2017/07/24

倉橋由美子著の『偏愛文学館』の世界へ

 今日はほぼ終日の雨。さすがに外仕事はサボった。
 お蔭で読書も進んだ。

9784062760928_w

← 倉橋 由美子著『偏愛文学館』(講談社文庫) 昨日(金曜日)読み始めて、仕事の暇の徒然に、大半を読んだ。敢えて20頁ほどを残し、帰宅してから読了した。

 吾輩は、自分が大学生になって間もないころに出た『パルタイ』、『スミヤキストQの冒険』以来の倉橋ファン。
 いや、ファンと呼べるほどフォローしてきたわけではないが、他に、『ヴァージニア』『夢の浮橋』『大人のための残酷童話』などと、日本の作家にしては関心を抱いてきたほう。
 ただ、今回初めて知ったのは、同氏が翻訳を結構行ってきたという事実。情けない話だ。これじゃ、ファンとは呼べない。

続きを読む "倉橋由美子著の『偏愛文学館』の世界へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/22

梅雨明けしたような夏の日差し

 梅雨が明けた。昔は待望の夏の到来だった。今は、もう、ただ辛い。外出したら、日差しの強いこと。ジリジリと焦げるよう。昔と比べるのは意味がないだろうけど、35度超えが当たり前だなんて、異常。やはり、融雪装置の作動実験を行うべきだ……と書いたのだが、後で明けてないよと指摘されて、調べてみたら、明けてなかった。

1108372913_1_0523_2

← 晩秋のひざし 保田義孝 ●2001年 色鉛筆 ●サイズ:F8 (画像は、「plan」より)

 ホント、昼過ぎ、外に出てみたら、体を焦がすような日差しの強さ。
 昨日までの照り方とは明らかに違う。これは明けたに違いないと思い込んでしまったのだ。

続きを読む "梅雨明けしたような夏の日差し"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/20

ヘルター・スケルターの先の世の中

 暑い! 日頃の畑や庭仕事。今年は午後の五時過ぎから始めている。実は昨年までは午後の二時前後にやっていた。というのも、エアコンが不調で(今も)日中暑いので、それだったら一番暑い時間帯は外で働き、作業終了後シャワーで爽快に、という発想だった。が、作業中、何度も頭がクラクラし、その場でへたり込むはめに。

51kguxe9g3l__sx342_

→ 蜷川実花 (監督) 『ヘルタースケルター スペシャル・エディション(2枚組) [Blu-ray] 』(沢尻エリカら出演 原作・岡崎京子 Happinet)

 作業を終えてお風呂でお湯に浸かっていたりすると、突然、めまいに吐き気で、風呂場でへたり込んだりして。不調の理由が分からず、体のどこかが悪いのかと思ったが、しばらく休むと治るので、そのままにしてきた。一年を経て振り返ると、風呂場での吐き気などは熱中症だったのかと気づく。今更、気づいても遅い話だが。

続きを読む "ヘルター・スケルターの先の世の中"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/07/19

古事記神話と火山学・地球物理学

 富山(北陸)はまだ梅雨が明けない。雨は降らない。畑に水をやらないといけない。
 雨水を貯めるポリバケツを雨樋の下に設置。ひと雨降ると、70リットルのバケツがすぐいっぱいになる。水道の水を使わずに済む。
 一昨日、畑の野菜はたっぷり収穫したのだが、一日置いた今日、もう、笊にいっぱいの野菜ができていた(収穫し、親戚にあげた)。

Img_f0b54dd0411c03526e75c23378ea0e3

← 蒲池明弘著『火山で読み解く古事記の謎』(文春新書) 「7300年前、日本列島を襲った巨大カルデラ噴火を縄文人が記憶していたのだとしたら――地質学データ、文献、足で集めた情報をもとに古事記神話の謎に挑戦する意欲作!日本列島の原風景、日本人の意識の「古層」を探る旅」だとか。今朝、読了。昨日は仕事が暇で、150頁以上も読めてしまった。

 なかなかおもしろかった。特に「古事記」は神話の書でもある。伝説が数年から数百年の話を引きずるとすると、神話は短くても数百年、あるいは本書が語るように、日本各地の火山による被災の記憶であるなら、数千年(一万年も)ほどの過去の記憶をも引きずっているはず。

続きを読む "古事記神話と火山学・地球物理学"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/17

鬼の霍乱でしょうか

 鬼の霍乱というのか、風邪。仕事、休んで静養です。折からの雨。無理して出かけなくてよかった。tりあえず食欲はある。本を読むのも支障がなさそう。

9784336039637

← イサベル・アジェンデ 著『パウラ 水泡(みなわ)なすもろき命』(菅啓次郎 訳 国書刊行会)

 夏風邪は治りにくいとか。症状としては、鼻水とセキ。熱はないみたい。
 雨も降ってきたし、今日は外仕事はサボります。

 イサベル・アジェンデ 著の『パウラ 水泡(みなわ)なすもろき命』を読み始めた。

続きを読む "鬼の霍乱でしょうか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/16

人権より目先の利害が大事?

 ちょっと買い物してくるだけのはずが、気が付いたら、五千円。その店でしか売っていない梅紫蘇ニンニクを2パックなど。何がこんなに料金を釣り上げたか……。そうか、カジキの昆布締めか。アイスクリームか。惣菜を各種買ったからか。そういえば、お菓子もいろいろ買ったなー。野菜ジュースにペット入りのお茶。この頃、食卓に欠かさないモズク酢か。おかしいなー。高いものは買ってないのになー。そういえば、刺身も買ったっけなー。

 自作の梅酒を呑む。いいねー。秋にはアンズ酒も。

続きを読む "人権より目先の利害が大事?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/14

初めてのトウモロコシの収穫

7374fefce2e1d9b5a1806b44c0dd976c

→ カット・メンシック (画像は、「「カット・メンシック」のアイデア探し - Pinterest」より)

 夕方近く、五時ごろか、急に豪雨になったとか。吾輩、居眠りしていて、まるで気が付いていない。目覚めて外を見たら、地面が濡れているので、雨が降ってきたのかなって。実際は、雨上がりだったのだ。慌てて作業着姿になり、外へ。野菜を収穫。ナス、キュウリ、プチトマト、そして、今日はとうとうトウモロコシを収穫。三年目にして、初めてトウモロコシの収穫に成功した。

続きを読む "初めてのトウモロコシの収穫"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/12

漱石や流石に漱石枕流は忘れざる

1499834781550748

→ 午後、急転直下の豪雨。雷も。画像は、玄関先の石臼。雨受け? 仕舞いっぱなしはもったいないし。実は、外仕事で汚れた長靴などを溜めた水で洗う。親は、こんな使い方がされるとは想像だにしなかっただろうなー。

 午前中の曇天(薄日も)が、午後、急速に暗くなったと思ったら、一気に豪雨。しかも、雷鳴も。梅雨の時期の終わりなのか。昨夜、洗濯して部屋干ししていたけど、朝方は心配していた雨が降っていない。今のうちだと、外干しに。いよいよ雲行きが怪しくなったと思い、洗濯物を取り込んだ。降雨の前に取り込めて助かった。

続きを読む "漱石や流石に漱石枕流は忘れざる "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/11

浅漬け食べたし塩分怖し

 雨が降ってもおかしくないほどに湿気がすごい。だから、今日こそは雨だろうと、プールへ行こうと思っていた。が、降らない。
 午後の三時を過ぎても晴れ間が見えるばかりで、もう、開き直って、自転車で買い物へ、夕刻前には、いつものように外仕事で汗を流すと決めた。

51jwzf8eyzl__sl500_

← 鹿島茂 著『大読書日記』(青土社) 数日前より読み始めている。文庫本に入ってから読もうと思っていたが、つい手が出てしまった。さすがに読むものが違う。驚いたのは(驚く吾輩が身の程知らずなのだろうが)、それなりに読書はしてきたのに、読む本がほとんど重ならないこと。全体の三部の一ほどを読んで、二冊。これは、どう理解したらいいんだろう。正直、小生は、本書を手にするまで、鹿島茂氏のことは知らなかった。あるいは、眼に入っていなかった。作家だといのだが。19世紀フランスの文化などの研究者ということで、関心があまり重ならないのかもしれない。

続きを読む "浅漬け食べたし塩分怖し"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/09

あのバッグはホントに彼のもの?

 夜半、仕事が終わって帰宅しようとしたら、車が壊されていた。左前角が擦られている。左の車が右方向へ出ようとして、引っ掛けたのか。くそ!

1499490175809137

→ アガパンサス。このところの雨で一気に開花。庭のあちこちに。誰が植えたのかな。毎年、花の少ない我が家の庭に、アジサイや夾竹桃共々、健気に咲いてくれている。

 キュウリの浅漬け。過日は、急場しのぎに、岩塩とポン酢、さらにコンビニで買った塩昆布で漬けた。それなりの味。次は、岩塩と塩昆布だけで。こっちは大成功。旨い。

続きを読む "あのバッグはホントに彼のもの?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧