2017/11/17

これは川ではない 滝だ

1510905645017963

→ 富山県にある一級河川の中でも一番の急流と言っていい(これは河ではない滝だ! とデ・レーケが驚いたとされる)常願寺川。その河原に行ってきた。対岸は、常西公園。「ヨハニス・デ・レーケ - Wikipediaによると、 ヨハニス・デ・レーケは、オランダ人の土木技師。いわゆるお雇い外国人として日本に招聘され、砂防や治山の工事を体系づけたことから「砂防の父」と称される。

続きを読む "これは川ではない 滝だ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/16

台風の被害は保険で直せる?

 風邪を引いた。それも自宅で寝ているうちに。
 家の中、寒い。築60年以上で、隙間風がすごい。
 寝ているうちにどんどん室温が下がり、冷たい空気に触れ吸い込んでしまい、喉を傷め、ついに風邪を引くに至ったというわけである。

9784904111987_600

←  シモーヌ・ヴェーユ(著)『シモーヌ・ヴェーユ回想録 : 20世紀フランス、欧州と運命をともにした女性政治家の半生』(石田 久仁子(訳), パド・ウィメンズ・オフィス) 「アウシュビッツからの奇跡の生還…。欧州はもとより世界を舞台に活躍した政治家が綴る歴史の真実、正義、人間の尊厳、女性の自由獲得のための闘いの記録」だとか。

 情けない! その翌日は仕事。その仕事も、半分で切り上げて退社。
 いつものことだが、会社の誰も、従業員の体を心配することはない。それどころか、この忙しいときに休みやがって……ずる休みかよって対応である。

続きを読む "台風の被害は保険で直せる?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/15

本は読みたしツーリングに行きたし

1510474228690016

→ 帰宅して、庭を見て回った。先月の台風による被害が随所に。ふと、隣家の壁際にひと群の花を発見。キク科の花か。去年までは目にしなかった。

 今日(9日)はお昼前、報恩講があった。一昨日は父の月命日。もしかして、この花を手向けよとの天の声なのか。

 目下の小さな悩みは、ツーリングに行きたや読書はしたし。快晴だと、出掛けたくてうずうずする。でも、次の連休は、幸か不幸か雨模様のよう。安心して(?)読書できる。
 晴行雨読! いいですね。ただ、来春までは畑仕事はしないけど、庭仕事はボチボチしないといけない。雨の日に外仕事はいやだし。つまり、晴れの日、外仕事かツーリングかの二者択一を迫られそうなことが来春以降に悩むかも。

続きを読む "本は読みたしツーリングに行きたし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/10

柏原兵三・前田普羅の面影を求めて(上)

1510303229252183

→ バイクにも慣れてきたので、これからは観光地ツーリングじゃなく、富山県にゆかりの文学者(や俳人・芸術家らの碑など)を訪ねるツーリングにしていこうと思う。まずは、芥川賞作家で、疎開のため少年時代を入善町の小学校で過ごした柏原兵三の碑などを訪ねる旅。「『少年時代』の原作・柏原兵三『長い道』 - 藤子不二雄ファンはここにいる/koikesanの日記」によると、「藤子不二雄A先生の『少年時代』は、芥川賞作家・柏原兵三氏の自伝的小説『長い道』を原作にしたマンガであ」り、この「少年時代が映画化されたわけである。

続きを読む "柏原兵三・前田普羅の面影を求めて(上)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/09

梨木香歩作の『家守綺譚』は「いえもり」でした

125337_xl

← 梨木香歩/著『家守綺譚』(新潮文庫)

 梨木香歩作の『家守綺譚』を一昼夜で読了した。
 読みやすいこともあるが、淡々とした叙述で派手な劇的場面やドラマもないのに、なぜか飽きが来ない。

 読み始めた当初、小生は、「初めての作家。当然。作品も初。題名の「家守」を「やもり」と読み、我が家にヤモリが折々出没することもあって、「ヤモリ綺譚」と思い込んで手を出した。だが、「イエモリ」と読ませる! ま、手をつけた以上は、読むよ」などと書いている。
 さらに、「不思議な味わいの小品集だ。漱石の「夢十夜」を柔らかくしたような。日常的な理屈をすっ飛ばして、不思議でも、現実がそうなんだから仕方ないじゃないと、あるがままに人間界と動物界が交錯している」とも。

続きを読む "梨木香歩作の『家守綺譚』は「いえもり」でした"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/08

原石を探しにヒスイ海岸へ

1510041372826748_2

→ 秋晴れのもと、立山連峰を眺めつつ、富山県の東、もう少し行くと新潟県との県境なる地、朝日町の宮崎海岸へわが愛車を駆って行ってきました。通称、ヒスイ海岸。ヒスイと言えば糸魚川が有名だけど、こちらも有名。「東西約4kmに連なる砂利の美しい海岸」で、ヒスイの原石が見つかる……かもしれない:「宮崎・境海岸(ヒスイ海岸)|観光スポット|とやま観光ナビ」参照。

続きを読む "原石を探しにヒスイ海岸へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/06

神通峡ミニツーリング(後編)

 中上健次 作の『千年の愉楽』 を相変わらず車中で読み続けている。

9784309403502

← 中上 健次 著『千年の愉楽』 (河出文庫―BUNGEI Collection)

 いそがしいわけじゃないけど、なかなか読み進められない。作者の圧倒的なパワー、生命力に自分の貧弱な感受力が負けてしまうのだ。時に下手なエロビデオなど敵わないようなエログロ、そして殺人(大概、女が犯され殺される、自殺願望があるかのように)の自暴自棄とも取れる鉄火場的場面が頻出する。

続きを読む "神通峡ミニツーリング(後編) "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/04

神通峡ミニツーリング(前編)

 先週末にバイクを入手して以来、新品タイヤの慣らし、自分自身の慣らしを含め、市街地周辺を巡ってきた。

1509694775107121

→ 神通挟の絶景をバイクで愛でて回るツーリングへ。今日は予想外の秋晴れ。これは出掛けなきゃね。これは、神通川を海辺から30キロほど遡った景勝の地にある神通川第二ダム(神二ダム)。「神二ダム - Wikipedia」参照。 

 三連休の最後の今日(金曜日)も、好天気に恵まれた。庭仕事は昨日(木曜日)に一段落させているので、今日は心置きなく、今のバイクでの初めてのミニツーリング。向かうは、神通峡である。

続きを読む "神通峡ミニツーリング(前編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/02

買い物ツーリングのち庭仕事

1509580723306855

← 我が家の軒下に住だしていた母子三匹の猫たち。仔猫の一匹が、僅か数ヶ月でこんなに大きく育っていた。ノッシノッシと歩いていて、風格すら感じさせる。バラバラで生きて久しいのか、三匹での姿は見ていない。

 昨日は、バイクで浜のほうにあるカフェへ。
 今日は、バイク用のカバーを買いにオートバイパーツの店「南海部品」へ。一時は、バイク用の車庫を買おうかと迷ったが、我が家には設置するスペースがない(地面をコンクリートにすれば、不可能ではないが、そこまではやる気になれない)こともあって、最終的に断念。
 やはり、バイク用の大型のカバーに落ち着いたわけである。

続きを読む "買い物ツーリングのち庭仕事"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/11/01

スカイウェイブでカフェへ

1509522944965671

→ 「common天下堂」 わが愛車スカイウェイブ650LXで初めて立ち寄り入店したカフェ。

 先週末、カレー(と粋な紳士グッズの)店「common天下堂」の前にバイクを停めたにも関わらず、その日の朝、自作のカレーを食べた(夕食にも予定)ばかりなので、さすがに三食続けてのカレーはないだろうと、店内を覗いただけで立ち去ったのだった。

 今日は、朝は焼きそば。二階のカフェでカレーを食した。洒落たカフェ。写真好きなのか、カメラの雑誌や有名カメラマンの写真集がカウンターなどに並べられている。壁には、写真はもとより、ロートレックなどの絵が展示されている。窓際には気圧計(温度計)や古風な単眼鏡などが置いてある。ご主人と暫しの閑談後、ご主人にお客さんが来たこともあり、店を出た。
 

続きを読む "スカイウェイブでカフェへ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧