2022/08/17

無惨やな地に顔擦って百合の末

 ← テッサ・モーリス=鈴木著『辺境から眺める【新装版】 アイヌが経験する近代』(大川正彦訳 みすず書房) 「著者はオーストラリア在住の日本研究者として、数々の著書がある。本書においても、現代思想や近現代史・アイヌ問題など、その緻密な考察と開かれた問題提起は、じつに鮮やかである。戦前に樺太に住んでいた人たちとともにサハリンに向かう終章の紀行文もまた、みごとだ。

 この数日の風雨で百合の大半が散ってしまった。ただ、庭を見て回ったら、風当たりの弱いところはしっかり残ってる。……それにしても、百合の繁殖力の強さ。年々咲く場所が増えてる。

 百合って、椿みたいに花がそっくり潔く(?)落ちる。

  無惨やな地に顔擦って百合の末  (08/15 13:43)

続きを読む "無惨やな地に顔擦って百合の末"

| | コメント (0)

2022/08/14

小父さんとお爺さんの遭遇再び

 ← 書斎からの眺め。以前の茶の間からだと、画像の左下に小さく映る納屋などが見えるだけ。こっちからだとサツキロードの木々やこのでっかい木が。日々枝葉が伸びる。風雨の日など凄まじい光景に。……名前の知らない木。植木じゃないのかな。(08/12 16:30)コメントによると、欅かもって。 (08/12 16:32)

 一昨日、真夜中過ぎ、歩道に倒れ込んでるおじいさんを見掛けた。その顛末はこのみんつぶでレポートした。似たような<事件?>に遭遇したことがある:「轢き逃げ?」  (08/14 14:44)

(頂いたコメントに)◎▽さん 読んでくれたのですね。ありがとうございます。善意なのか、黙って通り過ぎることができませんでした。一方、面倒には関わりたくないという気持ちもないわけじゃない。なので、今回にしても、何も連絡がないのは、(その方が無事だったという)いい便りだったのだと納得しています。 (08/14 19:03)

続きを読む "小父さんとお爺さんの遭遇再び"

| | コメント (0)

2022/08/07

セイダカアワダチソウの勢力の衰えは…

 ← ついに……やっと咲いた! なんとか百合。未明に帰宅したら、入り口付近に暗闇の中、白っぽいものが。もしかしてと眼を凝らしたら百合だった。闇夜に観ると、なにやら艶めかしい。 (08/08 04:52)

 昨夜は水分の取りすぎ。朝は寝汗。体重一キロ昨日より増加。昨夜来の雨で今朝は扇風機オンリー。温かいお茶が旨い。 (08/04 09:36)

 こんなに雨がひどくなると思わず洗濯。干した……昼前に雷雨。強雨の予報は出てた。男の意地で干したままにする。止まない雨はない…… (08/04 12:27)

 上杉 聰著の『日本会議とは何か: 「憲法改正」に突き進むカルト集団』 (合同ブックレット)なる本があることを読書メーターで知った。

続きを読む "セイダカアワダチソウの勢力の衰えは…"

| | コメント (0)

2022/08/02

冷凍の炒飯に冷凍の法蓮草

 ← 富山市は今日は花火大会。吾輩は仕事。お客さんを乗せて荻浦橋を渡る最中、一瞬だけ眺めることが出来た。画像は数年前に撮ったもの。 今日だけ大会の望める界隈は若い人たちで賑わってる。浴衣姿の若い女性をたくさん。嬉しいです。(08/01 20:31)

 休日……ゴッドファーザー第二部観てた。見終わらなかった。こんな映画はもうないか。ゴッドファーザーは、どの場面も静謐な絵になります。ロッセリーニの「無防備都市」は、恥ずかしながら初耳。観たいです。 (08/01 04:50)

『西行全歌集』 (岩波文庫)を相変わらず牛歩。長旅中。ようやく3分の1かな。先は長い。惜しむらくは、我が北陸には無縁らしいこと。芭蕉は通過したんだけど。 (07/31 22:41)

続きを読む "冷凍の炒飯に冷凍の法蓮草"

| | コメント (0)

2022/07/26

ただの一人も声掛けなし

  ← ユヴァル・ノア・ハラリ (著)『21 Lessons 21世紀の人類のための21の思考』 (柴田 裕之 (訳) 河出文庫) 「『サピエンス全史』で全世界に衝撃をあたえた新たなる知の巨人による、人類の「現在」を考えるための21の問い。待望の文庫化。」

 待望のユヴァル・ノア・ハラリ 著の『21 Lessons 21世紀の人類のための21の思考』をようやく読めた。ずっと文庫入りを待っていたのだが、昨年末に出ていたことを迂闊にも知らずにいた。

続きを読む "ただの一人も声掛けなし"

| | コメント (0)

2022/07/25

演奏する場面に遭遇したい

 ← 多田 多恵子 著『したたかな植物たち 秋冬篇 ─あの手この手のマル秘大作戦』(ちくま文庫) 「植物は、動けないからこそ、動物とは全く違う戦略をとり、技を磨いてきました。秋冬篇では、(中略)などを紹介します。植物たちのしたたかな生き方からは、人生哲学や経済法則も見えてくる!?」

 多田 多恵子 著『したたかな植物たち 秋冬篇 ─あの手この手のマル秘大作戦』を車中にての楽しみに読んでいた。画像も豊富で気が付くと読了していた。23日の土曜日、未明だった。

続きを読む "演奏する場面に遭遇したい"

| | コメント (0)

2022/07/24

台所が水浸し

 ← 『世界の名著 (1) バラモン教典 原始仏典』  (中公バックス) 書架に辛うじて残っていた。

『世界の名著 (1) バラモン教典 原始仏典』  (中公バックス) を読み始めた。35年以上前に読んだ。当時、ショーペンハウアー全集を読んでいたから、その影響もあったか。 ユヴァル・ノア・ハラリの本(『21 Lessons 21世紀の人類のための21の思考』)を読んで、再読したくなった。 (07/25 21:12)

 ショックだ。富山県知事のみならず富山市長までも統一協会による選挙支援を受けたり、事務局長になってたり。

続きを読む "台所が水浸し"

| | コメント (0)

2022/07/20

富山県知事も統一協会の支援を!

 ← 庭の入り口に咲くホタルブクロはいまも送り迎えしてくれる。開花の時期がこんなに長かったっけ。 (07/18 14:37)

 昨日は庭仕事で疲れはてた。買い物も億劫。レンチンご飯にレトルトカレー(ボンカレー)。今年初めてのカレーライス。副食にバナナ。 (07/18 06:00)

英国推理作家協会が選んだ『史上最高の推理小説100冊』を読破しよう!コミュニティ」に参加させてもらった。我輩なんかがいいのかな。我輩は、自然科学も人文科学もドキュメンタリーも全てが探究であり、謎や真実への挑戦だと思ってる。

続きを読む "富山県知事も統一協会の支援を!"

| | コメント (0)

2022/07/13

ふと見ると隣の書棚に置時計が

 ← 鈴木涼美 著『娼婦の本棚』(中公新書ラクレ) 「母親が読んでくれた絵本の記憶から始まり、多感な中高生の頃に出会った本、大学生からオトナになる頃に手に取った本など、自らを形作った20冊について綴る読書エッセイ」

 鈴木涼美 著の『娼婦の本棚』を昨日読了。仕事の合間に読んできたが、連休ということで自宅で残りを一気に。

「キャバクラやアダルトビデオなど、夜に深く迷い込んで生きていた頃、闇に落ちきることなくこの世界に繋ぎ止めてくれたのは、付箋を貼った本に刻まれた言葉だった――。」とある。軽薄なのか冒険心や親や学校社会への反発心、あるいは同世代の女子への見栄や流行を追うマインドの突っ張り合いなのか。だからってAV嬢までやるのか。までという言い方に偏見があるのか。

続きを読む "ふと見ると隣の書棚に置時計が"

| | コメント (0)

2022/07/12

カビとヤニ臭の書斎

 ← 昨日は法要終了で脱力感にどっぷり。一晩過ごし、御供えの果物や法事の3段重を食べたら、少し元気に。よし、書斎の片付けと掃除 やりましたとさ。午前中に終えて(終わったことにして)、法事のために買い替えたエアコン作動。これからはこの隣の寝室(書庫)で読書と居眠り。 (07/10 11:41)

(頂いたエアコンは快適ですか云々のコメントに)咄嗟に思い立って敢行。汗だくになるなんてびっくり。始めたら、やることが一杯。午後は、書斎で。まだ馴染めない。徐々に慣れていくかな。 (07/10 23:13)

鈴木いづみコレクション〈6〉 エッセイ集(2) 愛するあなた』鈴木 いづみはまったく未知の存在。今車中で折々読んでいる鈴木涼美の「娼婦の本棚」で知った。

続きを読む "カビとヤニ臭の書斎"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧