« 不毛なる吐露 | トップページ | 庭仕事のあとの読書が楽しみ »

2018/07/01

事件から四日目も献花が続く

1530355257395761

→ 夕方までの二時間、内庭の笹退治作業の続き。暑い中、汗だくになって。笹の根っ子に鋏を突っ込んで根絶やしを目論む。ま、無理だろうけど、今までよりはましになるはず。画像で見ても、スッキリ感が漂う? 作業後のシャワーが気持ちいい。冷たい水(冷やした水道水)がまた、美味い! ただ、そうはいっても、溜まっている剪定した枝葉が山積みになっているし、笹ならぬ竹の藪もある。こちらはどうするか、迷っている。

 例の事件現場付近。取材陣、多数。犯人は捕まっているのに。警官が殺され。銃が奪われ、住宅街に潜み、小学校へ向かい、 工事の警備員を射殺。犯人も打たれ逮捕。

 小学校への警察からの一報では、犯人が銃を所持していることを伝えていない。生徒らを体育館に避難させたのはともかく、先生方はサスマタで警戒。犯人が校舎に侵入する前に確保されたからよかったものの、そうでなかったら大変な事態もありえたはず。

 交番に張られたブルーシートが生々しい。

 献花台には、事件から四日目となる今日(30日)も、花やペットボトルのお茶などが供えられている。

287044

← プルースト 作『失われた時を求めて 11  囚われの女II 』(吉川 一義 訳 岩波文庫) 「ヴェルデュラン邸での比類なきコンサートを背景にした人間模様.スワンの死をめぐる感慨,ヴァントゥイユの知られざる傑作が開示する芸術の意味,大貴族シャルリュスの傲慢とブルジョワ夫妻の思いがけぬ報復.「私」もまた恋人への疑念と断ち切れぬ恋慕に苦しむが,ある日アルベルチーヌ失踪の報に襲われる」といった内容。

 今日(28日)は休みの日だったが、会社に呼び出され、急遽、出社。もしかしたら、夜中まで。ポーランド戦、視聴できないかな(幸い、仕事は夜の十時前には終わったので、ポーランド戦を全部、視聴することができた)。
 待機の時間が長そうなので、車中での読書、進むかも。ま、今日は雨模様で、庭仕事は難しそうだし、反ってよかったかもしれん。
 自宅では、吉川氏訳の『失われた時を求めて(11)』を読んでいて、今日中に読了するつもりだったが、断念。
 自宅に寄って、プルーストの本を取ってきた。
 今朝(29日)未明、本文読了。プルーストワールド堪能。

 本書は、上記したように、「ヴァントゥイユの知られざる傑作が開示する芸術の意味」というくだりがある。幻の音楽作品。想像上の作品なので、さすがのプルーストも作品の性格などについては、やや奥歯に物が挟まったような説明。それでも、何事かを読者に想わせるからさすがである。誰か、音楽(作曲)の素養のある方が、このプルーストの記述を元に、我こそはという作曲を試みてもらいたい。
 さて、近いうちに、第十二巻を読み始めるよ。

|

« 不毛なる吐露 | トップページ | 庭仕事のあとの読書が楽しみ »

写真日記」カテゴリの記事

恋愛・心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

社会一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/66886826

この記事へのトラックバック一覧です: 事件から四日目も献花が続く:

« 不毛なる吐露 | トップページ | 庭仕事のあとの読書が楽しみ »