« フロベールの叙述の凄みに感服 | トップページ | ラフォルグの詩を発見 »

2018/10/14

三度目のフローベール「ボヴァリー夫人」

1539412706610194

→ 久しぶりに例の猫。いつぞやの仔猫が随分と立派に育っていた。薄汚れていない。誰かに飼われている? 身動き一つしないで、じっと何か見つめていた。

 寒い。一晩中、座椅子で震えてた。今朝になって暖房を入れた。まだ、早すぎるんじゃないだろうか。でも、我慢できん。さて、暖まってきたし、読書する。
 暖房費をケチるため、寝室で寝るのを止めて、茶の間で睡眠を含め生活するようになって2年。寒さにギリギリ耐えてきましたが、このところの冷えはきついです。そろそろ、毛布を出すつもりです。

 フロベール著の『世界文学全集 (17) ボヴァリー夫人・聖アントワヌの誘惑・三つの物語』(菅野 昭正 (翻訳)  集英社)所収の「ボヴァリー夫人」を読了した。
 今回で三度目。読むたびにフロベールの凄みを感じさせられる。
 主人公のはずのボヴァリー夫人が自殺を遂げたあと、さらに上下二段組の本書で20頁も叙述されることに、改めて驚き。厳粛なはずの死、しかも、自殺なのに、現実は厳粛と貪欲と陳腐過ぎる日々が諧謔的に描かれる。そこにこそ、リアリズムの残酷さを感じた。

353575

← ヨゼフ・チャペック 著『ヨゼフ・チャペック エッセイ集』(飯島 周 編訳 平凡社ライブラリー ) 商品説明によると、「ロボットという言葉の創案者による「人造人間」やチェコの文化、政治や戦争に関するエッセイ26篇とナチス収容所で書かれた詩9篇」。今日(金曜日)から車中での待機中に読み始めていた。 

 ヨゼフ・チャペック 著の『ヨゼフ・チャペック エッセイ集』を読了した。
 著者は、ロボットという名称を創案した人物。小説の「ロボット」を書いたカレル・チャペックの兄。弟のカレルは、小説で有名にした。この点、クイズ番組でも間違えていることが多い。
 反骨の士。画家、作家、舞台芸術家、童話、詩、且つジャーナリストと、多彩な人物だったが、政治的発言も避けなかった。1939年にナチスにより政治犯として逮捕される。囚人生活を送り、連合軍による解放目前に、チフスのため病死と推定されている。
 本書はエッセイ集だが、著者の多才ぶりを反映して、死刑論や人造人間論など話題も豊富。

1539385928999820

→ 画像は、ネーブル。苗木を植えて2年目なのに実がいっぱい。

 今年は、不作の秋。柿、ミカン、キウイフルーツ、梅、などはダメだった。昨年まで、バケツいっぱいの収穫だった柿やキウイフルーツの不作はショックだ。春には杏が昨年に続き豊作。栗もかなり生っていたみたい。だけど、先月からパラパラと落ちて、そのうち栗拾いしようと思っているうち、タイミングを逃して、収穫なしに。惜しいことをした。今年は、6月末から、ここ数年溜まってきた剪定した枝葉の片付け作業に追われ、収穫作業の余裕がなかった。来年こそは!

9784309464770

← イサク・ディネセン 著『アフリカの日々』(横山 貞子 訳 河出文庫) 「北欧の高貴な魂によって綴られる、大地と動物と男と女の豊かな交歓」だとか。

 イサク・ディネセン 著の『アフリカの日々』を読み始めた。ところが……

 おかしいな。既読感があるなと思っていたら、「アフリカの日々/やし酒飲み」(池澤夏樹=個人編集 世界文学全集)で僅か1年ほど前に読んでいたんだ。書店でこの文庫本を手にしたとき、題名や著者名が馴染みあるなーって感じたんだけど、有名な本だから…と買ってしまった。ま、読みだした以上は、最後まで読むけどね。なんだか複雑な気持ち。でも、やはり、惹かれる作家作品なんだろうなー。

|

« フロベールの叙述の凄みに感服 | トップページ | ラフォルグの詩を発見 »

写真日記」カテゴリの記事

恋愛・心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/67270578

この記事へのトラックバック一覧です: 三度目のフローベール「ボヴァリー夫人」:

« フロベールの叙述の凄みに感服 | トップページ | ラフォルグの詩を発見 »