2024/07/19

ブログに旧友からメッセージ

 ← 休日。暑い。降雨の心配なし。自転車を転がして街中の「ギャルリ・ミレー」へ。ブリュット作品展を観に:「ぶりゅっととやま!みられ展」ミレーの作品展も。「HOKUGIN GALERIE MILLET」ブリュット作品は好き。長年のファン。ところで、音楽方面でのブリュット的作品はあるのかな? (07/18 15:40)  (頂いたコメントに)こんにちはー。応援のため、彼等の作品が印刷されてるポストカードやブックカバーなどを買ってきました。彼らの活躍はこれからもますます広がるでしょう。 (07/18 16:55)

 林 芙美子著『放浪記』 (新潮文庫)を読み始めて三日目。なんて辛気臭い作品だ! でも読ませる。不思議。何人もの当時…あるいは後世著名となる作家らと交流があったことに驚き。苦しい中、出版社に投稿してわずかながらも印税を得ていたんだ。 (07/18 18:07)

続きを読む "ブログに旧友からメッセージ"

| | コメント (0)

2024/07/18

今年もキノコ出現!

 ← 梅雨らしい日々。庭先に出たら、ビンク色というか淡いオレンジ色が目に飛び込んできた。観るとキノコ。今年も可愛いキノコが内庭に出現。齧られたのか、既に少し欠けてる。 (07/17 14:05)

 前野ウルド浩太郎著『バッタを倒すぜ アフリカで』 (光文社新書 )…仕事が暇で待機中に110頁も読めてしまった。不況。コロナ禍みたい。 (07/18 07:38)

 夜の富山を流していると、不況ぶりが深刻の度を増していると感じる。株価が上がっても、円安特需の輸出企業が盛況でも、円安で海外からの観光客が増えても、地方都市には関係ない。国政の抜本的変革が必須だ。 (07/18 11:33)

続きを読む "今年もキノコ出現!"

| | コメント (0)

2024/07/16

大地の表層に生きる我輩は非力だ

 ← 昨日の外仕事は、途中降雨もあったので、一時間半で日没中断。いつもより30分以上短め。入浴も断念。だけどやはり夜は寝落ちの繰り返し。昨日から田村 芳彦著の『大陸の誕生 地球進化の謎を解くマグマ研究最前線』 (ブルーバックス)を読み出しているが…大地の表層に生きる我輩は、非力だ。 (07/16 09:28) 作業時間が短かったのに~どうしてこんなに疲れたのか…と思ってたら、はたと気が付いた。昨日は、風呂場で棕櫚タワシを使って排水溝の汚れ掃除をせっせとやったんだった。タイルの床も磨いたし。納得。 (07/16 09:32)

 今日は晴れているが、予報だと夜には雨も。休日の夕方近くには庭仕事する習慣だが、雨だと順延する。なので、昼前シャワータイムに。…と思ってたら、夕方近くになって雲行きは怪しいが雨は降ってない。仕方なく完全武装して畑へ。過日、枝葉の伐採作業した枝葉がそのまま散在しているので、その整理作業。あるはあるは、である。作業のスタートを六時過ぎにし、本日は七時半には切り上げた。雨が途中から降り出したし。 (07/16 04:48)

続きを読む "大地の表層に生きる我輩は非力だ"

| | コメント (0)

2024/07/10

虫を愛でる文化は日本だけ?

 ← 佐藤 勝彦 (著)『最新・宇宙創世記: インフレーション宇宙から観測の時代へ』(徳間書店)「真空のゆらぎが成長し、何百桁もの急膨脹(インフレーション)を経て、ビッグバンが始まり、今の宇宙ができあがった。人工衛星COBEの成果など最新のデータで宇宙像を描く。ホーキングも評価した"佐藤理論"が今、証明されつつある。」

 佐藤 勝彦 (著)『最新・宇宙創世記: インフレーション宇宙から観測の時代へ』(徳間書店)を9日(火)再読。

 30年ほど前の本。当時はホーキングの人気絶頂で来日も再三。人工衛星COBEの成果など最新のデータが佐藤勝彦のインフレーション理論を傍証しつつあった時代でもある。

 本文、分かりやすくと心掛けているようだが、吾輩にはつついていけなかった箇所も。それでも面白い。当初は仕事の車中の待機中に読んできたが、連休ということもあり、半分は自宅で一気に。

 この手の本は大好物なのだ。素人の吾輩には、多少古くなって構わない。この世界に触れたいのである。 (07/10 11:20)

続きを読む "虫を愛でる文化は日本だけ?"

| | コメント (0)

2024/07/09

蚊さんは何でも知っている

 ← シェイクスピア 著『シェイクスピア全集20 じゃじゃ馬馴らし』(松岡 和子 訳 ちくま文庫) 「ヴェローナの熱血紳士ペトルーチオがパドヴァのじゃじゃ馬娘キャタリーナと結婚し、その「調教」に乗り出す。軽快な喜劇。【解説: 前沢浩子 】」

 今日は検診。可もなく不可もなし…かな? 念のため本書(仕事の車中の待機中に読んできた佐藤 勝彦著『最新・宇宙創世記: インフレーション宇宙から観測の時代へ』)を持参。同僚とのお喋りやら、検診がスムーズに進んだりで、1頁も読めず。
 夏の検診は、胃カメラもバリウムもない(昨夏からは採血検査もなくなった)ので呆気なく終わる。帰りは百円ショップで蝋gんきょうなどを、更にスーパーで食品などを買い物し、速攻で帰って急いで午後四時前に本日初めての食事。
 一服後、夕方近い6時前から庭仕事開始。車道沿いの生け垣の枝葉落とし。すっかり日の暮れた七時半を過ぎても終わらない。疲れた。疲労困憊して入浴する余力なし。シャワーだけ。 (07/08 21:40)

続きを読む "蚊さんは何でも知っている"

| | コメント (0)

2024/07/08

エアコンのガス注入!

 ← 6日に撮影。庭先のアガパンサス。

 また朝方に洗濯機を使ったまま忘れてた。昼前には止まってたはず。本を読んでる最中にふと思い出す。 (07/07 14:42)

 吉野 せい著『洟をたらした神』 (中公文庫 )…読みたい本登録して久しい。あまりに有名な本で今更の感が強くて、つい逃してきた本の一冊。 (07/06 09:48)

続きを読む "エアコンのガス注入!"

| | コメント (0)

2024/07/05

寝落ちの回数は減った…かな

 ← 隆 慶一郎作『時代小説の愉しみ』(講談社文庫) 「歴史上の人物の器量と命運をダイナミックにはかりながら、人間の面白味を発見してゆく。著者の風格と風貌を鮮やかに伝える歴史エッセイ集。」

 昨日は休日。休日になると雨が降らない。庭仕事がサボれない。昨日もばっちり庭や畑の植木や果樹を枝落とし作業。夕暮れまで。さすがにハードな肉体労働に慣れたのか、寝落ちの度合いも回数も減った…が、疲労は蓄積してる。それでも、昨日は、ワインガード著の「蚊が歴史をつくった: 世界史で暗躍する人類最大の敵」(大津祥子訳 青土社)を百頁も読めた。一週間以上付き合って、ようやく文体に慣れたか。けれど、活字の多さ細かさには難儀してる。 (07/05 13:20)

続きを読む "寝落ちの回数は減った…かな"

| | コメント (0)

2024/07/04

ワインガード著『蚊が歴史をつくった』を読む日々

 ← 梅雨…束の間の晴れ間に庭先のホタルブクロを。やはり雨が似合う? それにしてもホタルブクロは繁殖力が強い。どんどん勢力を広げてる。 (07/02 13:09)

 連休だった。雨のはずだった。堂々と庭仕事サボれるはずだった。が、折々薄日の曇天。これじゃサボれない。お蔭で2日連続で畑の果樹の枝葉落としに没頭するはめに。先日の作業も含め4日頑張ってそれなりに。

 ワインガード著の「蚊が歴史をつくった: 世界史で暗躍する人類最大の敵」(大津祥子訳 青土社)を相変わらず。

続きを読む "ワインガード著『蚊が歴史をつくった』を読む日々"

| | コメント (0)

2024/07/01

ハートの風船

 ← 土曜日の夜勤からの帰宅直後に、庭の入り口付近のホタルブクロ群を撮った。 (06/30 23:02)

 今日は雨の休日…のはずだった。休日には違いない。雨だと連日の庭仕事も堂々とサボれる……筈だった。実際、雨は強弱を繰り返しながら終日続いていた。 (06/30 23:02)

 夕方近い5時を回っても雨音が窓越しに。今日は家の中で何か家事するか…と、6時前何やら静か。外を見ると曇天だが、雨は止んでる。どうするか……

続きを読む "ハートの風船"

| | コメント (0)

2024/06/30

Don't Stop Believin'

 ← 自宅の庭で初めて白以外のホタルブクロを発見。 (06/29 19:20)

 仕事先。スマホを持参するの忘れた。ややパニック。やはりないと困る。 気付いて慌てて取りに戻った。 (06/29 19:23)

 仕事の車中。電子決済に対応する新しい機器が導入されている。が、吾輩は機器についての説明会に出席してないので、使い方が分からない。機器は借りて、一人勉強しようとするが、仕事の最中には難しい。会社でも時代に遅れてしまっている。 (06/30 13:54)

続きを読む "Don't Stop Believin'"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧