2022/03/16

ドラレコ付けた

Shuro_20220317190801 ← 棕梠。近所でも目立つけど、我が家には5本。以前から疑問に思っていたのだが、棕櫚はこんなヒョロヒョロしてるのに、風にも雪にも負けない。農家の名残り。シュロ縄などを作ったらしい。(03/16 15:17)

 買い物から帰宅して、竹箒で庭掃除。30分余りで汗。我が家には水仙群があちこちに。依然として未だに開花しない。俺は待ってるぜ。(03/16 15:23)

 愛車にドラレコ付けた。できればバックモニターとしても使いたかったが、保険会社のものなので、それは望めない。ま、事故の際の多少の安心のためである。(03/17 16:37)

続きを読む "ドラレコ付けた"

| | コメント (0)

2021/04/27

車で古墳目指してツーリング

Wakamiya ← 若宮古墳の上に立っての眺望。快晴微風。

 ツーリングで富山県砺波にある古墳集積地へ。ただ、バイクでツーリングするはずが、バイクがまたバッテリー上がり。このまま自宅に籠るのも悔しいので、車で出掛けた。楽だが、詰まらない。

 晴れ続きの十日間だった。この間にツーリングしたかった。バイクの不調なのは困る。今の課題は、車道沿いのトタンの壁面の修繕。その際、壁面に太陽光パネルを張るか否か。玄関の戸の改装…交換。

続きを読む "車で古墳目指してツーリング"

| | コメント (0)

2019/10/27

雨の富山マラソン

Kureha_20191027202301 ← 26日、富山市の呉羽山・呉羽山展望台から立山連峰を展望。雲や陽光がグラデーションを為して、見飽きない眺めだ。春は桜スポットでもある。

 今日は富山マラソン。昨年に続き、今年も生憎の天気だった。雨。皮肉なことに大会の終わり頃になって、薄日が射してきた。
 昔は走ることが好きで、体育会系じゃないけど、高校のマラソン大会にも、大学での真夜中マラソンにも志願して惨禍。青梅マラソン、ミズノマラソンなどに惨禍した。 青梅マラソンで膝を痛めて、以来、マラソンからリタイアした。

続きを読む "雨の富山マラソン"

| | コメント (0)

2019/09/30

ダムは富山の象徴?

Kumano6 ← バイクを駆って、富山県(富山市)の奥地にある熊野川ダムへ。晴れているとはいえ、スタート時間は午後の3時をとっくに回っていた。 

  余談だが、熊野川ダムに到着寸前、ハプニングが。路上を小さな動物が駆けていく。大きめの猫……猫がこんなところに居るはずがない。見ると猪だった。子供の猪! 心臓がバクバクし出した。バイクのエンジン音に驚いて逃げ出したのだろうが、子供の猪が居るってことは、親だって近くに居るはず。親猪が襲ってきたらどうする? バイクに体当たりしてくるかも!

続きを読む "ダムは富山の象徴?"

| | コメント (0)

2011/11/22

「天使の毛」をめぐって(後編)

 SNSのその方の呟きでは、「天使の毛」とは、「下まぶたの脇にはえてきた天使の毛」なんて書いてあった。
 ネットでは、顔のほくろから生えてくる毛を天使の毛だと説明している場合も。
 どっちが正しいのか。

Katayama_018

→ この地での仕事で、情けない失敗をしてしまった。痛恨!

 いずれにしても、顔に生えてくる、普通のヒゲなどの毛ではないし、産毛(うぶげ)でもないようだ。
 顔に生えてくる、細くて白っぽい毛、でも、普通の産毛とは違って、大概は一本だけ、他より長く伸びる毛らしい。
 そんなことを調べているうちに、ふと、そういえば、我輩にも以前、左まぶたの下…、左頬のやや上側に一本、なぜか勝手に伸びてくる毛があったことを思い出した。

続きを読む "「天使の毛」をめぐって(後編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/07

あの月影は夢か幻か

 猛烈な寒波が襲来中である。明日にはなんとか峠を越しそうだが、明朝乃至は明日の夜までは地域によってはまだ相当程度、新規の積雪がありそうだという。
 今朝未明、雪の中で新聞配達の仕事をした。
 昨年来、降り頻る雪の中での作業を繰り返してきたので、ある程度は馴れたつもりでいた。
 
 前夜のうちには庭などの雪掻きをしておいてあるので、夜半過ぎ、家(の庭)を車で出る際は、車の屋根やウインドーなどに新たに積もった雪を専用のデッキブラシで払い落とす、あるいは水で凍りつき始めている雪を溶かす、などの作業をする程度で済む。
 実際、師走の半ばからの降雪の際は、それで十分だった。
 しかし、今朝未明の作業は、これまでの経験を吹き飛ばす、自分にとっては痛烈な体験となった。
 
 前夜の九時過ぎに寝入ったときには、車にはうっすら雪が被っている程度だったのが、夜半過ぎに起きて、恐る恐る窓を開けて車のほうを眺めたら、目を疑うような光景があった。
 車が雪に埋もれている!
 無論、車だけではなく、庭も、前夜までの数回の雪掻き作業の甲斐もなく、数十センチの新雪に埋もれているのだ。
 納屋や家の屋根も雪下ろしの黄色信号が灯るほどの積雪。
 近隣の家々も雪で視界が遮られて屋根が辛うじて見えるだけで、百メートルほど離れた場所に立つマンションだけが雪明りの中、目立っているだけ。

続きを読む "あの月影は夢か幻か"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/12/18

浜辺に打ち上げられた<わたし>

 今日は、小生の一番好きな画家パウル・クレーの誕生日(1879年-1940年)だという。
 彼についてはブログを含め、何度か触れたので、ここでは略す。
 旧稿を久しぶりに読み返して、改めてパウル・クレーの世界の豊かさを感じさせてもらった:
クレーさん創造の神の贈り物
綱渡り師とオースターとクレーと(前篇)

2009_1217071003tonai0016

→ 富山の市街地でも例年よりは遅めだが、初冠雪となった。真夜中、真っ白な世界へ。積雪が数センチなので、真っ黒な足あとが点々と。雪が降り頻っていて、そんな中での配達の仕事は大変だった。子供の頃、雪の降るのが、積もるのがやたらと嬉しかったのが、信じられない思いである。そう、「雪は美しい。遠くで眺めている限りは」! 日中は、目まぐるしく移り変わる天気。それでも束の間の晴れ間も。小鳥は我が家の風呂場の煙突に止まって何思う?

続きを読む "浜辺に打ち上げられた<わたし>"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/01

「映画『劔岳 点の記』の周辺」の周辺

 今日(火曜日)、ココログのメンテナンスがあった。
 午前8時から正午までの予定だった。
 それが、トラブルもあって、最終的に終わったのが夜の9時過ぎ!
 長過ぎる!

2009_0630071003tonai0008

← ゴーヤは順調に育っている。梅雨が明ける頃にはどうなっているのか、逆に心配なほど。

 今日は、なので、ブログの記事を久しぶりに「Word」で書いていた。
 ネットに参入したばかりの頃は、日記(記事)はいつも「Word」に頼っていたものだ。
 使い慣れなくて、失敗(敢え無く勝手に削除とか)も多かったし。

 …まあ、気を取り直して…。

続きを読む "「映画『劔岳 点の記』の周辺」の周辺"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/27

「ブラジル不思議・探検」の周辺

 今日、ようやく(?)茶の間の炬燵を撤去した。
 老いた父母の体の都合を考え、いつ、撤去して夏向けの部屋に模様替えするか、様子見していた。
 今日、父母がデイサービスへ行って二人とも留守だし、富山は連日、30度を超えている。
 時折、父がエアコン(冷房)のスイッチを入れるし、幾らなんでも、もういいだろうと、今だとばかりに決行。

2009_0626071003tonai0009
← ツル性植物のサンパラソル。華麗な花が咲き、道行く方の目を楽しませているらしい。日除けというか、緑のカーテンのために植えた小生としては、開花もいいけど、早く窓辺まで育ってほしくてやきもきしている。

 布団やマット類を洗濯し、干し、茶の間を掃除し、炬燵の代わりに大きめの座卓を持ち出し、などなど一人でやると、なかなかの作業。汗だく。
 富山は連日、30度以上で、今日など乾燥注意報が出るほど。

続きを読む "「ブラジル不思議・探検」の周辺"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/20

ゴーヤの花は何処へ あるいは、目的地で迷ってました

2009_0619071003tonai0006

← 父母をデイサービスに送り出した後、ゴミ出しや庭掃除。ゴミには、昨日、アメリカシロヒトリだろうか、虫に食い荒らされて葉脈だけが残った哀れな惨状を晒した葉っぱたちを枝ごと切り落とした枝葉もある。窓の下の花壇(もどき)に植えたツル植物達のご機嫌を伺いに行ったら、ゴーヤにちっちゃな天道虫(?)が。

 午前中、父の用事で車で外出。届け物があるのだが、明日には必要ということで、速達を頼まれた。

続きを読む "ゴーヤの花は何処へ あるいは、目的地で迷ってました"

| | コメント (2) | トラックバック (0)