« 2018年3月25日 - 2018年3月31日 | トップページ | 2018年4月8日 - 2018年4月14日 »

2018/04/06

ロレンスの本のカバー表紙にターナーが

9784480427663

← D.H.ロレンス 著『息子と恋人』 (小野寺 健/武藤 浩史 翻訳 ちくま文庫) 「主人公ポール・モレルの人生が家族・恋愛、性・死などを中心に生き生きと描かれた20世紀イギリス文学の傑作」。本書のカバー表紙の絵は、ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー作の「雨、蒸気、速度-グレート・ウェスタン鉄道」のようだ。何故に、ロレンスの作品にターナーのこの有名な作品をと、戸惑う思いもあった。好きな画家ではあるのだが。ふと、ロレンスの生まれた町が炭鉱町であり、原風景だったことに思い至った。蒸気機関車は、炭を燃やして蒸気を発して走る……。案外と、ストレートな連想だったのかも ? !

 D.H.ロレンス作の『息子と恋人』 を相変わらず読み続けている。読書にまとまった時間が割けず、素晴らしい作品と感じつつも、今日まで来た。

続きを読む "ロレンスの本のカバー表紙にターナーが"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/05

蘇我蝦夷・入鹿の棺 よみがえる“大化改新”

1522816400813789

← カネのなる木。我が家に来て3ヶ月以上。一向に代わり映えしない。成長しない? 曇りガラス越しの日差しでは不満? 枯れるよりはましだけど。生きているか否か、分からない。

 条件が悪いと、突然、萎れるって、本当なのかな。育て方、調べなきゃ。(⬅ 今更!) これは2代目。先代は、父母が亡くなった年に、呆気なく枯れてしまった。我輩のせいなのか、今もって謎。父母が亡くなった年に、この他、キウイフルーツなど、何本もの草木が死んでしまった。我輩のせいなのかな~。

続きを読む "蘇我蝦夷・入鹿の棺 よみがえる“大化改新”"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/04

木瓜(ボケ)学名は、「美しい」、「華やか」

1522728352809563

→ 壁を這う蔦、地から萌え上がるような雪柳、三重カナメ、サツキ、バラなど。春の連弾。

 富山市の桜。昨日まではずっと満開だったけど、翌日である今日の午後、市内を通りかかったら、桜は散り始めていた。早い。呆気ない。淋しい。

 このところ、読書のペースが落ちている。休みの日は、雪の後遺症の庭のメンテナンスが結構、大変。目途がついたら、畑仕事も待っている。そのうえ、内科や歯医者さん、会社の勉強会、町内の葬儀(会葬)など。じっくり読書三昧といった日は、いつ来るのか。

続きを読む "木瓜(ボケ)学名は、「美しい」、「華やか」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/02

悪夢に苛まれつつ読書する

1522498305888009

← 3月31日の夕刻、富山市(県)のど真ん中を流れる神通川の西岸の堤防から、対岸に昇った満月を望む。目にはでっかく見える。今日は、桜が満開だし、晴天なので、人の出がかなり。富山にこんなに人が居たのか! なんて感じるほど。

 夢:銭湯よりも広々した浴場。昼間なのか、目映い照明のせいなのか、やたらと明るい。何人かの入浴客と、大きな浴槽に浸かり、のびのび寛いでいる。突然、浴室のドアが開き、二人の人物が周章てたように入ってきて、真っ直ぐ私の方にやって来る。医師(検査員)と看護婦。白衣の人物の手には、何処かたった今まで凍結されていたような、平らな四角いビニールパックが。

続きを読む "悪夢に苛まれつつ読書する"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/01

3月の読書メーター

1522454263083593

→ 松川。富山市の桜の名所。遊覧船も運航している。昨日から満開。環水公園発着の遊覧船は一度あるけど、松川の遊覧船は、まだ一度も乗船したことがない。

 2月から3月は、与謝野晶子版の「源氏物語」を読むのがメインだった。冊数などは少なめ。でも、充実していた。今後、他の方の口語訳を読んだり、「源氏物語」関連文献を漁る、などの楽しみが加わった。今年は、与謝野源氏で銘記される年になりそう。

続きを読む "3月の読書メーター"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月25日 - 2018年3月31日 | トップページ | 2018年4月8日 - 2018年4月14日 »