« 『源氏物語の時代 一条天皇と后たちのものがたり』を一気に | トップページ | あなたの荒れた庭に咲く、栗色のアネモネ »

2018/07/09

読書三昧を願いつつ雑草退治

358699

← プルースト 作『失われた時を求めて 12  消え去ったアルベルチーヌ』(吉川 一義 訳 岩波文庫) 「アルベルチーヌの突然の出奔と事故死――.そこからの絶望が忘却へと変わる心理の移ろいを繊細に描く」とか。

 今日も風邪が治らず仕事を休む。読書三昧と行きたかったが、今日は父の命日なので、早朝から墓掃除。雑草がすごい。大量の雑草のため、自転車で2往復。ついで、仏間やトイレなどを拭き掃除。庭などのメンテはするけど、家の中は放置。室内の掃除で手抜きしてきた(人には迷惑が掛からないし)。仏壇に果物などを供え、住職を待つ。親戚の人も墓参りを済ませ、家の仏間で一緒にお参り。

 その後、住職らとしばし歓談。その後、買い物などを済ませ、少々の読書ののち、夕方の五時過ぎから二時間半、雑草退治。このところの雨で、嫌というほど、草が伸びている。今日も大きめの袋、数個分を収集し、燃えるゴミとして出す。これだけ連日、草むしりをしても、道半ばにも至らない。今夜だけは読書タイムだよ。

 草むしり作業はきつい。場所によっては、除草剤を使えるのだが、自分としては薬に頼りたくない。
 草はどんどん生える、育つ、蔓延る、目立つ。どれだけやっても、追いつかない。夢にまで草に追いかけられそうである。

 読書。今、読んでいるのは、プルースト 作『失われた時を求めて 12  消え去ったアルベルチーヌ』と、イェルト・ドレント著の『ヴァギナの文化史』を交互に。
 片や世界の名作文学、片や世界の起源とも呼称されるヴァギナを巡る文化史。あまりに違う世界を跨って読んでいて、めまいがしそう。

6894

← イェルト・ドレント著『ヴァギナの文化史』(塩崎香織訳 作品社) 「その名を呼ぶことさえ憚られてきた、女性の秘密の図説・文化史。快楽やオルガスムの神秘から、世界の不可思議な風習、芸術的解剖図、最先端医学まで」といった本。ひたすら好奇心で読む。画像も豊富なのが嬉しい。キャサリン・ブラックリッジ 著の『ヴァギナ 女性器の文化史』 (河出文庫) がやや堅苦しい記述に終始していたような印象が残るが、本書はどうだろう。

 後者は、題名に惹かれ、ひたすら好奇心で読んでいるのだが、案外と堅実な内容である。医学的生理的記述の細かさには結構、しんどい。
 まだ中途なのだが、男性の割礼に相当する女性のクリトリス切除の記述には、暗澹たる気持ちになる。
 本書によると、女性らは本人らの希望で断固やっている(しないと仲間外れになる)というが、理解が不能である。

|

« 『源氏物語の時代 一条天皇と后たちのものがたり』を一気に | トップページ | あなたの荒れた庭に咲く、栗色のアネモネ »

恋愛・心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

社会一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/66923634

この記事へのトラックバック一覧です: 読書三昧を願いつつ雑草退治:

« 『源氏物語の時代 一条天皇と后たちのものがたり』を一気に | トップページ | あなたの荒れた庭に咲く、栗色のアネモネ »