« スズメバチ騒動も済んで『マルテの手記』へ | トップページ | 富山市の浜に遠浅の海を »

2017/08/06

オースターのリアル アジェンデのリアル

 昨日、「スイカの収穫期が分からず、一個、試しに収穫してみた。夕方、断ち割ってみたけど、少々早すぎたみたい。中があまり赤くなっていない。なんとか食べるけどね」と書いた。

521718_xl

← ポール・オースター/著『冬の日誌』(柴田元幸/訳 新潮社) 「。「人生の冬」にさしかかった著者が、若き日の自分への共感と同情、そしていくぶんの羨望をもって綴る「ある身体の物語」。現代米文学を代表する作家による、率直で心に沁みるメモワール」とか。老年期に差し掛かったオースターのメモワールであるがゆえに、「冬の日誌」なのだ。今年初めに、新作「4321」が出たらしい。

 今日(土曜)の午後、真っ二つに断ち割ったスイカの半分を食べた。
 赤く熟した部分が少ない。でも、スプーンでほじるように食べたよ。

 別に意図したわけではないが、イサベル・アジェンデ 著の『精霊たちの家』 ( 木村 榮一訳 池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 2-7)や『パウラ 水泡(みなわ)なすもろき命』(菅啓次郎 訳 国書刊行会)をじっくりゆったり読み続けていたが、一部重なる時期に、ポール・オースター著の『内面からの報告書』や『冬の日誌』を読む形になった。
 二人の世界はまるで違う。オースターは目で見、耳で聞いた世界、つまり、リアルな世界をしか信じない。
 これはユダヤ的な感性なのか。あるいは、その平板な感性は、常識的であって、自分にしても、幽霊など信じていない。

41wb0c9mpvl

← 2017年1月に発売されたポール・オースター7年振りの長編小説『4321』 翻訳はいつ出るのか。『冬の日誌』や『内面からの報告』は、この長編を出すための、過去の整理。一切を清算して、この新作長編に取り掛かろうとする助走だったのか。

 一方、イサベル・アジェンデは、幻想の世界が濃厚である。すでに亡くなった人物との会話は当たり前にあるし、霊媒師の託宣も信じる。誰かの危機を遠く離れた世界にあっても、感受し共振する。
 少なくとも自分のような常識人平凡人には異常な(はずの)世界が、当たり前に日常の中に横行している。
 だが、イサベル・アジェンデにとっては、それは当たり前の世界であり、幻想ではなく、彼女らなりのリアルの世界なのである。

521719_xl

← ポール・オースター/著『内面からの報告書』(柴田元幸/訳  新潮社) 「現代米文学を代表する作家が、記憶をたぐり寄せ率直に綴った報告書。『冬の日誌』と対を成す、精神をめぐる回想録」だとか。

 つまり、オースターのリアルもアジェンデのリアルも、マルケスのリアルも、それぞれ位相がまるで異次元であっても、リアルなのである。文学はそのリアルを読み手として実感させてくれる限り、そのままに受け取るだけなのである。
 文学の世界のリアルの幅の広さを感じさせられた、まさに文学体験だった。

|

« スズメバチ騒動も済んで『マルテの手記』へ | トップページ | 富山市の浜に遠浅の海を »

ツイッター」カテゴリの記事

文学散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/65624555

この記事へのトラックバック一覧です: オースターのリアル アジェンデのリアル:

« スズメバチ騒動も済んで『マルテの手記』へ | トップページ | 富山市の浜に遠浅の海を »