« 2018年3月18日 - 2018年3月24日 | トップページ | 2018年4月1日 - 2018年4月7日 »

2018/03/31

富山藩主前田利保と種痘

247882

← ヴォルテール 著『哲学書簡』(林 達夫 訳 岩波文庫) 「亡命先のイギリスから故国の友人にあてた書簡形式のこの作品は,イギリスにおける信教の自由・民主的な議会政治への讃美に始まり,哲学,科学,文芸等の考察を通してフランス旧体制の愚昧と迷妄を痛烈に批判.啓蒙運動の引き金となった思想文学的記念碑」作品だとか。

 風は冷たく、やや強かったけど、晴れていたので、バイクでミニツーリング。
 二か月間、与謝野晶子版の「源氏物語」を読むのに費やされたので、他の本はあまり読めなかったこともあり、本の購入を控えてきた。電気代も来月は減ることだし、久しぶりにまとめ買い。
 と云いつつ、自費出版した本の売れ行きを確かめる目的がメインだったのだが、あまり芳しくなかった。

続きを読む "富山藩主前田利保と種痘"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/29

『漱石書簡集』にて漱石の人徳に触れてみる

1522312843206173

→ 庭には、あちらこちらに水仙の群生。大抵は黄色の花だが、こうした白と黄色の組み合わせもある。地味な庭を健気に彩ってくれている。

 一昨日、富山も桜が開花。翌日、仕事のついでに、桜見物、パチリするつもりだったが、三分咲きですらなかった。撮影する気になれず。
 今日は、ハクモクレンが満開。白いハトが多数、木に止まっているように見えたりする。

NHKドキュメンタリー - サージェント・ペパー~ビートルズの音楽革命~]を録画で視聴した。やはり、傑作中の傑作だ。

続きを読む "『漱石書簡集』にて漱石の人徳に触れてみる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/28

ヴォルテール パスカル「パンセ」を論評する(下)

1522126176873220

← 雪柳が咲き誇って、眼前の車道に鎮座している。車道を行くと、この雪柳が目立つ。

パ) もしひとりの神あれば、彼のみを愛すべきで被造物を愛すべきではない。
ヴ) 被造物を、それもいつくしみ深く愛さねばならぬ。自分の祖国を、妻を、父を、子供たちを愛さねばならぬ。紙が我々の心にもあらずこれらのものを我々に愛させるように仕向けているのを見ても、それらをよくよく愛さねばならぬ。(以下、略)

続きを読む "ヴォルテール パスカル「パンセ」を論評する(下)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/27

ヴォルテール パスカル「パンセ」を論評する(上)

1522147547358020

← 27日(火)の夕方、半年ぶりにヤモリと遭遇。窓の外なので、観たとは言えないかな。春になって活動開始だね。フラッシュにびっくりした?

 昨日来た電気代の請求書、先月より六千円、下がった。来月はさらに六千円以上、下がるはず。次の冬に向けて、対策を練らないと。
 冬季は(夏場は別にして)春や秋より15000円以上、電気代が高い。ってことは、冬の三か月で45000円以上(たぶん、5万円)。十年で元を取るとしたら、数十万の投資をしても、十分値打ちがあるということか。

続きを読む "ヴォルテール パスカル「パンセ」を論評する(上)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/03/26

「源氏物語」からロレンス 著の『息子と恋人』へ

1495453440542436

→ 2016年、作った枝葉投棄用のサイト。高さ2メートルのサイトは山盛り。雑草は、二個のコンポストに入れる。

 このサイロ(?)風の枝葉投棄サイトだが、今冬の大雪で倒壊してしまった。積雪で傾き、気が付いた時には横倒しに。
 春本番の暖かさになってきたので、本日、二時間半を費やして、片付けた。トタンや縄などは、再使用可能なので、確保し、枝葉は農作業用の納屋に収納(この小屋の中の整理にも結構、時間がかかった)。

続きを読む "「源氏物語」からロレンス 著の『息子と恋人』へ "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月18日 - 2018年3月24日 | トップページ | 2018年4月1日 - 2018年4月7日 »