2017/06/27

庭に在って森を想う

 一昨日は、雨ということもあり、外仕事はサボった。日曜日はプールも混みそうなので、敬遠する。
 つまり、一昨日は汗を流していない。

1498566529993772

→ 今日の野菜の収穫。植えた野菜の苗は少ないのだが、収穫は一気。日々、一本か二本ずつならいいけど、採れる時は、どっと。これが嬉しい悲鳴。キュウリなどの下のほうに沈んでいるのは、プチトマト。普通のトマトの苗を買ったつもりなんだけど。

 今日は、断固、外仕事する。作業を開始したのは、午後の五時過ぎ。明日は休みということもあり、二時間あまり、たっぷり汗を流した。
 草むしりも重労働だが、今日は敢えて、溝浚いをやった。いつもの、車道沿いの溝ではなく、我が家の畑と他家の畑との境にある溝で、溝浚い。溝の底に土がこびりつくように堆積している。

続きを読む "庭に在って森を想う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/26

熊の存在を匂いで感知する?

 昨日(土曜日)、ある人と雑談していて、いろいろ興味深い話を伺うことができた。その方は、富山市の郊外、むしろ山に近い地域で生まれ育った。里山に近いこともあって、しばしば山へ山菜取りに出かけた。熊に遭遇することも珍しくはなかった。

Dsc_0861

← 橋本 広著『越中の峠』(北日本新聞社 1972年)

 でも、昔は、(本州に生きるツキノワグマ)熊は、人間を見ると逃げるのが普通で、などなどいろいろ伺った。そんな中、熊の体臭は凄いもんだとも言っておられた。風下に自分がおれば、一キロ離れていても匂いに気づくと。

続きを読む "熊の存在を匂いで感知する?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/06/24

ライプニッツからチューリングへ 今日のコンピュータへ

 今日も庭仕事。一昨日は外仕事を休んだ。一日、サボるだけで、体が浮腫んだような気がする。今日は主に草むしりに専念したが、中腰で座って移動しつつ作業するから、夕方五時からの作業だったのに、汗びっしょり。とにかく、労働で汗を流すよ。

1498021432680785

→ 雨が上がったので、回覧板を隣家に持っていくついでに庭を見て回ったら、車道沿いの垣根の奥に見慣れない花を発見。毎年、咲いていた? 吾輩、初見だと思うんだが。

 かのフリーマン・ダイソンの子息であるジョージ・ダイソン著の『チューリングの大聖堂  コンピュータの創造とデジタル世界の到来 下』を読了。
 コンピュータが作られた当初は、ただの計算機。単調な計算を代行する、ほんの補助の機械のはずだった。それがほんの数十年のうちに、人間社会に不可欠な存在となった。

続きを読む "ライプニッツからチューリングへ 今日のコンピュータへ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/22

『精霊たちの家』に感激 (下)

 イサベル・アジェンデ著『精霊たちの家』を読んだ手ごたえの余韻を味わっている。

510cglflzel__sl500_

← 西来路 文朗,/清水 健一著『素数はめぐる 循環小数で語る数論の世界』 (ブルーバックス)

 感想を書けるほど読み切れてはいないが、他でも書いたように、長編を読了した充実感をたっぷり味わうことができた。マルケスの「百年の孤独」に劣らない傑作だ。彼女のほかの作品を読みたいと思った。筆力や語りのうまさは、たまたま傑作が生まれたのではのではなく、生まれるべくして生まれたと思わせられたからね。

続きを読む "『精霊たちの家』に感激 (下)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/21

『精霊たちの家』に感激 (上)

 早暁、トイレへ行こうとしたら、何やら音が。もしかして雨? 窓外を覗いたら、しっかり雨。待望の雨。吾輩より、庭木などのほうが喜んでいるはず。今日は野菜への水遣りも不要。外仕事もお休み。

1498021070671211

← 今日の収穫。雨が上がったので、畑を見に行ったら、キュウリなどが生っていたよ。夕方、早速、どちらも浅漬けにした。明後日には口にできるよ。楽しみ!

 毎年、悔しい思いをさせられる木がある。5月から6月にかけて(毎年)開花するのに、花の撮影に一度も成功したことがない。花の大きさも20センチほど。それは、泰山木。枝葉が生い茂っていて、しかもなぜか高いところに咲くので、葉っぱの隙間から垣間見るしかないのだ。いつか、撮るぞー!

続きを読む "『精霊たちの家』に感激 (上)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/20

血糖値も体重も高止まり

 まだ梅雨入り宣言は出ていないのだから、空梅雨というのも変だろうが、とにかく雨が降らない。
 東京など関東はとっくに梅雨入りしたので、その数日後には梅雨入りするかと思いきや、曇り空の日はあっても、雨は降らない。

Mamaoto2

→ 宮本秋風「雨音」 (画像は、「株式会社 ギャラリー・トレンド」より) 拙稿「霧の作家・宮本秋風の周辺」参照。

 梅雨の雨を当てにしていたのに、畑の野菜たちに水遣りを欠かせない。
 まあ、そのおかげで先日の日記に書いたように、水遣りしつつ畑を見て回り、何かの虫がナシの木の葉っぱなどに付いているのを発見できたのだから、文句は言えない。でも、愚痴は出てくるのだ。

続きを読む "血糖値も体重も高止まり"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017/06/18

セシウムボール あるいは 不溶性放射性粒子

 朝、玄関の戸を開けたら、柳眉な野鳥が驚いてか飛び立ち、すぐ近くの内庭の木立に消えた。一瞬見たその姿はオナガだ! 我が家の庭にはいろんな野鳥が飛来してくる。なかなか撮影が叶わない。鳥、撮りたい。

1497655903643142

← アンズ。かなりの実が生っている。アンズ酒か、実を食べるか、嬉しい悩み。

 それにしても、空梅雨なのか(梅雨入り宣言はまだ)、雨が降らない。梅雨の雨をあてにして、水遣りはサボれると思っていたのに、今朝も水遣り。ただ、そのお陰で、梨の木に虫が付き、葉っぱなどを食い散らかし、紗のような薄い網が懸かり、卵らしき黒い点が一杯散在しているのを発見。

続きを読む "セシウムボール あるいは 不溶性放射性粒子"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/16

景気も梅雨も空回りじゃないのか

1497428576001097

→ 仕事でたまに通りかかる、田圃の中を通る農道の脇に、ポツンと小さな林。林なのか墓地なのか。あるいは、塚(古墳)かな。もしかしたら、こちらからは見えないだけで、鳥居が立っていて、要はお宮さんなのかもしれない。正体を確かめたいけど、田圃の畦道を辿らないと。ふーむ、気になる。

 今夕も庭仕事。伸び放題だった枝葉を刈り込み、庭や畑の隅々に吹き溜まっていた落ち葉などを拾い集め、ドクダミなどの雑草を毟り取り、一時間半ほど、汗を流す。そして風呂。この入浴が至福の時間だな。ただ、外仕事が多くて、読書時間が制約されるのがつらい。

続きを読む "景気も梅雨も空回りじゃないのか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/14

人間のエゴが雑草を毛嫌いさせる

 在宅の日は、主に夕方前に庭や畑仕事をやっている。休みだし、土日はともかく週日くらいは、プールへ行きたいのだが、前日の仕事からの帰宅時間が早くて夜中の一時過ぎということもあって、お昼に起きてプールへ行けない。

1497267105217345

← 今朝採れたキュウリ、浅漬けにした。明朝には賞味できる。こんなに早く、自作の野菜を口にできるなんて! ということで、このあと、冷蔵庫に収め、翌日の夕食の際にいただきました。

 昨年までだったら行けたかもしれないが、今年は妙に疲れが残って、午後を回っても、体が起きてくれない。年のせいか、二時間以上、まとまっての睡眠が取れず、かといって、二時間で睡眠が足りるはずもなく、結局は寝たり起きたりを繰り返し、なんとか本気で起きれるかな、本も読めるかなと感じることができるのは、午後の三時を回ったころ。

続きを読む "人間のエゴが雑草を毛嫌いさせる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/12

緑陰や風も憩うや猫の宿

1497179737049459

→ 梅雨入りも間近。内庭のカエデ、これでもかと緑濃く。近所の野良猫も日陰を求めて遊びに来る。

 緑陰や風も憩うや猫の宿
 

 イサベル・アジェンデ 著の『精霊たちの家』(木村 榮一 訳 池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 第2集 河出書房新社)を読み続けている。
 どの頁を読んでも、どの細部の記述も、どこまで読んでいっても、素晴らしい文章が期待できる。
 かの『百年の孤独』に匹敵する、世界レベルの文学だと実感しつつ、残りを読んでいく。

続きを読む "緑陰や風も憩うや猫の宿"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧