2024/02/29

再読は叶わぬ夢か

 ← 庭のあちこちに(恐らく)水仙の群が。厚い落ち葉や枯れ葉の堆積をものともせず。 (02/27 11:41) 28日の夜半過ぎ、車で町中を走ってたら、既に咲いてる水仙群に遭遇。日当たりの差なのか。 (02/29 12:23)

 仕事の車中でラジオからこんな情報が:「ヒッタイト王国の粘土板か 日本調査隊 トルコ古代遺跡から発掘 | NHK」(02/29 01:14)

 今朝、オーブンレンジを発注。15年ほど使ってきた電子レンジが草臥れてきたし、いよいよ吾輩の調理器具はほぼ電子レンジのみになりつつあるので買い替え。調理といえばラーメンくらいかな。現行の電子レンジは、15年余り前父と一緒に買ってきたもの。 (02/29 12:33)

続きを読む "再読は叶わぬ夢か"

| | コメント (0)

2024/02/27

氷雨の休日は台所掃除

 ← エドワード・ゴーリー 著『金箔のコウモリ』(柴田 元幸 訳 河出書房新社) 「著名なバレリーナに見出された少女モーディーが、長い修行時代を経て、ヨーロッパに渡り、時代を象徴するバレリーナとなるまでを描く傑作。バレエマニア・ゴーリーによる光と闇の物語。」

 エドワード・ゴーリー 作画の『金箔のコウモリ』(柴田元幸 訳 河出書房新社)を26日(月)に楽しんだ。2年前に買ったが、ビニールを被せたまま温存。さすがにたな晒しも淋しいし。

続きを読む "氷雨の休日は台所掃除"

| | コメント (0)

2024/02/26

夜長を楽しめたらさぞかし…

 ← 浴室初公開! 思いきって二十日ぶりに入浴。冬の滝行する覚悟で。湯舟の中はあったかい。体がポカポカしてる。…どうして浴室や脱衣室は寒いのか。換気扇や水栓の穴から寒気が浸入する? 我が家は透き間風ポイントが多すぎる。縁側の天井が主犯か? 入浴…昨年は1回。今年は既に2回。ハイペースだ。 (02/25 20:59)

 佐野 貴司/矢部 淳/齋藤 めぐみ著の『日本の気候変動5000万年史 四季のある気候はいかにして誕生したのか』 (ブルーバックス)を読み出して五日目。

 フォッサマグナの記述にふと思い出が蘇った。東京在住時代、郷里の富山への帰省はオートバイであれ列車であれ、昔の三国街道…国道17号線に沿っていく。眼下に千曲川をチラ見しつつ、いま自分はフォッサマグナの縁を走ってるんだと妙に興奮した。場合によっては海であり三国海峡があったかも知れない… (02/25 19:40)

 

続きを読む "夜長を楽しめたらさぞかし…"

| | コメント (0)

2024/02/25

知の最高峰での鍔迫り合い

 ← 雨の中の買い物帰り、庭を観て回ったら、椿の花が一輪だけ。近所の椿はもう全開モードなんだが。ま、代わりに山茶花が頑張ってる。 (02/21 14:13)

 四日連続の勤務。ようやくパソコンに向かえる。仕事の合間にスマホに呟きをメモるのが常なのだが、先週はやや忙しくそれも叶わなかった。車中での待機中の読書も遅々たる牛の歩み。ま、嬉しい悲鳴と納得しておくか。 (02/25 13:46)

続きを読む "知の最高峰での鍔迫り合い"

| | コメント (0)

2024/02/21

依存症との戦いは長く険しそう

 ← カール・エリック・フィッシャー著『依存症と人類  われわれはアルコール・薬物と共存できるのか』(松本俊彦監訳/小田嶋由美子訳 みすず書房) 「依存症は「病気」なのか? それとも、差別や疎外に苦しむ者に刻印されたスティグマなのか――? 圧倒的な筆力で依存症をめぐるさまざまな神話を解体し、挫折と失敗に彩られた人類の依存症対策史をも詳らかにする。」

 カール・エリック・フィッシャー著の『依存症と人類  われわれはアルコール・薬物と共存できるのか』(松本俊彦監訳/小田嶋由美子訳 みすず書房)を一週間余りを費やして読了した。曲がりくねった長い、先の見えない道を旅した気分。

続きを読む "依存症との戦いは長く険しそう"

| | コメント (0)

2024/02/20

徒労なる情熱それとも執念

 ← フォークナー【著】『野生の棕櫚』(加島 祥造【訳】中公文庫)「悲しみ(grief)と虚無(nothing)しかないのだとしたら、ぼくは悲しみのほうを取ろう。」

 自宅では、下記するリチャード・パワーズ著の『黄金虫変奏曲』(みすず書房)と、読み始めて一週間になるカール・エリック・フィッシャー著の『依存症と人類――われわれはアルコール・薬物と共存できるのか』(みすず書房)とを交互に。特に前者は今月中の読了は初めから諦めている。確定申告もあるし、他に深刻な課題もある…。 

続きを読む "徒労なる情熱それとも執念"

| | コメント (0)

2024/02/19

太公望は名軍師

 ← 芝豪著『太公望 - 殷王朝を倒した周の名軍師』(PHP文庫) 「殷王朝を倒した周の名軍師」

 このところ仕事が暇じゃない程度に忙しい。車中での待機中の読書が進まない。嬉しい悲鳴ってほどでもない。客離れが顕著なのか。 (02/19 12:12)

 会社では乗務員がコロナ禍の間に十人ほどが辞めていき、今春も既に四人が辞めたか辞める見込みだ。新規に入る人も居るが、不足を補えるほどではない。待遇も改善されていないし(待遇の不合理が大き過ぎる)、コロナやインフル感染の脅威があるのも(高齢のドライバーが多いタクシー業界)辛すぎる。

続きを読む "太公望は名軍師"

| | コメント (0)

2024/02/16

タダジュンなるアーティストを知る

 ← ポール・オースター著『オーギー・レンのクリスマス・ストーリー』(柴田元幸(訳)+タダジュン(絵)スイッチ・パブリッシング) 「ポール・オースターの不朽の名作が絵本に  今年の冬の一冊、心温まるクリスマスの小さな物語」

 ポール・オースター作の『オーギー・レンのクリスマス・ストーリー』(柴田元幸(訳)+タダジュン(絵))を15日に読んだ。

 柴田元幸(訳)+タダジュン(絵)の絵本。題名や内容案内の「ポール・オースターの不朽の名作が絵本に  今年の冬の一冊、心温まるクリスマスの小さな物語」からしてクリスマスを意識した本作り。

 今の時期に読むのもピンとがずれてるが、そこは吾輩らしい。

続きを読む "タダジュンなるアーティストを知る"

| | コメント (0)

2024/02/15

梅は~咲いたが~

 ← 昨日は快晴。冠雪の立山連峰がくっきり…。電柱でござる! とばかに、電柱が邪魔。 (02/14 10:44)

 チェーンソー 2台 たて続けに故障。プロだとメンテやってても5年とか。我輩は素人だが、これは便利と激しく使う。まともなメンテはしてない。オイルを射すだけ。これじゃアカン。

 ポール式のチェーンソーを修理に出したら修理だけでも一万円は要るだろう。販売店では直せないので製造元へ送れとか。送料も相当かかりそう。だったら買えよってか。 (02/14 10:45)

続きを読む "梅は~咲いたが~"

| | コメント (0)

2024/02/13

謎のブレーカー部分的ダウン

 ← 美空ひばりのコンサートを録画。全編視聴。やはり凄い。録画は温存する。ところで、彼女の歌に「マドロス」って言葉。画像の格好で察せられるだろうが:「マドロス 〘名〙 (matroos)⸨マダロス・マタロス・マターロス⸩ 水夫。船乗り。船員。〔紅毛訳問答(1750)〕 」濁らない発音? (02/12 22:19)

 カール・エリック・フィッシャー著『依存症と人類――われわれはアルコール・薬物と共存できるのか』(みすず書房)を昨日から読み出してる。今日…今夜の気温は微妙。電気ストーブだけで(浴室はシャワーの温かい湿気だけで)十分だろうか。薪ストーブ依存症からそろそろ脱却しなきゃ。…我輩の依存症は何だろう? 甘い物かな。 (02/12 20:54)

 ああ、やはり脱衣室が寒い! (02/12 20:54)

続きを読む "謎のブレーカー部分的ダウン"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧