« 2017年2月26日 - 2017年3月4日 | トップページ | 2017年3月12日 - 2017年3月18日 »

2017/03/11

泳ぎながらもエジプトへオシリスへ

 なぜか米倉涼子主演のドラマを(録画で)観ることが多い。ファンなのか。「ドクターX〜外科医・大門未知子」や「家政婦は見た!」などもいいけど、やはり、「黒革の手帖」の頃の彼女がいい!
 奥さまは魔女は、観てないなー。観たい!

Slider_f_09

→ 「黄金のファラオと大ピラミッド展 – ツタンカーメンと並ぶ3大黄金マスク、ついに富山へ!」 〔会場〕富山県民会館美術館 〔開催期間〕2017年1月13日(金)〜 3月26日(日)

 水曜日の今日も、プール通いしている。ここだけの話だけど、7往復あたりから、えっと今、何往復目だったっけと、ふと、疑心が湧く。泳ぎながら、今、6往復と半分って、繰り返している。人にカウントしてもらうわけにもいかないし、まあ、数え間違えても誰に迷 惑が掛かるわけじゃないと、自分に言い聞かせているよ。
 

続きを読む "泳ぎながらもエジプトへオシリスへ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/09

ナボコフの塊に反骨心の塊

 今日もプールへ。25メートルを10往復半。徐々に20往復まで持っていって、あとは淡々と続けるつもり。夏には20往復が目標です。

25842

← ウラジーミル・ナボコフ作『ナボコフの塊 エッセイ集1921-1975』(秋草俊一郎編訳 作品社)

 ほぼ常に曇天の心なので、暗澹たる心持を切り替える必要性など考えられない。ただただ目の前の乏しい視界を手探りで歩いているだけ。これを飄々と生きると称している。

 昨日の夕方は雪がちらついていたけど、宵闇の黒の世界だったのが、今朝起きたら、真っ白な世界に一変。積雪十センチほどだけど。これで日中、降らなければ(我が家の庭を除いては)ほとんど溶けちゃうだろう。
(ホントに、午後にはあっさり日向は溶け去った。我が家の庭のような日陰、特に屋根からの落雪の塊が消え残るだけ。)

続きを読む "ナボコフの塊に反骨心の塊"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/07

ケージの「4'33"」とフェリーニの「8 1/2」と

 座右には、作家のナボコフと数学者のバロウ。どうも、文学系と理系を並行して読みたいという性癖があるよう。バランス感覚? ただの中途半端な性分? 合間にH系を挟むのは、健全感覚なのか?

Baro

← ジョン・D・バロウ 著『数学を使えばうまくいく―アート、デザインから投資まで数学でわかる100のこと』(松浦俊輔、小野木明恵 訳 青土社) 昨日から読み始めた。

 ジョン・ケージが1952年に作曲した曲4分33秒(4'33")は、ずっとなぜこの時間なのか、不思議だったが、今朝、ある本(『数学を使えばうまくいく』です)を読んで初めて理由が分かった。「「4分33秒=273秒」ということから、「絶対零度(-273℃)=無」」ってことだったんだ。

続きを読む "ケージの「4'33"」とフェリーニの「8 1/2」と"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/06

バスキアを小道具に使うなんて

 NHKが深夜に放送しているドラマ『スリル!』は、何故だか観ているのだが、『スリル!黒の章』第1話を観て、ちょっと驚いた。バスキア風の名画が映っているではないか。模した作品なんだろうが、敢えてこんなアヴァンギャルドな絵を使うとは、飛んでるねー。バスキア、畏怖すべき画家である。

51j5kees0rl__sx384_bo1204203200_

→ ジャン=ミシェル・バスキア 作品 拙稿「バスキアの剥き出しの詩情の傷ましき」などを参照のこと。どう見ても、バスキアの画風と思われる絵が、ドラマの小道具に使われていることに、ややショック。これも時代なのか、それともプロデューサーの好みなのか、あるいは原作に出てくるのか、脚本家の遊び心なのか。

 ナボコフは、サルトルの『嘔吐』や、セリーヌの『夜の果ての旅』を酷評していることは予てより知っていた。今、読んでいるエッセイ集の『ナボコフの塊』でも、同様に。自分が凄いと感じた作品をそれなりに畏敬の念を抱いている作家にけなされると、残念に思う。

続きを読む "バスキアを小道具に使うなんて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/03/05

庭掃除のご褒美は

 今年初めての庭掃除。竹ぼうきでの掃き掃除。やってみれば分かるが、掃き掃除が結構な重労働だってこと。10℃にも届かない陽気なのに、一時間もしないうちに、汗が滲む。ご褒美は、なぜか掃除後に漂う空気の清涼感と、庭木の開花を間近で見る喜び。

Dsc_0495

← 冬の間中、山茶花は次々と開花させては散らせていく。なんだって敢えて冬に咲くのだろう。ところで、この樹木は山茶花? 椿?

 やばい! 今日は出勤日だった。携帯、充電のため、昨夜半からずっと電源を切っていたので、電源をオンにした、昼過ぎというたった今まで、会社からの電話に気づかなかった。休みボケか。

続きを読む "庭掃除のご褒美は"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月26日 - 2017年3月4日 | トップページ | 2017年3月12日 - 2017年3月18日 »