« 文学へ数学へ想像の翼を羽搏かせる | トップページ | オースターのリアル アジェンデのリアル »

2017/08/04

スズメバチ騒動も済んで『マルテの手記』へ

1501846213015869

← スイカの収穫期が分からず、一個、試しに収穫してみた。夕方、断ち割ってみたけど、少々早すぎたみたい。中があまり赤くなっていない。なんとか食べるけどね。

 ブルーシート、屋根の水漏れなど、応急の場合の処置に役に立つ。でも、緑多い地域では、ブルーシートは目立つし、風景から浮いてしまう。ブルーじゃなく、グリーンのシートがおすすめだよ。

 昨日は、スズメバチ騒動で、外仕事ができず、今日こそはとやった。午前はスズメバチが玄関先にウロウロしていた。

 先程もトイレの窓から網戸越しに玄関先をのぞいたら(お昼頃)、ハチの姿は見えなかったけど、カラスの奴が。叩き落とした巣の破片を突っつき、啄んでいる。巣か、巣の中の何かを食べている。蜂の子? 蜜? それとも、巣の壁面自体が食べられるのか? くそ! 今こそスズメバチたちの出動の機会じゃないか! 巣を破壊したのは奴だぞ(なんとか、カラスに濡れ衣を着せたい)!

(SNS仲間に、市や町によっては、スズメバチの駆除をやってくれることもあると聞いて)区役所に駆除を依頼すれば良かったのか。昨日はパニック気味だったのかも。スズメバチたち、いつになったら退散するのか。

 幸い、午後は、ほとんど姿を観なくなった。さすがにもう、守るべき、戻るべき巣がなくなったことに慣れ、あきらめたのかも。

 野菜の収穫は今日はしない。スイカだけ、試しに一個収穫してきた。やはり、早すぎるようだ。

 我が青春の書の一冊、パスカルの「パンセ」が書架に見当たらない。高校時代、世界の名著の中で初めて読んで、彼の宗教的思想的孤高を感じた。学生時代、パンセを座右の書にと、中公文庫版を買った、読んだのは覚えているが、郷里の書架の何処かにいつしか埋もれていった。また、新たに買わないといけんかのー。

217503_xl

← リルケ/著『マルテの手記』(大山定一/訳 新潮文庫) 「青年作家マルテをパリの町の厳しい孤独と貧しさのどん底におき、生と死の不安に苦しむその精神体験を綴る詩人リルケの魂の告白」だとか。

 リルケ著の『マルテの手記』を読み始めた。
 学生時代の終わりごろ、そう、大学を留年し、仲間たちはみんな卒業し、独りぼっちになった頃、そして卒業後も、本書を折々に読んだっけ。
 詩は敷居が高いが散文ならばと挑戦したものだった。理解できたか、感受できたか、自信がない。でも、孤独な散歩者の夢想の友だったのは間違いない。

|

« 文学へ数学へ想像の翼を羽搏かせる | トップページ | オースターのリアル アジェンデのリアル »

ツイッター」カテゴリの記事

写真日記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/65620488

この記事へのトラックバック一覧です: スズメバチ騒動も済んで『マルテの手記』へ:

« 文学へ数学へ想像の翼を羽搏かせる | トップページ | オースターのリアル アジェンデのリアル »