« 2017年4月2日 - 2017年4月8日 | トップページ | 2017年4月16日 - 2017年4月22日 »

2017/04/15

草むしり作業などの合間に読書

 本日は晴天なり。外出日和。でも、生憎、吾輩は庭仕事。病院通いに草むしり。合間に読書。充実している?
 
200202000095

← 釜谷武志著『陶淵明』(ビギナーズ・クラシックス 中国の古典  イラスト/デザイン 谷口広樹 角川文庫) 「帰りなん、いざ…。そう言って田園に帰った詩人が残した魂の叫び!」だとか。

 釜谷武志著の『陶淵明』を読み始めた。
 折々だが、こうした中国の古典を読む。漢詩が好き。読み下し文がないと読めるわけじゃない。その意味で、読み下し文を呈してくれる学者に感謝しないといけない。漢詩に魅力を感じたのは、高校時代、漢文の授業で。決定打は、中島敦の山月記かもしれない。

続きを読む "草むしり作業などの合間に読書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/14

懊悩は肉体の異変の結果に過ぎないのか

 NHK総合で放送されている、「総合診療医 ドクターG」は好きな番組で、録画してでも見るようにしている。

9784480097699

← R.D.レイン 著『引き裂かれた自己 ─狂気の現象学』 (天野 衛 翻訳 ちくま学芸文庫) 「ドゥルーズ=ガタリらの現代思想や、今日のサブカルチャーにも多大な影響を与えつづける古典的名著」です。ある意味、我が青春の書でもある。

 毎回、興味ある展開で見逃せない。
 体への関心もあるが、自分の体が心配だからでもある。

続きを読む "懊悩は肉体の異変の結果に過ぎないのか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/13

ホ~~ケキョケキョ!

2010_0515071003tonai0024

→ 十年ほど前、新聞配達していたことがある。ほぼ配達が終わるころ、夜が明け始める。水田が鏡となり、こんもりとした中州のような小山の森が空にも水かがみにも浮かび上がってくる。体を使う仕事、汗を流す仕事。今日、庭仕事していて、ふと思い出した。

 自宅の庭でウグイスの鳴き声を聞いた。ホ~、(ホケキョじゃなく)ケキョケキョ、って感じ。こういう時、ちゃんとしたカメラが欲しくなる。シャッターチャンスを望遠でしっかりと撮る!

続きを読む "ホ~~ケキョケキョ!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/04/12

クンデラの『笑いと忘却の書』に共謀罪を思う

Dsc_0601

← 紅葉(カエデ)の緑化の速さ。すごい。つい先日まで枯れ木のようだったのに。紅葉もいいけど、瑞々しい今のモミジもいい。

 過日、ジャスティン・ソネンバーグ/エリカ・ソネンバーグ著の『腸科学』を読了した。これで、腸内細菌など人間に生息する(あるいは細菌の海に辛うじて人間が生きている)微生物関連の本の講読は、とりあえず終了する。
 これらの本を読んでの感想はいろいろ書いてきたが、ここに改めて大雑把なメモを幾つか書いておく。

続きを読む "クンデラの『笑いと忘却の書』に共謀罪を思う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/10

壁の向こうはアンタッチャブル

Dsc_0597

→ 開花宣言が出たと思ったら、あっという間に満開に。昨日、土曜日は、市街地でチンドンコンクールがあったりとか、人の出が多くて、富山にこんなに人がいたのかと驚くほど。午後には雨が予想されていたのが、天も我々に味方してか、降ったのは、夜半を回ってから。快晴じゃなかったけど、まずますの桜見物日和かな。

 プレミアムシネマ「アンタッチャブル」を録画で見た。数十年前の人気ドラマだった、あのアンタッチャブルだと思い込んで。再生したら、87年のあのケビン・コスナー(とショーン・コネリー)の主演作品だった。めったに映画館に足を運ばない自分が映画館で観た映画。

続きを読む "壁の向こうはアンタッチャブル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月2日 - 2017年4月8日 | トップページ | 2017年4月16日 - 2017年4月22日 »