2019/06/16

刹那の愛への誘惑

212911_xl ← チャールズ・ブコウスキー/著『町でいちばんの美女』(青野聰/訳  新潮社) 「酔っぱらうのが私の仕事だった。救いのない日々、私は悲しみの中に溺れながら性愛に耽っていた。倦怠や愚劣さから免れるために。私にとっての生とは、なにものも求めないことなのだ。卑猥で好色で下品な売女どもと酒を飲んでファックする、カリフォルニア1の狂人作家……それが私である。バーで、路地で、競馬場で絡まる淫靡な視線と刹那的な愛。伝説となったカルト作家の名短編集」

 検診で血便が指摘され、近く精密検査へ。気が重い。
 そこへ、今日、突然、身内の者の訃報が。つい先日、町内会の件で立ち話したばっかりだったのに。

 チャールズ・ブコウスキー作の『町でいちばんの美女』を一昨日から読み始めた。前にも書いたが、「町でいちばんの美女」という作品一作の本だと勝手に思い込んでいたが、本書は短編集であり、冒頭の一作だけが表題なのだった。ずっと美女に絡む世界に浸れるかと期待していたのだが。

続きを読む "刹那の愛への誘惑"

| | コメント (0)

2019/06/14

意識の系脈を辿る

41fouaimcl__sx342_bo1204203200_ ← 『ドストエフスキイ前期短篇集』 ( 米川 正夫訳 福武文庫) 「初恋」「クリスマスと結婚式」「ボルズンコフ」「弱い心」「鰐」所収。

 今日は、書類仕事に神経を費やした。公共料金の引き落としを、給料振り込みが変わったことに伴い、変更するための書類作成というわけである。前の銀行は、大学に入った当初からの付き合いなので、あと数年で50年となる(口座そのものは残す)。
 今の会社に入った際、なんとなく地元の銀行がいいかなと思ったのだが、引き落としの口座は前の銀行のまま。だから毎月、おカネのやり繰りに神経を使った。何とかしなきゃと思いつつ、腰の重い吾輩のこと、ズルズルと8年も経過してしまった。もうさすがに先延ばしはまずい。しばしば口座におカネが足りなくて、引き落としできませんでしたという通知が来る!

続きを読む "意識の系脈を辿る"

| | コメント (0)

2019/06/12

消えゆく白鳥神話系神社へ

51qwqg2odwl ← 谷川 健一 (著)『白鳥伝説〈下〉』 (集英社文庫)    

本書を読んで、有名じゃないけど、謂れのある神社をたくさん知った。地元でも経緯の忘れられつつある神社の数々。物部や蝦夷に関わりのある神社を訪ねて回りたいな。東北には多いらしいが、富山にもあるかもしれない。全てが朽ち果ててしまう前に調べないと。

続きを読む "消えゆく白鳥神話系神社へ"

| | コメント (0)

2019/06/10

日本の国石「ひすい」!

1560146177415236  ← 昨日、刈り落とした杏や栗、キウイフルーツなどの枝葉。納屋に山積み。まだまだ山がフルへッヘンドする。葉っぱは枯らして堆肥に、枝は捨てるしかない。夢はペレットストーブなのだが。

 透明な食品トレー。今は、資源ゴミということでスーパーへ。すると、燃えるゴミに出す量(ボリューム)が随分と減った。
 それはいいけど、トレーに貼ってある紙は剥がして出すようにって。
 その紙がなかなか剥がれない。剥がせという以上は、剥がしやすい工夫をしろっていいたい。ちなみに、透明じゃない白いトレーもスーパーに戻すと、燃えるゴミの量はさらに格段に減る。ほとんどが紙類になるからか。

続きを読む "日本の国石「ひすい」!"

| | コメント (0)

2019/06/09

皐月の小道

1560075137760592  ← 雨にぬれそぼつホタルブクロ。

 ジェイムズ・エルロイ作の『わが母なる暗黒』を読んでいる。
 600頁近い。全編、犯罪絡み。しんどい。犯罪大国アメリカ。中でもロスとなると、そりゃまあ犯罪の坩堝。ある一章は、生涯デカを通した男の捜査歴。ろくでもない犯罪者のオンパレード、猟奇犯罪、些細なことが契機での夫婦間、親子間の殺人事件、平気で犯罪に手を染め子供に手伝わせ、あるいは娘を犯す奴等。薬物は蔓延。カネ絡みは言うまでもなし。そんな中で全うなデカを貫けるのは至難。大概、何処かで神経を病むし、家庭は崩壊。

続きを読む "皐月の小道"

| | コメント (0)

2019/06/05

息がそのままに形になる

Dsc_2725-3  ← この画像で分かるかな。買い物の帰り、普段は覗かない用水路の底に水鳥の親子たち。吾輩が水入らずの親子を撮影してても、知らん顔で寛いでいる。子供たち、何羽いるのかな。あんな場所で遭遇するなんてびっくり。農業用水は巡っているけど、大きな川も川原もない。草叢があるだけ。このあと、何処へ移動するのか。その前に餌があるのか。田圃は近くには皆無だし。

 お昼前、ようやく起き上がって、シャワーを浴びる。少し、目覚めた。真昼の浴室。汚れが目立つ。せっかくなので、タイルの目地を指の爪でガリガリやってシャワーで流す。爪を切る手間がちょっと減る。ついでなので、水の流れ口付近を綺麗に。吾輩は、蓋も中にへばり付く抜け毛などは、手(の指)で摘まみ出す。あとは専用の古いじゅろタワシで、ゴシゴシ。パイプの中などは薬剤もあるが、使うのは数か月に一度くらい。

続きを読む "息がそのままに形になる"

| | コメント (0)

2019/06/03

「我が母なる暗黒」へ

1559531072453766  ← 生垣のバラ。どこかカーネーションっぽい。

 下記しているが、今日は快晴で、湿気もなく、外仕事にもいいし、バイクを駆るのもいい。だが、今日は気になる展覧会へと、富山市の中心部へ。ガラス美術館での「ルネ・ラリック展」と、高志の国文学館での「宮沢賢治 童話への旅」の二つを見て回った。

 吾輩、備前焼などの陶器もいいが、ガラス作品が好き。恐らく、若いころ、好きな人にずっしりと重いガラスの鳥の置物をもらった思い出があるからかもしれない。それはともかく、融けたガラスを息を吹くことで器に仕立てるその光景が好き。まるで息がそのままに形になるような錯覚を味わえるからだ。鳥の置きものがないかと売店で探したが見つからなかった。

続きを読む "「我が母なる暗黒」へ"

| | コメント (0)

2019/06/02

波は限りなく引いていく

1559472017275173 ← 苧環の季節が終わりに近づいている。すると、ツツジにひと月遅れて、サツキ(皐月)が割き始めている。苧環の道が、今は皐月の道に。

 今日の作業内容は2つ。一つは、隣家の畑との境に植えた栗の木へのネット被せ。葉っぱや実が隣家に散らないように。栗の木はかなり育っていて、高いところまでは被せられなかった。二つ目は、落ち葉の激しく散る一角での防草シート張り。いままでは砂利を撒いていた。が、落ち葉が散ると、拾い集めるのが難儀。そこで、砂利を撤去(別の場所に散布)し、防草シートをしっかり張った。落ち葉が散っても、箒で掃ける。

続きを読む "波は限りなく引いていく"

| | コメント (0)

2019/06/01

読書メーターの賜物

 嘱託になって2年余り。残業は控えてるし、休みの日に会社から突然の仕事のリクエストが入ることもない。
 何より、組合の執行委員長の責務からは逃れられたのが、肩の荷が下りたようで、気が楽。
 その分、庭や畑仕事を増やしている。組合の役員をやっている間に悲惨な状態になっていた庭を少しずつ回復させる作業も、ようやく目途が付いた(立派な庭になったわけではない。しなければならないが溜めていた作業をやり終え、通常の作業の日々になったというだけのこと)。
 この読書メーターを利用して、読書を意識するようになった。他人のことはさておき、毎月何冊読んでいるか常に気になってしまう。のんびりやっていこうと思いつつ、目の前の未読の本の山を見ると、いつになったら山が崩れるのか、プレッシャーみたいになっている。
 でも、それがまた楽しい。休みの日……晴れた日には、バイクでツーリングも楽しむ。貧乏なので、旅先での飲食は楽しめないが、風景というご馳走があれば言うことなしである。
 あとは、書くこと。今月の18日には精密検査。異常が発見されたら手術もあり得る。命がいつまで続くわけもない。自分が非力であるからといって、目先の困難を避けていてはいけない。書くのだ!

 

続きを読む "読書メーターの賜物"

| | コメント (0)

関取が回しを叩くわけは

1559286650839820  ← 名前不詳の庭木。車道沿いの生垣。一昨日、通りかかって開花に気づいた。

 昨夕は、十日ぶりに銭湯へ。従って、入浴も久しぶり(シャワーは毎日)。皮膚が生き返ったような。自転車なので、帰りは少し遠廻りして、洗い髪を風で乾かしてきた。湿気もないし、季節は今頃が一番いい。垢を擦り過ぎたのか、疲れて、夜は10頁も読まないうちに寝入った。

……が、夜半過ぎに目覚めて、NHKの新しい太陽系の惑星シリーズの予告編をぼんやり観ていた。CGの力で、最新の惑星像をまさに観てきたように展開してくれる。新たな太陽系の姿が、改めて我々の脳裏に焼き付けられるわけだ。有りがたくもあり、???でもあり。

続きを読む "関取が回しを叩くわけは"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧