2017/03/24

人間も微生物の海に漂う

 15年ほど前、本書マイケル・D.ガーション 著の『セカンドブレイン―腸にも脳がある !』を読んで、腸への認識を新たにした。トンでも本かなと思ったが、門外漢ながら、本書の主張に説得力を感じた。 

41hsg533vdl__sx230_

← マイケル・D.ガーション 著『セカンドブレイン―腸にも脳がある !』(古川 奈々子訳 小学館 (2000/03)) 「頭にある脳が身体すべてを支配するという考え方に大転換を迫るのは、「第二の脳」とも言うべき独立独歩の腸神経系の発見であった」という本。拙稿「西原克成著『内臓が生みだす心』」参照。

 本書の場合、あくまで、「第二の脳」とも言うべき腸神経系の発見に関わるものであって、当時は未だ、腸内細菌など細菌に関する知見はそれほどなかった。よって、「腸には、その他の末梢神経系すべてを合わせたよりも多くの神経細胞があり、神経伝達物質もそろっていて、頭の脳との連絡をすべて断ち切られてもやっていける独立独歩の存在がある」という知見に留まるものだった。
 今や、腸神経系のみならず、腸内細菌、否、身体の内外の細菌(マイクロバイオーム)と相俟っての認識が問われるに違いない。

 

続きを読む "人間も微生物の海に漂う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/22

馬酔木なる真珠の花の連なれる

 5日ぶりにプールへ。13回目。13往復。10往復くらいになると、今、何往復なのか分からなくなる。今日は、結構、人が多かった。春休みだから? でも、ほとんど小父さん小母さんばかりなんだけど。

Dsc_0518

← 椿(たぶん)の蕾。蕾がいっぱい生っていて、次々と開花する。春だね。

 ある呟きに、「さくらんぼの種は噛んだら駄目。胃の中で青酸(シアン化水素)に変わるから。たくさん食べると命に関わることもあるらしい」とあった。大人はともかく、子供には注意しないと:
子供は特に注意!食べると「毒」になってしまう身近な食べ物 - NAVER まとめ

続きを読む "馬酔木なる真珠の花の連なれる"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/03/21

現実よりリアルな夢の日常

 NHKの特集番組「シリア 閉ざされた街 最後の病院」を観ている。いや、観ていられない。でも、観なけりゃいけない。アメリカとロシアの代理戦争という話だけど、私には全く理解できない。内向きのオバマ政権の隙を突いてロシアが勢力を伸ばしたという。

Dsc_0512

→ 一昨日には、葉っぱと茎だけだったのに、今朝、そばを通りかかったら、黄色い影。水仙が咲いているよ! 昨日は15度ほどあったからね。冷たい雨の中、健気だ。

 じゃあ、環境予算も福祉予算も削って軍事予算を肥大化するトランプ政権は? トランプの言うアメリカ第一ってことは、自国の防御や利害しか考えないってこと? 日本の政権は、人権や人の幸福なんて度外視で、カネ儲けしか考えないし、世界も日本も救いがますますなくなるよ!

続きを読む "現実よりリアルな夢の日常"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/20

「古事記」から島尾敏雄へ

 先月よりプール通い開始。週に二回ほど。先月、慰労会でもらったタオルを持って。タオルを選んでくれたのは、タイムリーでした。感謝。スイミングウェア、買いたいな。今の、古くて、1往復すると、ズルズル下がる!
 2往復すると、_▲#>£♂!

9784480065797

←  三浦 佑之 著『古事記を読みなおす』 (ちくま新書) 「「国家の歴史」以前から列島に底流する古層の語りとして、古事記をとらえ返す」という本。記紀神話に捉われない古事記理解が納得できる。同氏の本はこれで何冊目かな。拙稿の「三浦佑之『口語訳 古事記』」や「三浦 佑之著『古事記講義』」などを参照のこと。

 三浦佑之著の『古事記を読みなおす』を昨日(土曜日)読了した。仕事の日だったのだが、あまりに暇で、本書の残りの120頁ほどを読み終えてしまった。面白くもあったが、結構、ダラダラと読んでいたのに、夕方にはup。

続きを読む "「古事記」から島尾敏雄へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/18

学校…理系と文系の泣き別れ

 読書体験を重ねるのは、山の高みへ、一歩一歩、登っていくようなもの。登れば上るほど、頂上の険しさを実感し、眺望の広がりの果てないことを思い知る。とはいえ、読解力の劣化を痛感する今日この頃。まあ、望むらくは、せめて気が付いたら、麓にもどっているなんてことのないことを祈るのみ。

Mathe

← ジョン・D・バロウ 著『数学を使えばうまくいく―アート、デザインから投資まで数学でわかる100のこと』(松浦俊輔/小野木明恵 訳 青土社

 プール通い12回目。今日は12往復。最後、1往復だけ、平泳ぎ。やっぱり、下手くそ。前に進まない。隣のレーンをゆっくり歩いていくご婦人にあっさり追い抜かれていく。どうして前進しないのか、不思議だ。沈まなくなっただけ、ましだが……。
 通い始めて約一ヶ月。体重が変わらん! せいぜい週に二度のプール通いでは、効果が出るはずもないと分かっているのだが。実際、疲れるしお腹が減るので、余計に食べちゃうんだよなー。ま、気長に無理せず頑張らないと。

続きを読む "学校…理系と文系の泣き別れ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/14

可憐な花たちの咲き始め

Dsc_0507

→ ユキノシタかな。可憐な花が咲き始めたよ。

 今日もプールへ。25Mを12往復。平泳ぎも少々。プールへ通い始めて、一ヶ月。12回目。体重、高止まり。あー、効果が出るのはいつになるやら。
 隣のレーンで、吾輩よりずっと高齢の方がゆったり泳いでおられる。優雅なバタ足だけなのに、吾輩をあっさり追い抜いていく……。

 レイモンド・チャンドラーの「長い別れ」(清水 俊二訳)、読んでいるけど、訳語(トルコ何とか)の是非もあるけど、誤字(校正ミス)も気になる。カバーは綺麗なものを付け替えるけど、誤植(校正ミス)は直さない。ロングセラー作品だけに、出版社も本を大事にしてほしいなー。

続きを読む "可憐な花たちの咲き始め"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/13

広瀬 隆著『東京に原発を!』に今こそ光を!

 原発も在日米軍基地も大都会から離れた地域にある。北朝鮮が飛ばした脅しのミサイルの目標も、青森の三沢基地という話もある。原子力の平和利用なんて、戯言も、都会から遠いから建前で済むんです。

0000000046352

← レイモンド・チャンドラー著『長いお別れ』 (翻訳:清水 俊二  ハヤカワ・ミステリ文庫) 「私立探偵フィリップ・マーロウは、ふとした友情から見も知らぬ酔漢テリーを二度も救ってやった。そして彼はテリーの殺害容疑を晴らす為に三たび立ち上るのだった」とか。

 昔、東京に原発をって主張(本)があったけど、政権の中枢は考えないよね。羽田空港に滑走路を一本増やして、三沢基地の機能を移動させてみたらどうなんだ。そうしたら、政府も建前じゃなく、本気で防衛も原発政策も政治も考えるだろうに。常に負の遺産は財政力の弱い地方に。これが地域創生の現実だ。

続きを読む "広瀬 隆著『東京に原発を!』に今こそ光を!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/11

泳ぎながらもエジプトへオシリスへ

 なぜか米倉涼子主演のドラマを(録画で)観ることが多い。ファンなのか。「ドクターX〜外科医・大門未知子」や「家政婦は見た!」などもいいけど、やはり、「黒革の手帖」の頃の彼女がいい!
 奥さまは魔女は、観てないなー。観たい!

Slider_f_09

→ 「黄金のファラオと大ピラミッド展 – ツタンカーメンと並ぶ3大黄金マスク、ついに富山へ!」 〔会場〕富山県民会館美術館 〔開催期間〕2017年1月13日(金)〜 3月26日(日)

 水曜日の今日も、プール通いしている。ここだけの話だけど、7往復あたりから、えっと今、何往復目だったっけと、ふと、疑心が湧く。泳ぎながら、今、6往復と半分って、繰り返している。人にカウントしてもらうわけにもいかないし、まあ、数え間違えても誰に迷 惑が掛かるわけじゃないと、自分に言い聞かせているよ。
 

続きを読む "泳ぎながらもエジプトへオシリスへ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/09

ナボコフの塊に反骨心の塊

 今日もプールへ。25メートルを10往復半。徐々に20往復まで持っていって、あとは淡々と続けるつもり。夏には20往復が目標です。

25842

← ウラジーミル・ナボコフ作『ナボコフの塊 エッセイ集1921-1975』(秋草俊一郎編訳 作品社)

 ほぼ常に曇天の心なので、暗澹たる心持を切り替える必要性など考えられない。ただただ目の前の乏しい視界を手探りで歩いているだけ。これを飄々と生きると称している。

 昨日の夕方は雪がちらついていたけど、宵闇の黒の世界だったのが、今朝起きたら、真っ白な世界に一変。積雪十センチほどだけど。これで日中、降らなければ(我が家の庭を除いては)ほとんど溶けちゃうだろう。
(ホントに、午後にはあっさり日向は溶け去った。我が家の庭のような日陰、特に屋根からの落雪の塊が消え残るだけ。)

続きを読む "ナボコフの塊に反骨心の塊"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/07

ケージの「4'33"」とフェリーニの「8 1/2」と

 座右には、作家のナボコフと数学者のバロウ。どうも、文学系と理系を並行して読みたいという性癖があるよう。バランス感覚? ただの中途半端な性分? 合間にH系を挟むのは、健全感覚なのか?

Baro

← ジョン・D・バロウ 著『数学を使えばうまくいく―アート、デザインから投資まで数学でわかる100のこと』(松浦俊輔、小野木明恵 訳 青土社) 昨日から読み始めた。

 ジョン・ケージが1952年に作曲した曲4分33秒(4'33")は、ずっとなぜこの時間なのか、不思議だったが、今朝、ある本(『数学を使えばうまくいく』です)を読んで初めて理由が分かった。「「4分33秒=273秒」ということから、「絶対零度(-273℃)=無」」ってことだったんだ。

続きを読む "ケージの「4'33"」とフェリーニの「8 1/2」と"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧