« 2017年5月7日 - 2017年5月13日 | トップページ | 2017年5月21日 - 2017年5月27日 »

2017/05/19

『岬』も濃いが『枯木灘』も

 今日(水曜日)も富山は晴れ。ただ、立山連峰の勇姿は雲で全く見えず。晴れなのに見えないってことは、天気、ヤバイのかなって思ってたら、ほんとに夕方になって、平野部にも雨。畑に植えたばかりの野菜の苗たちには、恵みの雨かも。

9784309413396

← 中上健次 著『枯木灘 新装新版』(河出文庫) 「熊野を舞台に繰り広げられる業深き血のサーガ」とか。

 中上健次著の『枯木灘』を読了した。『岬』もよかったが、本書もなかなかの本。正直、若いころの自分には濃厚すぎて読めとおせなかったのも無理はないと痛感した。

続きを読む "『岬』も濃いが『枯木灘』も"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/17

慰安婦合意の見直し勧告 日韓両政府に

 今日も庭仕事に畑仕事。というか、リハビリを兼ねた運動のためってのが、メインの目的。なので、外仕事が雨などでできなかったら、プールへ行く! 本日は、畑にメロンとスイカの苗を植えた。夏、収穫を楽しみに日々、頑張るよ。

 近々自費出版する本(冊子)。二度目の校正。見落としが多い。それ以上に、書き換えすべき箇所も見つかったりして。冊子の最後に住所などを明記するか、迷っている。
 今日、二度目の校正を終えた原稿を印刷会社へ。それにしても、二度目なのに、間違えが多い。それ以上に、読み返すと、書き直したくなってしまう。

続きを読む "慰安婦合意の見直し勧告 日韓両政府に"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/05/15

責任から解放され自分の世界へ

Dsc_0718

→ 蔵から思いがけず出てきた段ボールひと箱の文庫本。懐かしい本がいっぱい! 蔵の中にあった本(段ボール)は、数年前すべて片付けたと思い込んでいたので、ひと箱だろうと、見つかると、ボーナスのように思えて、嬉しかった。リルケの「マルテの手記」や「汚れた英雄」、ルソーの「告白録」、カントの「純粋理性批判」などなど青春の書が山盛り。懐かしい! なんとか、追々にでも読み返したい。

続きを読む "責任から解放され自分の世界へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/14

蔵からいろいろと

 今日も庭仕事。大仕事が待っている。この数年、剪定してきた枝葉。今は庭のあちこちの隅っこに山積みにしてある。業者を呼んで捨てるという手もあるが、カネも掛かるし枝葉は地の栄養になるはず。捨てるのはもったいない。なので、サイロ風な枝葉の投棄場を作ろうともくろんでいる。

0000000135142

← ヒュー・オールダシー=ウィリアムズ著 『元素をめぐる美と驚き 上 アステカの黄金からゴッホの絵具まで』(安部 恵子/鍛原 多惠子/田淵 健太/松井 信彦訳 ハヤカワ文庫NF)「知られざる元素の文化史」であり、「周期表に並ぶ元素には、それぞれが持つ性質ゆえの特異な物語が秘められている。歴史から芸術まで幅広い逸話を紹介する科学読み物」だとか。

 問題は、場所。隣家に近いところはだめだし、樹木が育っている場所、畑はまずい。迷っているうち、蔵に目が行った。考えが整理できる前に、蔵の整理をすることにした。

続きを読む "蔵からいろいろと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月7日 - 2017年5月13日 | トップページ | 2017年5月21日 - 2017年5月27日 »