2018/12/17

カフカ『城』とキャロル『この宇宙の片隅に』を往還

1545031107382041

→ すっかり裸木に成り果てたモミジ。年内最後の庭仕事したかったけど、雨。雨中の作業はしたくない。水道管への凍結防止のためのカバー掛けや、庭仕事の道具類の片付け、庭木の最後の見廻りなど。菰巻きもしないとなー。

 格安スマホ。初の請求額の通知来る。(メイン3社から格安スマホ会社への)手数料込みで、以前に比べ6割。次回は手数料がなくなるので、以前に比べ5分の1以下になるはず。今のところ、仕事の上でも、格安スマホを使っての不都合は生じていない。もう少し、使ってみないと、想定外の不都合が判明するかもしれないし、最終判断は先になりそう。でも、当面は、コスト的には、もっと早く変更すれば良かったと、後悔しきりである。

続きを読む "カフカ『城』とキャロル『この宇宙の片隅に』を往還"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/16

ジョン・スタインベック『ハツカネズミと人間』に感動

210108_xl

← ジョン・スタインベック/著『ハツカネズミと人間』(大浦暁生/訳 新潮文庫) 「からだも知恵も対照的なのっぽのレニーとちびのジョージ。渡り鳥のような二人の労働者の、ささやかな夢。カリフォルニアの農場を転々として働く男たちの友情、たくましい生命力、そして苛酷な現実と悲劇を、温かいヒューマニズムの眼差しで描いたスタインベックの永遠の名作」とか。

 今朝は今冬一番の冷え込み。でも、まさか零下だったとは。
 日中は晴れたのだが、寒風が頬に痛い。
 そんな中、連休でもあり、明日からは氷雨が降る予報なので、今日のうちにと、バイクを駆って書店へ。
 二か月ぶりに本の買い出し。まとめ買い。
 書店で本を物色する楽しみは、書店が次々と減っていく中で、なかなか気軽にはできない。
 家から下駄をはいて、近所の書店へ、なんて日常は、遠くなってしまった。
 淋しいものである。

続きを読む "ジョン・スタインベック『ハツカネズミと人間』に感動"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/15

佐藤春夫『田園の憂鬱』を買いかぶらず

1544670265274289

→ 神通川右岸より立山連峰を背に呉羽山方向を望む。冬の富山には珍しい青空が川面に映っている。

 今日(金曜日)も庭で落ち葉拾い。モミジに松葉にドウダンツツジにetc,と、もう、うんざり。今日で最後にしてほしい。いっそのこと、雪が降って、落ち葉拾いできなくしてほしい……ってのは、後門の狼だな。

 数日前に観た夢。いまだに断片的ながら印象にのこっている。メモしておく:

続きを読む "佐藤春夫『田園の憂鬱』を買いかぶらず"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/13

佐藤春夫『田園の憂鬱』に親近感?

217401_xl

← ボードレール/著『巴里の憂鬱』(三好達治/訳 新潮文庫) 「パリの群衆の中での孤独を半ば自伝的にしるした散文詩全50篇を収録」とか。

 今日も庭仕事。落ち葉拾いに一時間半。葉っぱはほぼ落ちたはずだけど、庭のあちこちに吹き寄せられている。庭の一部、雑草除けに砂利にした。これは失敗だとつくづく。モミジの葉っぱが散ると、砂利に混じって拾うのが大変。トングを使って一枚一枚拾う。辛気臭い作業を延々。連日。あと一回くらいやったら落ち葉拾いは終わる……はず。そしてあとは、雪が降ってくるのを待つだけ……待っちゃいないけど。

続きを読む "佐藤春夫『田園の憂鬱』に親近感?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/11

ウンベルト・エーコ『バウドリーノ』に眩暈する

264480

← ウンベルト・エーコ 著『バウドリーノ (上)』(堤 康徳 訳 岩波書店 吾輩は文庫本で読んだ) 「神聖ローマ皇帝の養子となったバウドリーノが繰り広げる破天荒な活躍.エーコの中世世界が再び動き始める」とか。

 寒い! 家から……じゃなく、部屋から出られない。暖房があるのは茶の間だけ。隣の台所も脱衣場も廊下も寒い。こうなったら、今日は居眠りと読書に専念する。庭仕事もしないぞ! しない……たぶん、しないと思う。ちょっとはする…かも。
 
 我が家で唯一稼働する茶の間のエアコン。温度は、22度。十分、あったかい! 人は温度設定は何度なんだろう?

 ところで、庭仕事だが、やはり、案の定、一時間以上、やってしまった。

続きを読む "ウンベルト・エーコ『バウドリーノ』に眩暈する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/09

高輪ゲートウェイ駅に違和感

246454

← ラス・カサス著『インディアス史 (一)』(長南 実 訳 , 石原 保徳 編 岩波文庫) 「ラス・カサス(1484-1566)がその後半生を通して書き継ぎ,改訂を加えた同時代史」とか。「クリストバル・コロン(コロンブス)による新世界の発見から説き起こし,自らもその一員であったスペイン人植民者によるインディオに対する圧政と残虐の実態を明らかにする」とも。

 体のバイオリズムと仕事や休日とのリズムが合わない。夜は早めに寝るのだが、目覚める時間がやたらと早い。余儀なく、少し読書するけど、仕事に支障がでてはと、毛布をかぶり目を閉じ、寝ようとするけど、眠れない。悶々。寝不足で出社。あの悶々タイムを読書に振り向けられたら、月にあと2冊は読めそう。クソッ、どうしたらいい?

続きを読む "高輪ゲートウェイ駅に違和感"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/08

『スリランカの赤い雨』を観た

Sliranka

← 松井 孝典【著】『スリランカの赤い雨―生命は宇宙から飛来するか』(KADOKAWA(2013/11発売)) 「2012年11月13日、スリランカに降った赤い雨の滴から、分裂を繰り返す細胞のような微粒子が発見された。これは宇宙から運ばれてきた生命なのか―。アストロバイオロジーの最前線が描きだす、驚異の宇宙生命と進化のシナリオ」だって。まさかトンでも本じゃないよね。

 今日は氷雨のような、まさに冬の雨。日中でも薄暗く、気分まで沈んでしまいそう。
 そんな中、この数日の風雨で散ったモミジや松葉などの落ち葉をトングを使いちまちま拾っていた。
 小雨そぼ降る中、僅か一時間の作業だったけど、ずっとウンチングスタイルで座りっぱなしなので、体というか、腰などの下半身の運動にはなるかな。

続きを読む "『スリランカの赤い雨』を観た"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/06

『今昔物語』あるいは犬死の語源?

9784480025692

← 福永 武彦編訳著『今昔物語』 (【解説: 池上洵一 】 ちくま文庫 筑摩書房) 拙稿:「『今昔物語』:風のかたみ

 昨日(火曜日)の季節外れの暖かさから一転、今日(水曜日)は一気に冬の寒さが襲来した。今週末には雪さえ予報されている。
 そんな中、冷たい雨の降る庭で、傘を差しながら落ち葉拾いをやっていた。前夜からの風雨で紅葉もほぼ散り終えた感がある。落ち葉掃除もそろそろ終わりに近づいた……と思いたい。

 福永 武彦編訳著の『今昔物語』 を読了した。

続きを読む "『今昔物語』あるいは犬死の語源?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/04

李承雨『植物たちの私生活』に魅了

1543821223104285

→ 内庭の樹木。名称不明。天に向かって何処までも伸びる。

 午前中に雨が上がり、風も午後には弱まった。
 せっかくなので、バイクで散髪や買い物へ。
 信号待ちのたび、先頭へ。なので移動時間がかなり節約できる。

 靴下で拭き掃除。無論、穴の開いた古い靴下です。たぶん、一か月以上、部屋の掃除はしていないので、捨てる布地のもので台所を含め拭きまくりました。床がピカピカして、びっくり。

続きを読む "李承雨『植物たちの私生活』に魅了"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/01

古典もいいけど再読もね

1543637885145568

→ 山茶花。咲きっぷりがなかなかいい。枝葉を思いっきり剪定したのが功を奏したのかな。

 相変わらず庭仕事に精を出す日々が続く。夏場の大掛かりな作業は終わったので、今は例年の剪定作業や草むしりなどがメイン。運動不足解消の一環でもある。
 浴室乾燥暖房機を設置したので、冬場もシャワーや入浴が可能になった。雪の中、銭湯へ通う必要はなくなった(楽しみで行くことはあるだろうけど)。
 今月の冊数は、こんなものかというもの。毎月、古典を読むことと共に、一冊は再読を心掛けている。今月は2冊。新しい本を読むのもいいけど、再読もいい。

11月の読書メーター
読んだ本の数:11
読んだページ数:4234
ナイス数:1933

続きを読む "古典もいいけど再読もね"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧