2022/05/11

今日は何曜日だっけ?

 ← 雨に新緑が映える。玄関の戸を開けたら、目の前に新緑なんて、贅沢かな。 (05/09 13:54)

 

 今日は何日だっけ、何曜日だったかな……そんな問いを発することがしばしば。何も我輩がボケちゃったわけじゃない(と思う)。仕事が夕方からで帰宅が未明。勤務の最中に日付けが変わる。

 だから、本人としては、日付け……曜日の切り替わりは明確に自覚(認識)している。未明に残務処理して帰宅。真冬は真っ暗だったが、この頃は夜の底が透けているような。天気がいいなら、帰宅しないで、夜明けを山か海で迎えたくなったり。

 そんな酔狂なことはしない。真っ直ぐ帰宅し、シャワーを浴び洗濯し、テレビ(ニュースのみ)を横目に、お茶しつつ朝刊を読む。仕事から帰宅して直ぐには眠れない……眠る気にならない。お腹が空いてるので、牛乳を1杯(昔ならカップ麺など)。

続きを読む "今日は何曜日だっけ?"

| | コメント (0)

2022/01/29

隠れた偉人

Horyuji ← 法隆寺 金堂(左)と五重塔(右)「西院伽藍は、現存する世界最古の木造建築物群である」とか。(画像は、「法隆寺 - Wikipedia」より)

 

 今日も一切外出せず。隠忍自重。可能な限り椅子に座り机に向かう。眠気が襲ってきたら、リクライニングチェアーに体を沈める。とにかく背筋を伸ばし、腹筋背筋を日常の中で鍛えていく。自分に厳しくすることが自分(の体)を大切にすることに繋がると信じて。

 

続きを読む "隠れた偉人"

| | コメント (0)

2022/01/13

屋根の雪下ろしあれこれ

Niwanoyuki ← 積雪量20センチほど。これくらいなら可愛いもの。除雪勢一時間弱で終えた。日中は気温は零下にならない見込み。降ってもあまり積もらない。降雪は夕方辺りから本格化するのかな。隣家の立派な館を背景に雪を被った泰山木や棕梠などを撮る。(01/13 12:28)

 ついさっきは、一時とはいえ、霙混じりの雨だった。が、読書を一休みして出窓から外を見ると、雪が降り頻ってる。買い物に行く気が萎えた。今夜から明日は一層 雪の勢いは強まる。今のうちに買い物を済ませたほうが賢明なのだが、萎えた気持ちは元には戻らない。(01/13 15:55)

続きを読む "屋根の雪下ろしあれこれ"

| | コメント (0)

2022/01/12

ギックリ腰は快方へ?

Ekiji ← 松本 清張 (著)『駅路 (1961年)』(文藝春秋新社)「駅路」「誤差」「部分「偶数」「小さな旅館」「失踪」所収。

 ギックリ腰……腰痛は、発症した三日前よりはましに。体の姿勢を変える際に痛い。普通にゆっくり歩く分にはなんとか。三日経過したから? 湿布が効いてる? (01/12 19:11) 
 夜、怖くはあったが、入浴を試みた。寒い浴室でのシャワーはきつい。幸い、恙なく入浴を済ませることができた。

続きを読む "ギックリ腰は快方へ?"

| | コメント (0)

2021/11/14

自分がやってるささやかなエコ

Third ← グレアム・グリーン作『第三の男』(小津次郎訳  ハヤカワepi文庫)「作家のロロ・マーティンズは、友人のハリー・ライムに招かれて、第二次大戦終結直後のウィーンを訪れた。だが、到着した日にハリーの死を知らされた。ハリーが悪辣な闇商人だったと聞かされたマーティンズは、真偽を確かめるため、調査を始めるが……」

  グレアム・グリーン作の『第三の男』を一昨日読了。極めて高名な作家の極めて有名な作品。買い求めたら、案外と頁数の少ないことに変な驚き。名作に長短など関係ないのだが、何処か大作という先入見があった。『第三の男』は、「キャロル・リード監督作品。第二次世界大戦直後のウィーンを舞台にしたフィルム・ノワール」。「アントン・カラスのツィター演奏によるテーマ音楽や、ハリー・ライム役のオーソン・ウェルズの印象深い演技でも知られている」。あまり映画を観ない吾輩も遠い昔観た。

続きを読む "自分がやってるささやかなエコ"

| | コメント (0)

2021/08/22

ユリとカマキリとコロナと

Yuri_20210822013501 ← 庭仕事の終わりに百合を撮影。

 

 ……新型コロナ感染者急増。政府はもとよりマスコミもだんまりしていること、それはオリンピックが急増に強く影響したってこと。あれだけメダルラッシュだと騒げば、みんな浮わつくよね。昨秋、ゴーツートラベルで東京の感染が全国に蔓延した。今夏はオリンピックが感染を増悪させた。医療資源を投下してオリンピック会場内での感染を抑えた……国民を犠牲にして。せめてマスコミは反省すべきだ。
 美談は喧伝する。確かに感動的。だけど、オリンピックにかまけての感染症対策の失敗は、マスコミ自身大いに反省すべきじゃないの? 知らんぷり? 頬かむり?

 

続きを読む "ユリとカマキリとコロナと"

| | コメント (0)

2021/08/19

ナミアゲハの行方

Josikousei ← 佐瀬稔 著『女子高生コンクリート詰め殺人事件』(草思社文庫)「1989年、東京足立区綾瀬。史上稀にみる凶悪な少年犯罪が起こった。法廷で犯人とその親たちが語った恐るべき事実とは。丹念な取材で衝撃の事件の全貌を描く力作ノンフィクション」

 

 佐瀬稔 著『女子高生コンクリート詰め殺人事件』を今朝(19日)未明読了。
 子供の頃の教育が大事。出会う先生との相性や教育の熱意。小学生の頃は(中学1年もだったけど)、成績はクラスの最下位辺りをうろうろ。幸い先生にも級友にもバカにされずに済んだ(相手にされなかった)。このままでどうってことないと思ってた。母は何度も先生に呼び出されていた(我輩は知らなかった)。お袋の口癖は、この子は早生まれだから……。我輩には意味が分からなかった。

 

続きを読む "ナミアゲハの行方"

| | コメント (0)

2017/08/23

善を熱望させるためにのみ絶望をうたう

Dontlooknow

← ダフネ・デュ・モーリア作『いま見てはいけない―デュ・モーリア傑作集』(務台 夏子【訳】 創元推理文庫) 「日常を歪める不条理あり、意外な結末あり、天性の語り手である著者の才能が遺憾なく発揮された作品五篇を収める粒選りの短編集」だとか。読む楽しみを取っておきたいと、に敢えて温存してきたが、そろそろ解禁。昨夜から読み始めた。リルケの「マルテの手記」やロートレアモンの「マルドロールの歌」など、ややハードな作品を読んできたので(さらに今、李賀の漢詩選や吉本隆明の本も読んでいる)、娯楽系で一息。

 今日の富山、午前中に33度を超えた。スカッというような青空じゃなく、どことなく鈍より。湿度が非常に高い。午後には雨か。そんな午前中に通院のため内科医院へ。数値など検査結果は思わしくない。でも、お医者さんに励まされ、食べ過ぎに注意、食べる内容にも注意。外仕事は、継続が大事などと。検査結果については、処方された薬が昨日で切れていて、今朝は飲んでいないので、参考にならず、次回は必ず飲んだうえで来るようにとクギを刺された。

続きを読む "善を熱望させるためにのみ絶望をうたう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/08/15

『君の名は。』からいろいろと

1502706907730768

→ 名前の分からない花、『君の名は。』?庭先に群生風に咲いて、なかなか壮観。ただ、道路沿いの垣根に遮られて、通行人には気付かれないかも! その後、SNS仲間に名前を教えていただきました。テッポウユリだそうです:「シンテッポウユリ(新鉄砲百合)-庭の花200選

 上掲のテッポウユリ。我が家の庭に自生(!)している。が、毎年、開花を楽しめるわけではない。
 なぜか。それは、春先からの草むしり作業で、まだ花になるのか雑草なのか分からない段階で、めったやたらと<雑草>を毟りまくるのが常だからである。今年は、我が魔の手を逃れることがたまたまできたというわけである!

続きを読む "『君の名は。』からいろいろと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/05

ロマンポルノとAVの間に

 一昨日からの猛烈な雨。今日も覚悟していたが、朝方には上がっていた。
 それでも、また降り出すかもしれないと、午前中に慌ててアンズや野菜などの収穫のため、畑や庭へ。

1499228697509771

← アンズの収穫は、やや手遅れ。

アンズを朝、収穫したけど、やや遅かった。この数日の豪雨で、実の大半が落ちていた。収穫できたのは、これだけ。この倍が落ち、割れ、腐り始めていた。キュウリは腕ほどに。ナスはほどほど。アンズの隣のキウイフルーツは、大収穫になりそう。柿も、上出来かな。

続きを読む "ロマンポルノとAVの間に"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧