« 2017年1月15日 - 2017年1月21日 | トップページ | 2017年1月29日 - 2017年2月4日 »

2017/01/27

「蒲原」ならぬ茅屋の窓から世界を想う

Dsc_0392

→ 与謝蕪村の有名な《夜色楼台図》をチラッと連想したっけ。夕景と朝の景色との違いはあるけど、雪が深く積もると、昼間でも人の通りが少ないし、逆に夜でも雪明りが世界をぼんやり明るくさせてくれるので、時間の感覚が曖昧になる…だから夜とか昼とかも意味がなくなってしまうような。 そうそう、広重の「蒲原」の絵も好きなのです。

 今日(木曜日)は朝から快晴。青空、久しぶりに見るような。雪もいいけど、やはり、青空には敵わないね。
 消雪装置のある道路などは雪はかなり消えているけど、田畑の雪は残っている。
 真っ青な空の下、広がる雪野原。これが吾輩の原風景なのかな:「真冬の明け初めの小さな旅
 今は、かなりマンションやビルもできて、風景は一変してきたけどね。

続きを読む "「蒲原」ならぬ茅屋の窓から世界を想う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/25

ママさんダンプで降りやまぬ雪に立ち向かう

 夜半過ぎ、帰宅したら、我が家の庭は積雪20センチ以上。目の前の道路は消雪装置で雪がないのに。自棄になって、車で庭を3往復して、轍で除雪しようとしたけど、やはり、ダメ。ここで、スノーダンプ登場。一昨日、買ってきたのがいよいよ登場だ。そして、その威力を思い知った。

6708012_2242482607_231large

← スノーダンプ(別名、ママさんダンプとも)は、「大型の角型シャベルにパイプの持ち手が付いたような形状で、ソリのように雪を押して運ぶことが出来る除雪用具」です。手で押して雪を掬えるし、雪をたっぷり載せたダンプを手で引っ張って溝などへ運べる。とにかく、このダンプのお陰で、庭の除雪、精神的負担が減ったよ。(画像やダンプの説明は、「スノーダンプ - Wikipedia」より)

 今までスコップで地道にやっていたけど、同じ作業をスコップでやると3時間は要するはず。スノーダンプだと、同じ以上の作業を1時間ほどでやり切った。ああ、今までのスコップでの除雪作業は何だったんだ!

続きを読む "ママさんダンプで降りやまぬ雪に立ち向かう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/01/23

君はピエロ 僕もピエロ

 読書好きなら誰しも同じかもしれないけど、どんどん読みたい本が積みあがる。読んでる本の四倍の積読本。その数倍の読みたい本。そもそも遅読の自分なので、巨大な山を前にして、日暮れの道をよろよろやっと歩いているようです。

2016_2394

 マルコ・イアコボーニ著の『ミラーニューロンの発見―「物まね細胞」が明かす驚きの脳科学』を日曜日の未明、読了した。
 その感想めいた呟きは、下記する。

 今日も呟きを書き連ねるけれど、いつもと毛色の違った、やや感傷的な小文となった。
 というのも、小生が注目している画家の絵を観ながらの、絵の雰囲気に引きずられての、思いがけない呟きとなってしまったからである。

続きを読む "君はピエロ 僕もピエロ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月15日 - 2017年1月21日 | トップページ | 2017年1月29日 - 2017年2月4日 »