や二階じゃない気がする。

Dsc_0208

← 仕事で海王丸パークへ。練習帆船海王丸を久々に見る。青空に映える。

 部屋はワンルーム、でなければ、狭いながらも個室タイプのホテルの一部屋。
 ふと、部屋の外に人の気配を感じた。
 廊下を挟んで両側に同じようなワンルームの部屋が並んでいる。その廊下に人が立っている。しかも、オレの部屋の外、玄関のドアのすぐ前に立っている。
 気配といったが、どうやら、ドアを開けようとする音でオレは気が付いたようだ。

続きを読む "今朝見た、意味不明な夢"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/09/13

これがボクの人生

 殺伐たる荒野が広がっている。
 見渡す限りの荒れ地。草茫々とさえも言えない。

2015_1641

 なぜなら、草も木も、枯れ果てて、樹液の一滴すら消え果ている。
 虫たちさえ、ほんの寸時も止まらないで、遠い彼方の見果てぬ夢を追っていく。

 なぜか、ドン・キホーテの旅の名残を連想する。ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャが、従者サンチョ・パンサを引きつれ遍歴の旅に出かける、あの物語である。

 だが、その物語が本当にあったのだとしても、もう遠い昔の話だ。遍歴の舞台であるスペインもオランダも、今じゃすっかり様変わりしている。誰一人、思い出す人はいない。

続きを読む "これがボクの人生"

| | コメント (0) | トラックバック (0)